ホットウィール’60s フィアット500D MODIFICADO

ホットウィール’60sフィアット500D_MODIFICADO_01
ガルフカラーの’60s フィアット500D MODIFICADO。
ホットウィールのカーカルチャー ガルフレーシングのミニカーです。

ガルフレーシングの中でも出色の’60s フィアット500D MODIFICADO。
もう見た目からカッコイイ。

リアのエンジンフードがパカっと開いた姿はまるでルパン三世の世界です。
ですのでトップ画像は片輪走行をキメるシーンにしてみました。

ホットウィールのAir-cooledのときに新金型でラインナップされていましたが、その時は買い逃した '60s フィアット500D Modificado。

ガルフカラーで更にかっこよさを増したバージョンが手に入って嬉しいです。
Modificadoとはグーグル先生によればスペイン語で修正となっていますが英語ではModified。
モディファイですからまぁカスタムカーということなのでしょう。

実際見た目はエンジンフードが開いた状態で前後にワイドフェンダーが装着されていますのでひと目でカスタム・フィアットとわかります。

そこへもってきてのガルフカラーですから、カッコよさは倍増です。

ではでは、ガルフカラーがカッコイイ、ホットウィールの’60s フィアット500D MODIFICADOを見ていきましょう。


ホットウィール・ガルフレーシング '60s フィアット500D Modificado

ホットウィール’60sフィアット500D_MODIFICADO_02
ホットウィール’60sフィアット500D_MODIFICADO_03
ホットウィール’60sフィアット500D_MODIFICADO_04
ホットウィール’60sフィアット500D_MODIFICADO_05
どこから見てもカッコイイ、ホットウィールの '60s フィアット500D Modificado。
定番ガルフカラーがフィアット500に似合っていますね。


ホットウィール '60s フィアット500D Modificadoのレーシングストライプ

ホットウィール’60sフィアット500D_MODIFICADO_06
ホットウィール’60sフィアット500D_MODIFICADO_07
ホットウィール’60sフィアット500D_MODIFICADO_08
ホットウィール’60sフィアット500D_MODIFICADO_09
往年のレーシングカーには定番となるフロントからリアエンドまで貫かれるレーシングストライプ。
ホットウィール・ガルフレーシングではオレンジのストライプがボンネットからルーフまでとサイドにレーシングストライプがあしらわれています。

ただのレーシングストライプではなく最後がライングラデーションとなるデザインとなっているのがオシャレです。


;リアルライダースのホットウィールガルフレーシング、'60s フィアット500D Modificado

ホットウィール’60sフィアット500D_MODIFICADO_10
ホットウィール’60sフィアット500D_MODIFICADO_11
ホットウィール’60sフィアット500D_MODIFICADO_12
ホットウィール’60sフィアット500D_MODIFICADO_13
ホットウィール・ガルフレーシングはリアルライダースなのでタイヤはゴム製で、ヘッドライトの印刷やテールランプの塗りも行われるリッチな仕様。

エンジンもシャシーと同じメッキ塗装でリアルです。


'60s フィアット500D Modificadoで片輪走行は難しい?

ホットウィール’60sフィアット500D_MODIFICADO_14
ホットウィール’60sフィアット500D_MODIFICADO_15
ルパン三世のイメージが強いエンジンフードが開いたフィアット500。
シャシー裏からの画像で分かるとおり、かなりのトレッド幅なのでワイドフェンダーの '60s フィアット500D Modificadoでは片輪走行は難しいかも…と思ったり。

でも世界にはとんでもないエンジンを積んだフィアット500が紹介されていますから、もしかしたら、片輪走行できちゃうほどのハイパワーフィアット500もあるかもしれませんね。


▼楽天で買えますね。



<PR>




▼関連記事はコチラ













にほんブログ村