ホットウィールのオープントラックのラインナップに新金型のACURA NSX GT3が

Hotwheels_ACURA_NSX_GT3_01
ホットウィールの新金型のACURA MSX GT3。
すでに「ADVANカラーのアキュラNSX GT3はホットウィールの新金型」でご紹介しておりますが、こちらはブルーメタリックのACURA NSX GT3です。

新金型を同時発売で2台。
ちょっと迷いましたが、ブルーメタリックがきれいだったので2台とも購入しました。

2台並べると、雰囲気がよく、更にカッコイイ。
Hotwheels_ACURA_NSX_GT3_12
ADVANカラーのほうはレトロエンタ、今回のブルーメタリックのACURA NSX GT3はOPEN TRACKということで、「開かれたサーキット」といった意味合いでしょうか。

ACURA NSX GT3はGT3規格という事で吊るしの状態でレースに参加できるマシン。
門戸を開いたという意味ではなるほど。なラインナップです。

同じOPEN TRACKのラインナップのHKSカラーのスカイラインR32 GT-Rも購入し当ブログでご紹介済みです。

ボディの出来はかなりイイ、ホットウィールのACURA NSX GT3

Hotwheels_ACURA_NSX_GT3_02
Hotwheels_ACURA_NSX_GT3_03
出来はかなりイイ、ホットウィールのACURA NSX GT3。
細かなスポンサーロゴ以外に目立つロゴはないホットウィール・オリジナルカラーのACURA NSX GT3は大きなスポンサーの付きづらい最近のレースシーンをリアルに再現しているとも言えます。


Hotwheels_ACURA_NSX_GT3_04
Hotwheels_ACURA_NSX_GT3_05
トミカほどだはありませんが、細かなタンポ印刷が施されています。


カーボンの素材感もタンポ印刷で表現されたホットウィールのACURA NSX GT3

Hotwheels_ACURA_NSX_GT3_06
Hotwheels_ACURA_NSX_GT3_07
カーボンボンネットとカーボンルーフのタンポ印刷ですがなかなか効果的。


少しボディが厚めなホットウィールのACURA NSX GT3

Hotwheels_ACURA_NSX_GT3_08
Hotwheels_ACURA_NSX_GT3_09
ADVANカラーのNSX GT3の記事でも書きましたが、少しボディが厚めなホットウィールのACURA NSX GT3。
車軸以下が厚いので車軸のマウントの関係かもしれません。

ヘッドライトもテールランプもタンポ印刷で再現されたホットウィールのACURA NSX GT3

Hotwheels_ACURA_NSX_GT3_10
Hotwheels_ACURA_NSX_GT3_11
お値段高いシリーズですからヘッドライトもテールランプもタンポ印刷で再現されたホットウィールのACURA NSX GT3。
位置ズレも少なくイイ感じです。

というわけで、ホットウィールのACURA NSX GT3ですが、持っていて損のない1台。
ADVANカラーのホットウィールACURA NSX GT3と併せてそろえておきたいですね。

<PR>







<PR>





当ブログ関連記事はコチラ▼
モデューロ・ケンウッドNSX GT3のスーパーGT GT300参戦車両【Modulo KENWOOD NSX GT3】

HONDA NSX GT3を360度ぐるっと見てみました!動画も有り!【東京オートサロン2018】

ミニカーのWellyの読み方って?ウィリー?ウェーリー?ウェリー?読み方ナゾなメーカーのホンダNSXをトイザらスでゲット!

トミカのホンダNSXとホットウィールのアキュラNSXを比べてみました!

ホンダNSX 2016【画像資料その1】Honda ウエルカムプラザ青山展示車両





にほんブログ村