PUMA Mercedes SLS AMG GT3

PUMAメルセデスSLS_AMG_GT3_01
PUMAのメルセデスSLS AMG GT3です。
東京オートサロン2018のロビーで展示されていた車両。
プーマが出展しているブースに展示されていました。

本会場ではないの?と思いますが、実は人通りの多いココのほうが集客があるとのこと。
さすが群雄割拠のスポーツアパレルブランドのプーマ。
路面店でのノウハウが生かされています。


ところで、なんでプーマが東京オートサロンに?と不思議に思いましたが、プーマはモータースポーツ用品も販売していて、トップブランドとのこと。

スーパーGTやF1ではフェラーリ、メルセデス、レッドブルといった強豪チームのドライバーにもレーシングスーツやシューズを提供しているといいます。
レーシングスーツはAVANTIシリーズが有名で、一般にも販売されていて購入することが出来ます。

そんな販売戦略から東京オートサロンにもブースが出展されています。

で、プーマイチオシの迷彩柄でカモフラージュされたPUMAのメルセデスSLS AMG GT3がコチラ。

PUMA メルセデスSLS AMG GT3

PUMAメルセデスSLS_AMG_GT3_02
PUMAメルセデスSLS_AMG_GT3_03
ボディ全体に都市型迷彩が施されたPUMAのメルセデスSLS AMG GT3。
実際にこのカラーで走るチームはありませんが、インパクトありますね。
ラッピングですから、ホワイトボディにスグ戻せますから一時的にレンタルされたものかもしれませんね。


PUMA メルセデスSLS AMG GT3の都市型迷彩

PUMAメルセデスSLS_AMG_GT3_04
PUMAメルセデスSLS_AMG_GT3_05
PUMAメルセデスSLS_AMG_GT3_06
PUMAメルセデスSLS_AMG_GT3_07
都市型迷彩は普通の迷彩と違い都市に溶け込むようカモフラージュされたカラーですからグレースケールで構成されたカラーリング。
PUMAのロゴが目立たないのですが、カモフラージュという点では正解。

サーキットでもアスファルトはグレーですから迷彩で溶け込む?なんて。

仕上げもカモフラージュということでマット仕上げで光沢はありません。
とてもイイ質感です。

写真は撮っていませんでしたが、となりにプーマのシューズも展示。
同じグレーの都市型迷彩のオネーサンスタッフが接客していました。

目立つところでしたから、ご覧になった方も多いはず。

恐らく2019年も出展されるでしょうから、ぜひ近くでご覧ください。




▼楽天でもプーマのレーシングスーツが販売されています。


<PR>






▼関連記事はコチラ













にほんブログ村