ホットウィール フェアレディ2000 FIFTEEN52

ホットウィール・フェアレディ2000_01
ホットウィールのフェアレディ2000です。
ダットサン・フェアレディの2代目、SR型。
ご覧のとおり、フェンダーが大きく張り出し、ワイドフェンダーになっています。
ホットウィールらしく低い車高で大きなホイールでカスタム感アップ。
ブラックボディとレッドのFIFTEEN52のロゴプリントで、かなりのカッコ良さ。
ホイールもメタルカラーのレッドでキマってます。

ダットサン・フェアレディ2000のホットウィール

ホットウィール・フェアレディ2000_02
ホットウィール・フェアレディ2000_03
ホットウィール・フェアレディ2000_04
ホットウィール・フェアレディ2000_05
この低い車高。ホットウィールは低い車高が特徴でもありますが、SRのフェアレディをここまでベタベタにシャコタンにするとグっときますね。
しかもワイドフェンダーで大きく張り出したタイヤがさらにカッコ良さをアップ。

よかったのはホットウィールお馴染みのチョップドルーフではなく、きちんと高さを保っていたこと。
SRのフェアレディらしさが損なわれていなかったのは幸いでした。

ホットウィールのフェアレディ2000のカラーリングはホイールメーカーのFIFTEEN52

ホットウィール・フェアレディ2000_06
ホットウィール・フェアレディ2000_07
ブラックのボディカラーにレッドで「FIFTEEN52」のロゴ。
lこれはカッコイイ。
FIFTEEN52はアメリカのホイールメーカーで、レタリングとしてもカッコイイですね。
インテリアもレッドで、レッドのレザーシートのイメージです。

トップビューだとワイドフェンダーの張り出し量が分かりますね。
ノーマルでは絶対にありえない張り出し量です。


ホットウィールらしくベタベタの低い車高に大きなホイールのダットサン・フェアレディ2000

ホットウィール・フェアレディ2000_08
ホットウィール・フェアレディ2000_09
低い車高がホットウィールらしいのですが、ルーフはチョップされておらず、いいバランスです。
ただ、欲を言えばルーフの前側が下がっているので水平にして欲しいですね。
どうやらホットウィール化されたのは、ソフトトップではなくハードトップのようです。
そして左サイドにはサイド出しのデュアルマフラーが見えます。

ヘッドライトもテールランプも塗りはないですが意外と気にならないフェアレディ2000

ホットウィール・フェアレディ2000_10
ホットウィール・フェアレディ2000_11
サイドとボンネット、ルーフとデッキに印刷があるので、ヘッドライトもテールランプも塗りは無しのホットウィール・フェアレディ2000。
でもブラックボディのせいでヘッドライトもテールランプも塗りはなくとも気にならない感じ。
カラーリングの勝利ですね。

2018年最後のホットウィール発売日に狙い目のフェアrディ2000がゲットできてよかったです。
しかもカッコイイ。大変満足です。ハイ。









▼関連記事はコチラ















にほんブログ村