NISSAN GT-R50 by イタルデザイン

NISSAN_GT-R50_byイタルデザインコックピット_01
ニッサンGT-R50 by ITALDESIGNのご紹介も4回目。
今回はサイドビューからコックピット、ルーフあたりまでをご紹介します。

サイドから見ると、ニッサンGT-R50 by ITALDESIGNが特別なモデルであってもR35 GT-Rを色濃く感じます。
シルエットこそR35 GT-Rですが、実はルーフは少しチョップされています。
てっきりルーフはノーマルと思っていましたが…けっこう切った貼ったが行われているようです。


切った貼ったの部分にはパイプフレームが通され補強、型に合わせてシートメタルを職人がハンマーで形状を叩き出す、手作業による造形。

まさに職人技。
クラフトマンシップとは、このことだと感じます。

ドアオープンしたニッサンGT-R50 by イタルデザイン

NISSAN_GT-R50_byイタルデザインコックピット_02
NISSAN_GT-R50_byイタルデザインコックピット_03
ドアはR35 GT-R NISMO同様、普通に開きます。ガルウィングとかではありません。

ニッサンGT-R50 by イタルデザイン コックピット

NISSAN_GT-R50_byイタルデザインコックピット_04
ドアの構造などからも実用モデルといえる完成度の高さ。ワンオフプロトタイプとは思えない精度です。

NISSAN_GT-R50_byイタルデザインコックピット_05
展示車両のプロトタイプは左ハンドル。もちろん右ハンドルのオーダーも受け付けるとの事。


NISSAN_GT-R50_byイタルデザインコックピット_06
6段デュアルクラッチ式オートマチック。パドルシフトも見えますね。コンソール上の3つのトグルスイッチは、モードセレクター。
ダンパーセッティングなどが変更できるようです。


NISSAN_GT-R50_byイタルデザインコックピット_07
コックピット内にもゴールドのカラーアクセントが入っています。
コックピット内もカーボンが使われているといいます。

NISSAN_GT-R50_byイタルデザインコックピット_13
ドア内側はこんな感じです。


NISSAN_GT-R50_byイタルデザインコックピット_09
バケットシートも本格的。リクライニング機構はついているようです。

ニッサンGT-R50 by イタルデザイン ルーフ

NISSAN_GT-R50_byイタルデザインコックピット_08
54mm低くなったルーフ。ルーフはピラー上部で切断され、作りなおされています。

NISSAN_GT-R50_byイタルデザインコックピット_10
ルーフ後端のフィン状のパーツはハイマウントストップで、赤く光ります。

NISSAN_GT-R50_byイタルデザインコックピット_11
リアウィンドウはハッチに置き換えられ、その下にはトランクルームが配置されています、
Cピラーとボディとのつなぎ部分にエッジの効いた返しが付いているのもポイント。



NISSAN_GT-R50_byイタルデザインコックピット_12
返しの部分の手前はインテークになっていて、後方へとエアーを流していきます。
NSXのフローティングCピラーのイメージでしょうか。

取り込んだエアーを後方へ流す構造のニッサンGT-R50 by イタルデザイン

NISSAN_GT-R50_byイタルデザインコックピット_14
Cピラーから導入されたエアーは後方のルーバーから排出されます。
フローティングしたテールランプの上にあるルーバーが繋がっているのだと思われます。

サイド回りはノーマルとそんなに違いがないように見えますが、細かくアレンジされていて、実は違っているようです。フェンダーなんかも単体では分かりづらいですがノーマルより張り出していますし、Cピラーがダクトになっているとか油断していると見落としてしまいそうな違いがあります。

次は大きく変更されたニッサンGT-R50 by ITALDESIGNのリア周りをご紹介するつもりです。




<PR>






▼関連記事はコチラ














にほんブログ村