車×3(轟Car3)

車好きの轟カーさんが車に関するコトをブログになんとなく綴ったり綴らなかったりします。

2019年02月

今年のKUHLRACING-JAPANは新作エアロにカスタムペインターROHAN井澤氏の技が光る日産R35 GT-R

KUHL_JAPAN_PROJECT2019_R35GT-R_01
KUHLRACING-JAPANのKUHL JAPAN PROJECT 2019 R35GT-Rです。
毎年、新しいビジュアルを提供してくれるKUHLRACING-JAPANですが、今年は…アレ?去年と同じラインシェイカー?
R35GT-Rに巧みなマスキングテープによるラインをボディ全体に這わせたラインシェイカーというテクニックは去年の東京オートサロンで見ておりまして、当ブログ記事でも「クールレーシング驚きの塗装技術のGT-R 【 KUHLJAPAN PROJECT2018 NISSAN R35GT-R "THE LINE SHAKER"」でご紹介済み。
まさか去年と同じということはナイ…

続きを読む

ホットウィールのワイルド・スピード・プレミアムシリーズの日産スカイラインGT-R(BNR34)

ホットウィール・ニッサン・スカイラインGT-R_BNR34_01
先日発売されたホットウィールのワイルド・スピード・プレミアムシリーズの日産スカイラインGT-R(BNR34)です。
ワイルドスピードのR34GT-Rといえば、このカラーが思い浮かぶくらい見慣れたカラーですね。

ホットウィール以外のミニカーでもこのカラーリングのR34GT-Rが発売されているので、新鮮味が薄くなってます。

続きを読む

EJ20エンジン・デビュー30周年記念

WRX_STI_Rally_CONCEPT_04
EJ20エンジン・デビュー30周年記念で東京オートサロン2019に出展されたSUBARU WRX STI Rally CONCEPTです。
スバルといえば、このカラーリングといっていいWRブルーのボディにゴールドホイールのワークスカラーです。
WRCに参戦しなくなって久しいスバルですが、このWRブルーにゴールドホイールのカラーリングはスバルのWRCカムバックを期待せざるを得ないカラーですね。

続きを読む

ホットウィールのワイルドスピードで買い逃したニッサン・スカイラインGT-R(BNR32)

ホットウィール_ワイルドスピードBNR32とマッハ_01
土曜日に買い逃したワイルドスピードのニッサン・スカイラインGT-R(BNR32)。
日曜日に違うトイザらスにいったらありましたよ!

場所によるんですね~。
よかった。

ホットウィールのベーシックカーではなかなか手に入れることは出来ないでしょうから、こういう時にゲットしておきたい品ですね。

今回のホットウィール・ワイルド・スピード・プレミアムシリーズの中では地味目なカラーリングですが、ワイルドスピード スカイミッションにチョロっと登場した劇中車のカラーリングです。

そのお陰でベーシックカーっぽくもあるので、それはそれでイイ感じです。


R32は、仲間が乗っていた車でもあるので見慣れた車でもあります、HCR32のスカイラインGTS-t typeMが1人、BNR32のスカイラインGT-Rが1人。

ともに直6エンジンということで繋がるような排気音が印象的でしたね。
ターボ車なのでアイドリングの低音で、遊びに来ると家が重低音で揺れるというオマケ付き。

近所の人は暴走族の家だと思っていたでしょうね。

懐かしい車です。


ホットウィール'67シェルビーGT-500はヤマダ電機でゲット!

もう1台は、今月発売のベーシックカーの'67シェルビーGT-500。
こちらはヤマダ電機でゲットしたもの。

ヤマダ電機はたまに行くと発売日とか関係なくブラ下がっていたりするのでチェックは欠かせません。
この'67シェルビーGT-500の他にカスタム'53シェビーもブラ下がっていましたが、こちらは「」でご紹介したとおり、すでに入手済み。

今回は、'67シェルビーGT-500のみ購入です。

ボンネットの大きなエアダクトからカスタムされたシェルビーGT-500なのが分かります。
フロントグリル中央にあったハイビームライトがバンパー内に移動されていることから、かのニコラスケイジ主演の映画「60セカンズ」の劇中車のエレノアがモチーフと思われます。

ブルーベースのボディにイエローのフレアパターンというのもカッコイイ。


ともに買い逃したホットウィールが買えたのでヨカッタ。
いい休日でしたね。







<PR>






▼関連記事はコチラ













にほんブログ村



トーヨータイヤブースに展示されたマクラーレンMP4-12Cはパイクスピーク・ヒルクライム参戦車両

McLaren_MP4_12C_マクラーレン・ヒルクライム_01
東京オートサロン2019のトーヨータイヤブースに展示されたマクラーレンMP4-12C.。
GT3規格で開発されたといいます。
これがただのマクラーレンMP4-12Cではないのです。

アメリカのコロラド州パイクスピークで開かれるパイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライムに参戦するために開発されたマクラーレンMP4-12Cなのです。


続きを読む

↑このページのトップヘ