NISSAN GT-R50 by ITALDESIGNのフロント部分を詳しく

NISSAN_GT-R50_byイタルデザイン前_01
日産GT-Rとイタルデザインの50周年を記念したアニバーサリーモデルのNISSAN GT-R50 by ITALDESIGN。
例によってたくさん撮影してきましたので、画像で詳しくご紹介します。

まずは、フロント周り。
NISSAN GT-R50 by ITALDESIGNを印象付けるクチバシのようなゴールド部分が目立ちます。
ノーマルのGT-Rとはまったく違う顔になっていますね。

NISSAN GT-R50 by ITALDESIGN FRONT

NISSAN_GT-R50_byイタルデザイン前_02
曲面の多いサイドビューとは別にエッジの効いたシャープな造形のゴールド部分。

NISSAN_GT-R50_byイタルデザイン前_03
別の車がボディという皮を被っているようにも見える…そういうデザインらしいです。


NISSAN_GT-R50_byイタルデザイン前_04
逆スラントノーズとなっているのが分かります。

NISSAN_GT-R50_byイタルデザイン前_05
ボンエット上にNACAダクト。こちらはノーマルGT-Rと同じ位置に。
エンジンはノーマルがレッドのところがゴールドとなり、馬力もニスモ600馬力から720馬力にアップ。
GT3用タービンと交換されているというからオドロキです。
ちなみにベースエンジンの匠のプレートは「イズミ シオヤ」と入っています。




NISSAN GT-R50 by ITALDESIGN HEADLIGHT

NISSAN_GT-R50_byイタルデザイン前_07
NISSAN_GT-R50_byイタルデザイン前_09
NISSAN_GT-R50_byイタルデザイン前_08

ヘッドライトも全く違うユニットで、イメージ的には2001年東京モーターショーで展示されたGT-R コンセプトに近いデザイン。
 
ヘッドライトユニットから下に開口部があり、パッと見、思い出したのがGT-Rコンセプトでした。
NISSAN GT-R50 by ITALDESIGNではフロントノーズ側に回り込んでいます。

フロントスプリッターとバンパーの繋ぎのラインに点灯しないクリアレンズが…スモールを点灯しても光らないので単なる飾りかと。


NISSAN GT-R50 by ITALDESIGN FRONT AERO

NISSAN_GT-R50_byイタルデザイン前_10
床が反射してNISSAN GT-R50 by ITALDESIGNのフロントスプリッター裏がみえました。


NISSAN_GT-R50_byイタルデザイン前_06
フロントフェンダーサイドまでボンネット。切れ目が見えるところから取り外せます。


NISSAN_GT-R50_byイタルデザイン前_11
フロントフェンダーエンドに大きなルーバーが。ここのゴールドもアクセントとなっています。

NISSAN GT-R50 by ITALDESIGN SIDE MIRROR

NISSAN_GT-R50_byイタルデザイン前_13
NISSAN_GT-R50_byイタルデザイン前_14
NISSAN_GT-R50_byイタルデザイン前_15
空力を考えたデザインのサイドミラー。
東京オートサロンで見たヤリスWRCもこういうデザインでしたね。




NISSAN GT-R50 by ITALDESIGN FRONT TIRE

NISSAN_GT-R50_byイタルデザイン前_12
255/35R21のタイアはミシュラン製パイロットスーパースポーツ。
ブレーキは当然のようにブレンボ製、フロント6ピストンです。
高性能マシンには必ずといっていいほどブレンボが採用されていますね。


ハリボテではない、サーキット走行可能なレベルに仕上げられたプロトタイプNISSAN GT-R50 by ITALDESIGN

NISSAN_GT-R50_byイタルデザイン前_16
今回のワンオフ・プロトタイプのNISSAN GT-R50 by ITALDESIGNがハリボテではなく、サーキット走行可能な証がボンネットに。

ビカビカヌメヌメの輝きを放つボディのボンネットに石跳ねによる塗装のハゲがありました。
実際に走行したときのキズと思われます。


さて、この特別なGT-R、NISSAN GT-R50 by ITALDESIGNのまずはフロント部分をご覧頂きました。
リアほどではなくとも、ノーマルGT-Rとは、全く違う顔になっていますね。
次はコックピットあたりですかね。




<PR>






▼関連記事はコチラ














にほんブログ村