車×3(轟Car3)

車好きの轟カーさんが車に関するコトをブログになんとなく綴ったり綴らなかったりします。

東京オートサロン会場

行ってきました!東京オートサロン2016。

出展447社、カスタムカー880台。3日間で史上最高32万人が来場したらしいです。

実は行くか行かないか迷っていました。

若い頃は翌日仕事でもぜんぜん構わず行ってしまいますが、だんだん体の無理が利かなくなってきます。

日曜日はしっかり寝て休息をとらないと1週間持ちません。

そんなわけで、行けば疲れるのが目に見えている東京オートサロンに行くか行かないか?

どうしようか迷っていました。


気持ちは行きたい!でも体が…。


そこで出した結論。


それが・・・


続きを読む

マクラーレン12C_kyoshoミニカーくじ_01
マクラーレン12Cです。サークルKサンクスでやっている京商ミニカーくじです。

1/64とは思えない精度の高い造りで人気のKYOSHOコンビニミニカーコレクション。

ずいぶん長いことやってますが、今回は、くじ。ミニカーくじです。

今までもくじでしたけどね。今回のは箱に手を突っ込んで引く、完全なくじです。

1回¥800。高ーい。

製作コストからすれば安いかもしれませんが、欲しいものが手に入らないリスクと引き換えですから感覚的には高い。

今回はマクラーレンですから全部当たりと言えば、当たりですが、カーさんが狙っていたのはマクラーレンP1。

これが欲しいために5回もくじを引いてしまえば1/43のミニカー買えてしまいます。

そう何回も出来ません。

因みにA賞は1/18ランボルギーニ ヴェネーノ 1名様。

なぜA賞がランボなのか?不明ですが、当たったのはD賞。

A賞など元から狙っていないのでいいですが、D賞はまぁまぁハズレのほう。

残念でしたが、せっかくですからジックリ見ましょう。

マクラーレン12C_kyoshoミニカーくじ_02
エアダクトのボディー厚など信じられないくらい薄い。

そしてアルミホイールの細かさ!すごいですね。


マクラーレン12C_kyoshoミニカーくじ_03
リアビュー。

ハイデッキなテールエンドが迫力。1/64ですよ、これで。

この角度から見ると、Z32にみえなくもない。



マクラーレン12C_kyoshoミニカーくじ_04
塗料もちゃんとパール入ってます。モノが小さいので粒子が相対的にデカく、ラメっぽく見えます。


マクラーレン12C_kyoshoミニカーくじ_05
サイドビューはマクラーレンF1の血を感じさせる造形。マクラーレンF1からアクをとったプレーンな印象。



マクラーレン12C_kyoshoミニカーくじ_06
ハコにD賞と入っています。

パっと見、1/43のモデル同様のプラケース入っているように見えましたが・・・



マクラーレン12C_kyoshoミニカーくじ_07
開けてみたらいつものポリケース。なんだ、普通じゃん。




マクラーレン12C_kyoshoミニカーくじ_08
こちらもいつもの解説カード。

せめてカラーがマクラーレンのカンパニーカラーのオレンジだったら・・・。

残念。

カッコイイんですけどね。






▼京商ミニカーくじ関連記事





にほんブログ村

フォードGT東京モーターショー2003_01
FORD GTです。東京モーターショーで展示されたショーモデルです。

往年のGT40を復活させたというFORD GTですが、2015年の北米国際自動車ショーではすでに最新のFORD GTが発表されていますね。

もう全く別物のようになっていますが。

この2003年のモデルは、GT40のイメージを色濃く残しています。

フォードGT東京モーターショー2003_02
なんといってもテールエンドがカッコイイ。

ワンテール、センターマフラーデュアル出し。ヤンチャな感じがプンプン臭います。




フォードGT東京モーターショー2003_03
エンジンフードが大きく開口できる。


フォードGT東京モーターショー2003_04
ドアは普通に開くように見えますが、実は天井までえぐられていて、雨のときはシートがびしょ濡れになる仕様。

そういう不便がスーパーカー。

雨の日は乗らない。

それがスーパーカーとも言えます。


そういえば、今日からオートサロンが開幕。

見に行けるか微妙なところ。

東京モーターショーはそれほど見たい車がありませんでしたから行きませんでしたが、今回のオートサロンは自動車メーカー各社も力が入っているようで、見たい車が結構あります。

いけるか?いけないか?

どうなる?カーさん。









にほんブログ村

↑このページのトップヘ