スバルVIZIVパフォーマンス・コンセプト

SUBARU_VIZIV_PERFORMANCE_CONCEPT_01
スバルVIZIVパフォーマンス・コンセプトです。
東京モーターショー2017にスバルブースでワールドプレミアだったコンセプトカーです。
ヴィジブ?と読むのでしょうかね。

スバルのハイパフォーマンスカーの水平対向エンジンとシンメトリカルAWDのコンセプトカーということでスバルWRXの後継車のコンセプトカーという位置づけのようです。



他社がEVを提案する中、スバルはEVではなく、ガソリンもしくはディーゼルエンジン、またはハイブリッド?のコンセプトカーで、スバルらしいといえばスバルらしい。
ただ時流からいえば、大丈夫?と心配になったり…。

この東京モーターショーの後、スバルはフォレスターベースのSUVのEVを開発中と発表。
2021年の発売を目指しているとアナウンスされましたね。
他社のEV戦略に慌てましたかね?

ボンネットにエアインテークを装備するのでターボ前提の水平対抗エンジンとなりますね。
後方にはレクサスばりの左右振り分けの4本出しマフラーを装備。

フロントマスクはスバルらしいエッジの効いたデザイン。
AWDの4輪を収めるフェンダーにはグリル同様6角形をモチーフとしたクラッディングと呼ばれるオーバーフェンダーのようなパーツが取り付けられ、そこに空力デバイスを組み込んでいます。

テールエンドで目の行くテールランプはどこかで見たような…市販車のデザインと似ていて、ここは未来をイメージするコンセプトカーらしくない部分。

市販直前なら分からなくもないですが…市販車で発売されているモノと似ているのでは…残念なところです。

それでは、例によって、スバルVIZIVパフォーマンス・コンセプトを360度、8方向から撮影してありますのでご覧ください。

スバルVIZIVパフォーマンス・コンセプトを360度8方向から

SUBARU_VIZIV_PERFORMANCE_CONCEPT_09
SUBARU_VIZIV_PERFORMANCE_CONCEPT_02
SUBARU_VIZIV_PERFORMANCE_CONCEPT_03
SUBARU_VIZIV_PERFORMANCE_CONCEPT_04
SUBARU_VIZIV_PERFORMANCE_CONCEPT_05
SUBARU_VIZIV_PERFORMANCE_CONCEPT_06
SUBARU_VIZIV_PERFORMANCE_CONCEPT_07
SUBARU_VIZIV_PERFORMANCE_CONCEPT_08

スバルWEXの後継としてはかなりスポーティーになっていますね。


演出がハデだったスバルVIZIVパフォーマンス・コンセプト

SUBARU_VIZIV_PERFORMANCE_CONCEPT_10
SUBARU_VIZIV_PERFORMANCE_CONCEPT_13
東京モーターショーで一番演出がハデだったスバルVIZIVパフォーマンス・コンセプト。

ハイドロで上がったり下がったり、廻ったり、傾いたり。
見ていて楽しい演出でした。


▼こんな感じで油圧が仕込まれていました。
SUBARU_VIZIV_PERFORMANCE_CONCEPT_11


残念だったのは、この東京モーターショー2017の後の東京オートサロン2018で展示された、スバル/STIのコンセプトカーVIZIV パフォーマンス STI コンセプトを見忘れていたこと。

どうして見忘れてしまったのか…大失敗でした。

今年は目ぼしい車両は見落とさないように、且つ無理しないで東京オートサロン2019も見に行こうと思っています。




<PR>






▼関連記事はコチラ













にほんブログ村