スターロードのハコスカは300馬力を発生

スターロードSTARROAD_ハコスカ&S30フェアレディZ_01
東京オートサロン2019のスターロードブースに展示された、ハコスカ。
ブルーグレーメタリックっぽいカラーリングが施されたハコスカです。

フルレストアを謳うスターロードのハコスカ(KGC10)。
フレーム状態にまでバラして手を入れていくフルレストアされています。
さらにネオ・ビンテージとしてアレンジが入っているのも魅力の一つです。

最近では、レストモッドというらしいですが、レストアと同時にモデファイ…つまりカスタムしてしまうことをレストモッドと言っているようです。

ホットウィールの「ポルシェ356AアウトローのホットウィールはUrban Outlawを具現化【Hotwheels PORSCHE 356A OUTLAW】」で記事にしましたOUTLAWと同じ方向ですね。

同じレストアでも新車当時の姿に戻すレストアとはまた違った魅力があります。

いろいろな楽しみ方ができるのが車のイイ所ですね。

さて、そんなスターロードのハコスカですが、目を惹くのはなんといってもカラーリング。

ブルーグレーともいえる特徴的なカラーリングはネオビンテージにピッタリ。
そのカラーをメタリックで塗っているのがカッコイイ。


スターロード ハコスカ

スターロードSTARROAD_ハコスカ&S30フェアレディZ_02
フロントバンパーレスで、オイルクーラーが追加されています。
スペックにはないフロントスポイラーがカッコイイ。
レーシングカーさながらのヘッドライトカバーがスパルタンな雰囲気を醸し出します。
ヘッドライトカバーで分かりづらいですが、やや吊り目の当時らしいセッティングです。


スターロードSTARROAD_ハコスカ&S30フェアレディZ_03
リアもバンパーレス。
スムージングされているので違和感がありません。
テールランプ周りがビス留めされているのが当時らしさが演出されています。
マフラーはデュアルなのも当時らしい。

オリジナルのビス留めオーバーフェンダーはもう定番ですね。
そこへフロント225/45/15、リア245/40/15サイズの幅広タイヤが収まります。

面白いのは前後で銘柄が違うところ。
フロントがTOYO R1Rで、リアがMAXXIS VR-1がチョイスされています。
ちなみにホイールはGLOWSTAR MS-GCBR。
段付き深リムのオリジナルメッシュホイールです。

小さなところではカーボンドアミラーも装備されています。


エンジンにもレストモッドらしく手が入り、直列6気筒L28型エンジンをカスタムし3リッター化して換装。
300 psを発生しています。

L28改換装は定番ですね。
スペックにはありませんがソレ・タコ・デュアルの定番仕様ではないかと。
ソレックスのキャブレターにタコ足(エキマニ)でマフラーがデュアル出しの仕様をソレ・タコ・デュアルと呼んでいました。

いい音がしそうです。




▼Zは楽天やアマゾンで買えますね。






<PR>




当ブログ関連記事はコチラ▼
スターロード・フェアレディZ(S30)【画像資料】東京オートサロン2016展示車両STAR ROAD Fairlady Z

M2Machinesの1/64AUTO-JAPAN71年式 日産スカイライン GT-R カスタム、”YOKOHAMA” ホワイト&ターコイズの作りこみ

LB☆WORKSのケンメリのパープルをアオシマのグラチャン・コレクション第10弾からご紹介

レストア前のスカイライン2000GT-Rレーシングコンセプト【日産銀座本社ギャラリー展示】

日産スカイライン2000GT-R・レーシングコンセプトをNISSAN CROSSINGで360度8方向から!ワタナベの8スポ・ゴールド仕様にも注目!





にほんブログ村