SONKIMLAND WESTFIELD by RE雨宮

RE雨宮_SONKIMLAND_WESTFIELD_01
RE雨宮のソムキムランド・ウェストフィールド(SONKILAND WESTFIELD)です。
イギリス、ウエストミッドランド州のキットカーメーカー、ウェストフィールド。

そのウェストフィールドのキットカーにサイドポートの13B-REWを搭載し、FC3Sシングルターボで過給し、300馬力を発生させる超ライトウェイトスポーツカーを誕生させたRE雨宮。

もともとのベース車が570kgという超軽量ボディーに300馬力の13B-REWが載っていますのでパワーウェイトレシオが1.9kg/psという驚異の数値です。


記憶にはなかったのですが、東京オートサロン2010でもウェストフィールドのキットカーに13B改ペリNAのロータリーエンジンを載せた風林火山 with SGCⅦを開発していたRE雨宮。
当時チューニングカー部門の最優秀賞受賞という栄誉に輝いておりました。

過去の画像データを漁ったのですが、すっぽり2010年の東京オートサロンが抜けていて見つかりませんでした。

残念。

似たキットカーにケーターハムやバーキンなどありますが、ウェストフィールドはサスがダブルウィッシュボーンということで白羽の矢が立ったのだそう。

ダブルウィッシュボーンのサスとスペースフレーム・シャシー、樹脂製のボディの組み合わせはウエストフィールドの定番と言える仕様で、走行性能に拘った仕様。

そこにRE雨宮のノウハウが詰め込まれたサイドポートの13B-REWが載るわけですからとんでもない走りができるのではないでしょうか。


SONKILAND WESTFIELD by RE雨宮

RE雨宮_SONKIMLAND_WESTFIELD_02
カウルが外された状態でしたのでサイドポート13B-REWが丸見えです。



RE雨宮_SONKIMLAND_WESTFIELD_03
コンパクトな13B-REWもターボを付けるとなるとみっちり入っています。
さすがにツインターボは無理なのでFC3Sのシングルターボを組み合わせていますね。
インタークーラー位置は重心を考慮してこの位置に。
FD3S純正にオリジナルサイドタンクを付けたワンオフインタークーラーです。

カウルを被せるとインタークーラー上にダクトが付きます。


RE雨宮_SONKIMLAND_WESTFIELD_04
エンケイのホイールが採用されています。
タイヤカバーにもルーバーが付くのは空力を考慮してのこと。


RE雨宮_SONKIMLAND_WESTFIELD_05
乗り降りの際にヤケドをしないようにパンチメタルのカバーで覆われたマフラー。


RE雨宮_SONKIMLAND_WESTFIELD_06
リアウィングも装備されています。

名前のソンキムランドはベトナムの不動産会社の名前で、ウエストフィールドのオーナーが関係者だそうです。

RE雨宮にワンオフで制作を依頼とは!驚きです。





<PR>



当ブログ関連記事はコチラ▼
RE雨宮のFD3Sベースのスーパーグレッディ7は3ローターワイドボディ【Amemiya SUPER GReddy7 RE20B】

RE雨宮CRAZE7は電動ガルウィングドアのFD3S

ダイハツ P-5はDAIHATSU技術研究会によるフルレストア

リバティーウォーク・フェラーリ308はバラバラボディからレストアした本物【 LB-WORKS Ferrari308 】東京オートサロン2019

NISSAN SKYLINE 2000GT-R RACING CONCEPTのリアには懐かしのケンメリステッカーが!





にほんブログ村