次期新型スープラ・スーパーGTコンセプト【GR Supra SUPER GT CONCEPT】

東京オートサロンGR_スープラSUPER_GTコンセプト_01
東京オートサロン2019で展示された次期新型スープラ・スーパーGT コンセプトです。
東京オートサロン2019の目玉といっていいトヨタGAZOO Racingの次期新型スープラ。
そのスーパーGT参戦車両としてのコンセプトカーが、こちらのスープラ・スーパーGT コンセプトなのです。

もともと次期新型スープラはニュルブルクリンク24時間耐久レースで勝つために復活が決まったというくらいレースと密接な関係をもっていますから、スーパーGTにも参戦しないわけがありません。

この次期新型スープラ・スーパーGT コンセプトも2020年のスーパーGTに参戦すると、この東京オートサロン2019でアナウンスされましたので、来年のスーパーGTにはLC500にスイッチして、次期新型スープラでの参戦となります。

トヨタGAZOO Racing ブースに2台の次期新型スープラが!

東京オートサロンGR_スープラSUPER_GTコンセプト_14
キャンギャルのオネーサンがいないのに、ものすごい人垣!
最前列になるまで順番待ちです。
待っている間は隙間からチラ見です。

1台は、GRスープラ・スーパーGTコンセプトで、もう1台がカモフラージュされた市販型スープラのプロトタイプ。
この市販型の次期新型スープラは今日2019年1月14日のデトロイトモーターショーで初披露されます!

トヨタは、そのデトロイトモーターショーでのプレスカンファレンスをライブ配信するそうで、トヨタGAZOO RacingのHPではカウントダウンが始まっています。

プロトタイプとそう大きくは変わらないでしょうが、せっかくライブ配信してくれるのですから、見ない手はないですよね。

さて、市販型のスープラは、今夜のお楽しみとしまして、今回のご紹介はGRスープラ・スーパーGTコンセプトです。

GRスープラ・スーパーGTコンセプト

東京オートサロンGR_スープラSUPER_GTコンセプト_02
東京オートサロンGR_スープラSUPER_GTコンセプト_03
東京オートサロンGR_スープラSUPER_GTコンセプト_05
東京オートサロンGR_スープラSUPER_GTコンセプト_09
90型となる、次期新型スープラ。
80型のスープラはかなり大きく、そのイメージからは90型は小さく見えます。
80スープラより扱いやすそうです。

ただかなりロングノーズなので街中では気を遣いそうです。
そのスープラに大型のリアウィング、張り出した前後フェンダー、フロントスプリッターなどなど空力デバイズが追加され迫力を増したGRスープラ・スーパーGTコンセプト。
空力といえばダブルバブルルーフが目立ちますね。

スワンネックのリアウィングを付けたGRスープラ・スーパーGTコンセプト

東京オートサロンGR_スープラSUPER_GTコンセプト_04
東京オートサロンGR_スープラSUPER_GTコンセプト_07
東京オートサロンGR_スープラSUPER_GTコンセプト_08
スーパーGTらしいスワンネックのリアヲングを搭載したGRスープラ・スーパーGTコンセプト。
マウントもかなり後方で、リアデッキには水平のスポイラーも付いています。
まんまスーパーGT参戦車両ですね。


GRスープラ・スーパーGTコンセプトの細部

東京オートサロンGR_スープラSUPER_GTコンセプト_10
LEDがズラッと並んだGRスープラ・スーパーGTコンセプトのヘッドライト。
フロントノーズにF1イメージのFT-1の名残が…。

東京オートサロンGR_スープラSUPER_GTコンセプト_11
フロントフェンダーもかなりの張り出し。


東京オートサロンGR_スープラSUPER_GTコンセプト_12
リアのフェンダーはタイヤハウスのスキマが均一ではないのが気になるところ。

東京オートサロンGR_スープラSUPER_GTコンセプト_13
右側の結構高い位置にあってドアに埋め込まれたマフラー。
LC500でも同じ高さですが、ドアの開閉位置より下でした。
GRスープラ・スーパーGTコンセプトではドアに埋め込まれています。
実践ではドアの開閉位置が高くなるでしょうが、現状ではドアに直付けです。


いよいよ発表となる次期新型スープラのレーシングバージョンが見られたのはヨカッタ。
今夜の市販型のスープラの発表も楽しみですね。



<PR>


▼関連記事はコチラ















にほんブログ村