車×3(轟Car3)

車好きの轟カーさんが車に関するコトをブログになんとなく綴ったり綴らなかったりします。

2016年04月

majorette Lamborghini Aventador Front view
majorette_Lamborghini_Aventador_01

majorette Lamborghini Aventador Rear view
majorette_Lamborghini_Aventador_02
やっぱり買ってしまった…マジョレットのネオンカー。ランボルギーニ・アヴェンタドール。
ライト周りの出来が悪いのが分かっていたのですが、実際売っているのを見たら、ベリッとマジックテープを剥がしていました。
ネオン(蛍光)カラーと「15」のロゴに心踊ってしまいましたね。

写真以上にインパクトのあるオレンジです。以前記事にしたマスタングのピンク同様、マットっぽい珍しい質感の塗装に惹かれますね。

そんなネオンカラーを纏ったマジョレットのランボルギーニ・アヴェンタドールを詳しく見てみましょう。



続きを読む

MUGEN CIVIC TYPE R Concept Front view
MUGEN_CIVIC_TYPE_R_Concept_01

MUGEN CIVIC TYPE R Concept Rear view
MUGEN_CIVIC_TYPE_R_Concept_02
限定750台が完売したホンダ・シビックタイプR,
過激なホットバージョンを無限が更にチューニング。風洞実験の末たどり着いたエアロパーツを纏う無限シビック・タイプR コンセプト。
意外と展示場所が隅っこのほうで重要なモデルに見えないくらいでしたが、大変重要なモデルでしたね。

そんな展示が目立たなかった無限シビック・タイプRコンセプトをぐるっとみてみましょう。



続きを読む

Hotwheels BATMAN vs SUPERMAN
バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生_03
話題の映画、「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」関連商品のホットウィール。
とにかくパッケージがカッコ良くて、それだけで欲しくなってしまいました。

ですので、今回はパッケージのまま保存が決定です。

いくつか車種ごとにパッケージが出ていましたが、ハマーっぽい「ROCKSTAR」と「MUSCLE TONE」をチョイス。ともに前から欲しいとは思っていましたが、カラーが気に入ったのが無く、見送っていたので、今回丁度いいから購入です。

BATMANがROCKSTAR、SUPERMANがMUSCLE TONEとコラボ。
それでは、パッケージは開けませんが、1台ずつそれぞれ、詳しく見てみましょう。

続きを読む

GAINER TANAX GT-R SuperGT GT300 Front view
GAINER_TANAX_GT-R_GT300_01

GAINER TANAX GT-R SuperGT GT300 Rear view
GAINER_TANAX_GT-R_GT300_02

2015年のスーパーGT、GT300クラスのチャンピオンマシン。GAINER TANAX GT-R。
速いマシンはやはり、カッコイイですね。メタリックグレーのベースカラーにレッドのラインが太く前後を貫くカラ0リング。そしてボディー各部のエッジをレッドでトレースすることで存在感を増しています。

今年2016年はGT300クラスのチャンピオンナッバー「0」を付けることとなったGAINER TANAX GT-R。
開幕戦岡山では8位と振るわなかったが、僚機であるGAINER TANAX AMG GT3が4位に入った。

今年はどんな活躍をしてくれるのか?と期待されるGAINER TANAX GT-Rをぐるっと見てみましょう。続きを読む

Nissan Lawrel(c231) Grand-Champ Front view
Aoshima_Grand-Champ_Nissan_Lawrel(c231)_01

Nissan Lawrel(c231) Grand-Champ Rear view
Aoshima_Grand-Champ_Nissan_Lawrel(c231)_02

アオシマ・グラチャンコレクション、ケンメリの4ドアに続き、C231型ローレルをゲット。
ローレルはシルバー目当てでしたが、当時っぽいブラウン。この頃は黄土色とか茶色とか、今では見られないカラーの車が走っていました。当時の臭いという点ではブラウンでしょうが、シルバーが良かったなと。

この231ローレルの見所はサイドステップ。うまーくリアノオーバーフェンラーと繋がっていてカッコイイ。
この辺のイメージは今でも86とかで見ることがあったりして、馴染みのある形状です。

後のデッパに繋がるフロントのスポイラーもこのくらいならまぁまぁ今でも違和感が無い大きさ。
デッパとなると、どうした?ってくらいの大きさになります。

さてさてそんな231型ローレルを詳しく見てみましょう。

続きを読む

↑このページのトップヘ