車×3(轟Car3)

車好きの轟カーさんが車に関するコトをブログになんとなく綴ったり綴らなかったりします。

2015年12月

NISMO_GT-R_LM_BCNR33_Le_Mans_001
2004年のオートサロンで展示されていたニスモGT-R LM。
フロントビュー。

NISMO_GT-R_LM_BCNR33_Le_Mans_002
そしてリアビュー。

'95年ル・マン24h出場車です。
22号車、23号車が出場し、写真の22号車は、福山英朗、粕谷俊二、近藤真彦組の車両で、総合10位・クラス5位となったマシン。

いわゆるエース車両ではなく、450馬力のパワーユニット。エース車両の23号車(クラリオンがスポンサー、星野一義、鈴木利男、影山正彦)の650馬力以上からすると見劣りしますが、23号車はミッショントラブルによりリタイヤ、22号車が完走を果たしたというマシン。

レースではアテーサ4WDの機構が重量で不利のため、2WDに変更されているといいます。

撮影当時けっこう無造作に置かれていました。もちろん柵はありましたが、野外に普通に。
会場内ではないところが驚きました。


この車両は2015年にニッサン社内の有志の「名車再生クラブ」の手によりフルレストアされて生まれ変わりました。
エンジン本体は状態がよかったため分解してメンテナンスのみ。
惜しいのはステッカー類やアクリルウィンドウなど新品に交換されているところ。
動態保存という観点では動力系パーツの交換は仕方ないと思いますが、ボディやステッカーなどは当時の戦った傷みを残して欲しかったなぁと。

検疫のため、国内に戻ってくるときに洗浄されてしまうので汚れなどは徹底的にキレイにされますが、ボディの傷や破損しエアロパーツなどは、そのままが歴史的車両の保存という点ではよかったなぁとおもってしまいます。

まぁ、もうキレイになっちゃいましたからね。
いまさらですが。
レストアが完了したニスモGT-RLMはルマン出場当時ドライブしたマッチこと近藤真彦監督がNISMO FESTIVAL 2015でステアリングを握って話題になりました。


この撮影時の2004年当時はレストア前ということで貴重な写真となりました。












にほんブログ村

ドリームトミカ日清カップヌードルコラボミニカー002
日清カップヌードルのドリームトミカ。見るなり欲しくて購入しました。

おバカな造形に卒倒しそう。

ダイレクトなフォルムにまんまじゃねーか!と突っ込みを入れたくなります。


ドリームトミカ日清カップヌードルコラボミニカー003
前後も不明なほどヌードルなボディー。ちなみにこちらは後ろ。


ドリームトミカ日清カップヌードルコラボミニカー001
フタが開くギミック付き。

いろいろ突っ込み要素満載な日清カップヌードルのトミカ。

縦長のトミカってあんまりないのでは?

アンバランスなバランスでちょっとマニア心をくすぐられてしまったのです。

かっこよくはない。

100%おもしろさだけ。

こういうのはトミカ側から日清に持ちかけるのか、日清からコラボを持ちかけるのか?

はてさて。

どっちにしてもおもろい造形に脱帽です。



トミカ ドリームトミカ カップヌードル







にほんブログ村


【パナソニック】【CN-G510D 解除プラグ付き♪♪】 ゴリラ SSDポータブルカーナビゲーション5インチ 16GB CN-G500Dの後継CN-G510D-P}

【送料無料!】【タイヤ交換のお供に♪】 SK11 藤原産業 E-Value [ETR4-200] 40N・m〜200N・mプレセット型トルクレンチ


【期間限定】タイヤラック カバー付 タイヤスタンド タイヤ 収納 タイヤ収納ラック タイヤラックカバー カバー付き 8本 4本 タイヤ収納 物置 ワイドサイズ タイヤカバー 保管 タイヤラック [幅100cmワイドタイプ] 専用カバー付き


【2017年製造】スタッドレス&ホイール4本セット シュナイダースタッグ(stag) 14×4.5 100/4 +43 メタリックグレー ブリザック VRX


オートソック Autosock HP 540/600/645/685/695/697/698 ハイパフォーマンス 簡単装着 【緊急用】 タイヤ滑り止め タイヤの靴下


【送料無料】ガレージジャッキ 低床 フロアジャッキ 3t グリスニップル付き ジャッキ ローダンウンジャッキ


ドライブレコーダー ミラー型 【楽天 カー用品大賞受賞】 SDカード プレゼント簡単取付 1年保証 ルームミラーモニター常時録画 高画質 車載カメラ バックミラードラレコ 4.3インチ 


【送料無料】サンコー ミラー型360度全方位ドライブレコーダー リアカメラ付き  CDVR36RC


【送料無料】CAR MATE DC3000 ブラック d'Action 360 ドライブレコーダー アクションカメラ 360度


【SOY受賞★感謝のポイント2倍&300円クーポン】タイヤチェーン 非金属 ジャッキアップ不要 取り付け簡単 車 雪道 プラスチック アイスバーン

TRICLOPZ_HotWHeeLs_01
TRICLOPZってホットウィールのミニカーです。
なんて読むんでしょうね。「トリックロップ」「トリックロップス」「トリックロップズ」??

どえらいカッコイイから名前とかわかんなくても構いません。

TRICLOPZ_HotWHeeLs_02
定番のフレアパターンをフェンダーからボンネットにかけて奢っています。
スラントしたテールエンドがこの角度からだと非常に効果的!
フロントボリュームが強調されてどえらいカッコイイ。



TRICLOPZ_HotWHeeLs_03
サイドビューも素晴らしい。コイツが後ろから走ってきたらスグ道を譲りますね。


TRICLOPZ_HotWHeeLs_04
テールビュー。意外と未来的なんですよ。
グッと絞り込まれたドア付近がとてもグラマラス。シボレーコルベットのコークボトルを思い出させるフォルムですね。
テールランプが横長1本ってのもキてますね。


TRICLOPZ_HotWHeeLs_05
はい、オープン。なんとエンジンフードが開けられます!
ドデカく、リアタイヤより後方にマウントされたエンジン。
メッキされたV型エンジンが輝きます。
水平対抗エンジン並みに開いた角度のV型エンジンはその角度から、デロデロデロ・・・というアメ車独特のエンジン音が聞こえてきそうです。


TRICLOPZ_HotWHeeLs_06
エンジンフードを開けたサイドビューもステキ。
飛びそうですね。


TRICLOPZ_HotWHeeLs_07
ちなみにエンジンフードはこの状態をキープできません。
写真では、つっかえ棒で固定して撮影しました。チョット残念。


TRICLOPZ_HotWHeeLs_08
テールエンドです。左右6本出しマスラーが強烈。
ということはV型6気筒エンジンということ?ですかね。チラリと見えるエンジン。
最近では見かけないRRマウント。

細かいところですがリアフェンダーに塗装の浮きがありますね。
実車ならリテーク。やり直しレベルです。

ミニカーですからね。仕方なし。

こういうリアがスラントしたボディーが好きみたいで、見ると欲しくなって買ってしまいます。

ホットウィールのテイルドラッガーの系統がお気に入り。

ブログでちょいちょい紹介します。

一時期はホットウィール人気がすごくて欲しいミニカーが手に入らなかったりしましたが、最近は落ち着いたようで、いいんですが、今度はホットウィール自体の取り扱いが少なくなってしましましたね。

ミニカー専門店も減少してマニアなロットが手に入らず。

通販頼みになりますね。

時代の流れってヤツですね。




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【送料無料】【Hot Wheels 100% - TRICLOPZ - Die Cast Metal Collection】 b004j64f20
価格:5058円(税込、送料無料) (2017/10/11時点)




Mattel (マテル) Hot Wheels (ホットウィール) 1/64 スケール ダイキャスト Ed Newtons Lowboyz 3 Car Box Set with the Triclopz and the Rareflow and the Mercohaulic ミニカー ダイキャスト 車 自動車 ミニチュア 模型 (並行輸入)

▲記事のTRICLOPZではないですが色違いのTRICLOPZを含む3台セットがありました。












にほんブログ村

スター・ウォーズ「ダースベイダー」ミニカー1
スター・ウォーズ「ダースベイダー」ミニカー2

話題のスターウォーズ。様々な商品が出ている中、異彩を放っているのがミニカー。

トミカが発売しているスター・ウォーズコラボトミカ。

アホゥな造形で、「よくディズニーがOKしたな!」っていうほどコミカル。

ヨーダのミニカーなんかは、ありえない造形をしています。

そんな中、ダースベイダーのミニカーは割とマトモ。

ホットウィールを髣髴とさせるボディー造形はナカナカ。

リヤタイヤをカバーして見せないってのもスター・ウォーズの初期作品のイメージで良いスタイルを導いています。

キャビンの造形が、後方から見ると、ホットウィールのテイルドラッガーを思い出させ、アメリカンなイメージ。

それでいてグリル周辺でダースベイダーをイメージさせていて、うまくスター・ウォーズのキャラクターとの融合が図られています。

なんだかんだ言っても、カッコイイ。

しかし、スター・ウォーズのPRにともないコラボ商品がスゴイですね。

なんでもスター・ウォーズになっています。

書籍はもちろん、おもちゃ、パン、ジュース、フィギュア、雑貨、果てはティッシュまで。

商品とコラボすることでPRするという単純な版権ビジネスだけに終わらないディズニーの戦略が当たり、興味のない人でもスター・ウォーズを目にすることになっています。

その上、東京新聞でネタバレしたとかで炎上騒ぎも起きて、良くも悪くも話題になっていますね。

北米での最初の週末の興行成績が史上最高になる見通しだそうで、今一番話題の映画ですね。

そんな話題のスター・ウォーズのミニカーの紹介でした。


トミカ スター・ウォーズ SC-01 スター・カーズ ダース・ベイダー





▼その後にはこんなに進化しました!





にほんブログ村

↑このページのトップヘ