レクサスLCのレース車両にモデリスタのディスプレイ・グリルを搭載したらどうなる?

レクサス・ディスプレイグリル・レース車両搭載
先日、東京オートサロン2019に展示されたモデリスタのレクサス・UX MODELLISTA Conceptのディスプレイ・グリルをご紹介しましたが、あれをレースカーに搭載したら面白いのではないかと思い、手持ちの画像で合成してその様子を作ってみました!

同じく東京オートサロンで展示されていた、今年のニュルブルクリンク24時間耐久レースに出場予定のレクサスLC 2019 NUR24hの画像を使って、再現。

カーサンの空想ですから実車ではありませんヨ。


レース中のドライバーの思っていることが観客に伝わる

ハンドルのスイッチを押しながらドライバーがしゃべると、音声認識でテキストに変換され、ディスプレイ・グリルに表示されるシステムならレース中のドライバーの思っていることが観客に伝わるのではないか?と。


レクサス・ディスプレイグリル・拡大1
ディスプレイ・グリルならそれが可能になります。
遅い車や、順位争いをしている車に向けてのアピールにもなり、おもしろそう。

レクサス・ディスプレイグリル・拡大4
語気に反応して色も変化し、強い語気ならば真っ赤になって表示されるとか。

レクサス・ディスプレイグリル・拡大3
ドライバー同士で、こんなことまで?可能に。

導入したら面白いと思うんですよね~。
スーパーGTとか、どうでしょう?

言ってはいけない言葉が表示されたりしちゃうと問題かも。
そういうことを言った場合はペナルティが課せられたり…。


<PR>



ディスプレイ・グリルはクラッシュ時は問題に…?

クラッシュ
※画像はイメージです。

心配はレースに付き物のクラッシュしたとき。
ディスプレイ・グリルは問題がありそう。

モデリスタのディスプレイ・グリルはLEDディスプレイのようで、クラッシュで飛散した場合とか問題があります。
しかし最近流行のフレキシブル有機ELパネルなら、吸収力があって変形しても割れなそうです。

技術で、クラッシュ時の問題は回避できそうです。

純粋な競争とは関係ない部分ですがエンターテイメント性も大事

恐らく、これからはEVによるレースになっていくでしょうから、そういったテクノロジーとレースの融合が不可欠になっていくことでしょう。

これまでカーサンはサーキットまで行ってレースを見る一番のメリットは音だと思ってきました。
スーパーGTにしろ、F1にしろ、見に行った時に、TVとは明らかに違ったのが音(ちなみに2番目は匂い)。

あれだけは現場でなければ体験できない感覚です。

F1を初めて見たときに音が見えるという感覚を味わってレースと音は切り離せない要素だと思っていました。

しかしEVでは音の要素がない。

レクサスLCミュルブルクリンク24グランツーリスモ
そうなると視覚的要素に頼ることになり、見た目の興味を充実させていくことになります。
それはデッドヒートであったり、車のカッコよさであったり。

そういった要素にこういったテクノロジーが交わっていくと、面白い効果が生まれそう。
新しいエンターテイメント性が誕生しそうです。


EVレースになったころには、このカーサンの空想も現実になっているかもしれませんね。







<PR>






▼関連記事はコチラ
レクサス・チーム・サードのデンソーコベルコSARD LC500

トミカプレミアムのレクサスLFAはニュルブルクリンクパッケージの全世界50台限定車を再現

ニュルブルクリンク24時間耐久に参戦するGAZOO Racingのレクサス LC 【 LEXUS LC 2018 NUR24h 】

LBワークスのレクサスLC500は張り出したリアフェンダーに更にワークスフェンダーを追加するド派手なエアロ【 LB☆WORKS LEXUS LC500 】東京オートサロン2018

レクサスLC500のスーパーGT2017参戦車両は市松模様カーボンのレーシングカー





にほんブログ村