車×3(轟Car3)

車好きの轟カーさんが車に関するコトをブログになんとなく綴ったり綴らなかったりします。

2016年05月

ZEONICTOYOTA CHAR'S CUSTOMIZE AURIS Ⅱ Front view

TOYOTA_CHAR_AURIS2_01


ZEONICTOYOTA CHAR'S CUSTOMIZE AURIS Ⅱ Rear view

TOYOTA_CHAR_AURIS2_02

シャア専用オーリスⅡです。
ジオニックトヨタというブランド名で発売されているシャア専用オーリスⅡ。
すでにコンプリートカーもカズタマイズパーツも専用ナビも売り切れで、店頭在庫のみという人気のシャア専用オーリス。
これも痛車という部類に入るのでしょうか?

いまだ、待ちではこのフルバージョンを見たことはありませんが、派手ですね。
トヨヤの店頭で量産型カラーのヤツを見たことがありますが、シャアカラーほどはでではありませんでしたね。

赤だから3倍速い訳ではありませんが、3倍くらいは目立ちそうですね。

そんなシャア専用オーリスⅡをぐるっとみてみましょう。

続きを読む

HotWheels ASTON MARTIN VANTAGE GT3 Front view
HotWheels_ASTON_MARTIN_VANTAGE_GT3_01

HotWheels ASTON MARTIN VANTAGE GT3 Rear view
HotWheels_ASTON_MARTIN_VANTAGE_GT3_02

ホットウィール・ミニカーのアストンマーチン・ヴァンキッシュGT3です。
ホワイト&ブルー系のカラーリングが爽やかなミニカーです。

デカイウィングが突いているだけでカッコイイと思ってしまうのは悪いクセですが、特にリアビューがイイ。

シュッと立ち上がったバンパーアンダーがデカイウィングとの微妙なバランスを保っています。
実車より奥行きがある感じで、好みとしてはホットウィールに軍配。

フロントは、ホットウィールにありがちな、アゴがめくれ上がってしまっていて、残念。
ミニカーとしての走行性能を考えてのことなのでしょうかね。

そんなASTON MARTIN VANTAGE GT3を詳しく見てみましょう。
続きを読む

BMW i8 Front view
BMW_i8_01

BMW i8 Rear view
BMW_i8_02

街中で見かける事も多くなった(?)BMW i8。
やっぱりカッコいいですね。
次世代を感じさせるデザイン。コレくらいのデザインを国産車にもしてほしい。
車が売れないといっていますが、カッコ悪いんだから売れるわけが無い。
総じてデザイン感覚が古すぎる。20世紀で止まってますね。

国内でデザインがいいのはマツダくらいでしょうか。
それでも遅い感じです。

保守的なデザインからは何も生まれない。

時代的には、「え、これクルマなの?」ってくらいのモノが出てこなくてはならないタイミング。

いかにも未来って車が多く街を走るようになれば、古い車ではカッコ悪いから買い換えよう。
となるのです。日本人は人目を気にしますから。

そのためには旧態然としたデザインは捨てるべき。

おっと熱くなってBMW i8のことを忘れていました。では、ぐるっと見てみましょう。
続きを読む

majorette Porsche 911GT3 RS Front view

majorette_Porsche911GT3RS_01

majorette Porsche 911GT3 RS Rear view

majorette_Porsche911GT3RS_02

もうマジョレットはいいかな~と思っておりましたが、買っちゃいました。
あの魅力的な半艶のカラーリングにまた、マジックテープをバリっと剥がしていました。

ブルーのボディーカラーにアンバーで「GT3RS」のロゴ。そしてホイールのリム。
きれいな色合いです。

実際に手にとって見ると写真よりはるかにキレイなので実物を是非ご覧戴きたい。

そして、今回のマジョレット、実はドア壊れてしまいました。
ショック!

そんなボディーカラーにやられ、ドアが壊れてしまった、マジョレットミニカーポルシェ911GT3RSを詳しく見てみましょう。



続きを読む

KRC RX-7 絶影(ZETSUEI) CFI-02R  Front view

KRC_RX-7_02R(絶影)_01

KRC RX-7 絶影(ZETSUEI) CFI-02R Rear view

KRC_RX-7_02R(絶影)_02

ホットウィールにありそうなRX-7。
会場で見たときはものすごいインパクトありました。

フロントフェンダー後端が抉れて剥き出しになった部分に整流版をぶち込み、リアはご覧のとおりバンパーごとオミットされています。

フロントから見たリアの立ち上がりはカッコイイ。
バンパーレスでシャシー剥き出しはちょっとやり過ぎ感がありますが、全体のシルエットはいい感じです。

バンパーレスは峠ではよく見かける光景でカベにヒットして落っことしてきたり、ハナっからつけてこなかったり。
車にタイラップとガムテープは必ず携帯していましたね。
もちろんぶっつけたときの補修用です。カーサンは幸い脱落することはありませんでしたが、友達は最初からバンパーをタイラップで留めてましたね。多少遊びが出るので、ちょっとひっかけたくらいなら、ダメージにならなくて済むのです。
話が脱線しましたが、バンパーレスが潔し、KRC RX-7 絶影(ZETSUEI) CFI-02Rをぐるっとみてみましょう。

続きを読む

↑このページのトップヘ