ホットウィールのワイルド・スピード・プレミアムシリーズの日産スカイラインGT-R(BNR34)

ホットウィール・ニッサン・スカイラインGT-R_BNR34_01
先日発売されたホットウィールのワイルド・スピード・プレミアムシリーズの日産スカイラインGT-R(BNR34)です。
ワイルドスピードのR34GT-Rといえば、このカラーが思い浮かぶくらい見慣れたカラーですね。

ホットウィール以外のミニカーでもこのカラーリングのR34GT-Rが発売されているので、新鮮味が薄くなってます。

ですが、カーサンはホットウィールの日産スカイラインGT-R(BNR34)はベーシックカーはもちろん、過去記事の「ホットウィールのグランツーリスモ発売されとるやん!慌ててトイザらスへ!結果は?」でも書いていますが、見事に買い逃しております。


ですので、今回が初めましてのホットウィール、日産スカイラインGT-R(BNR34)。
見慣れてはいますが、ゲットできたのはうれしいです。

今回、一番のいいところは、ホイールがTE37っぽいデザインなところ。
軽量高剛性なレイズ製TE37は長年走り屋に愛されてきたホイール。
さまざまなバージョンが発売されて、現在まで現役なのはすごいですね。

そのデザインが採用されいるのはいいですね。

出来のほうはなかなかいい感じです。
R34GT-Rは意外とソレと分かるように作るのは難しいのですが、良くできていますね。
とくにヘッドライト周りは難しく、ヘッドライトを印刷で表現しなくてはならないのはハードルが高いです。

このホットウィールのワイルド・スピード・プレミアムシリーズの日産スカイラインGT-R(BNR34)は、うまく表現されていていい感じ。

難といえば、カラーリングがワイルドスピードの劇中車と同じというだけで、エアロなどの再現のない純正というところ。

この辺は1つの金型を使いまわすミニカーの宿命ですから仕方なし。
それよりは出来の良さを喜ぶとしましょう。


ホットウィールのワイルド・スピード・プレミアムシリーズ、日産スカイラインGT-R(BNR34)の全体

ホットウィール・ニッサン・スカイラインGT-R_BNR34_02
ホットウィール・ニッサン・スカイラインGT-R_BNR34_03
ホットウィール・ニッサン・スカイラインGT-R_BNR34_04
ホットウィール・ニッサン・スカイラインGT-R_BNR34_05
印刷のズレもほぼなく、手間のかかったホットウィールのワイルド・スピード・プレミアムシリーズの日産スカイラインGT-R(BNR34)。

リアウィングの印刷は上からと両サイドのみ。


ブルーのバイナルグラフィックがワイルドスピード劇中車を再現した日産スカイラインGT-R(BNR34)

ホットウィール・ニッサン・スカイラインGT-R_BNR34_06
ホットウィール・ニッサン・スカイラインGT-R_BNR34_07
ホットウィール・ニッサン・スカイラインGT-R_BNR34_08
ホットウィール・ニッサン・スカイラインGT-R_BNR34_09
チョップドルーフでもなく実車をよく再現したホットウィールのR34GT-R。
タンポ印刷で色味が薄くなっていくのは結構手間がかかっているのでは?


ヘッドライトが秀逸のホットウィールの日産スカイラインGT-R(BNR34)

ホットウィール・ニッサン・スカイラインGT-R_BNR34_10
ホットウィール・ニッサン・スカイラインGT-R_BNR34_11
ホットウィール・ニッサン・スカイラインGT-R_BNR34_12
ヘッドライトの印刷がかなりR34GT-Rらしさをアップさせていますね。
金型自体の出来もいいですが、細かな手間が効いている感じです。

買い逃したホットウィールの日産スカイラインGT-R(BNR34)ということもあって手に入れられてうれしいです。



▼楽天で買えますね。




<PR>






▼関連記事はコチラ
ホットウィールのワイルド・スピード・プレミアムシリーズとオートモーティブ・シリーズの発売日にトイザらス














にほんブログ村