京商Auto Scale collectionのマツダ・ロードスターはドンキのカーゴセールで!

京商kyosho_AUTO_Scale_MAZDAロードスター_01
去年の終わりにドンキホーテで手に入れた京商Auto Scale Collectionのマツダ・ロードスターです。
その時の記事は「ドンキで安売り京商ミニカーが更にお安くカーゴセール」でご紹介していますのでそちらもご覧ください。

さてご紹介しますのはND型のマツダ・ロードスターのジェットブラックマイカ

そもそも京商Auto Scale collectionってなんだろう?
元値が5000円くらいするのに、とても軽い。
ダイキャスト製でもないのに、なぜ?…そして1/27.52スケールという中途半端なスケール…。

ヒントはその1/27.52スケールという中途半端なスケールにありました。

京商のAuto Scale collection(オートスケール・コレクション)とういうのは、どうやら同じ京商のラジコンカー、ミニッツ(MINI-Z)の交換ボディを、そのままディスプレイしてもいいようにタイヤ付きで販売しているシリーズのようで、1/27.52スケールというのはミニッツ(MINI-Z)の共通シャシーに合わせたスケールとなっているようです。

つまり車種ごとにスケールが違うということになります。



京商MINI-Zのボディをディスプレイモデルとしても楽しめる京商Auto Scale collection

京商kyosho_AUTO_Scale_MAZDAロードスター_02
京商kyosho_AUTO_Scale_MAZDAロードスター_03
京商といえばラジコンのほうが有名かも。
ラジコンのそれもミニッツ(MINI-Z)のボディなら納得です。

ラジコンのミニッツのボディとはいえ、さすが京商。
良くできていて、ドンキのカーゴセールで見つけた時もラジコンとは最初分かりませんでした。


京商Auto Scale collection(オートスケール)のマツダ・ロードスター

京商kyosho_AUTO_Scale_MAZDAロードスター_04
京商kyosho_AUTO_Scale_MAZDAロードスター_05
タイヤハウスから中が見えちゃうのがミニッツのラジコンらしいですね。
それもがなければラジコンと分からないかも。


幌の質感もいい京商Auto Scale collection(オートスケール)のマツダ・ロードスター

京商kyosho_AUTO_Scale_MAZDAロードスター_06
京商kyosho_AUTO_Scale_MAZDAロードスター_07
幌はプラパーツの成形色のままですが金型で梨地加工のようなことがされていて質感がイイ。
リアウィンドウのデフロスタの熱線も再現されています。


抑揚あるND型マツダ・ロードスターを再現

京商kyosho_AUTO_Scale_MAZDAロードスター_08
京商kyosho_AUTO_Scale_MAZDAロードスター_09
抑揚のあるND型マツダ・ロードスターをよく再現しています。
ちょっとルーフが低く感じますが…これについては後程。

京商Auto Scale collectionはヘッドライトもテールランプもクリアパーツが採用

京商kyosho_AUTO_Scale_MAZDAロードスター_10
京商kyosho_AUTO_Scale_MAZDAロードスター_11
大きなスケールですから当然のようにヘッドライトもテールランプもクリアパーツです。
エンブレムやマフラーなども細かい。
彫刻のようなボディのND型マツダ・ロードスターをよく再現しています。


ディスプレイケース付きの京商Auto Scale collectionマツダ・ロードスター

京商kyosho_AUTO_Scale_MAZDAロードスター_12
京商kyosho_AUTO_Scale_MAZDAロードスター_13
ラジコンボディをディスプレイできる京商Auto Scale collectionのマツダ・ロードスター。
ディスプレイベースとクリアカバーが付いています。

やや斜めに傾斜の付いたディスプレイベースです。

問題は…このディスプレイベースにありました。


ディスプレイベースのネジが硬くてルーフを破損…ショック…

京商kyosho_AUTO_Scale_MAZDAロードスター_14
京商kyosho_AUTO_Scale_MAZDAロードスター_15
ダイキャスト製ミニカーをディスプレイベースから外すときに難くネジで締められていて外すのに苦労することも多いですが、この京商Auto Scale collectionもネジが硬い。

で、当然ネジの反対側のルーフ部分を抑えながらネジを回すことになりますが、グっと力を入れた瞬間、バキ!という音がしましてマツダ・ロードスターのルーフ部分がブラブラに…。

京商Auto Scale collectionのマツダ・ロードスターはルーフ全体が後付でパーツでしか固定されておらず、そのパーツが破損してしまいました。

ショック…。

先述のルーフが少し低いのは壊れてしまって少し低くなってしまっているから…かもしれません。

しかし、軽いプラボディを支えるのに何でこんなにきつくネジで締める必要があるのか…。

ラジコンの交換ボディであることを考えれば、もっと手軽に外せるようにすべきだと思います。
出来が良かっただけに、この点は京商には改善を求めたいです。


▼楽天で買えます。









▼関連記事はコチラ
【悲報】京商コンビニ限定1/64ミニカーコレクション終了…。サークルKサンクスからファミマへは引き継がれず…

トミカのトイザらスオリジナル メディア対抗ロードスター4時間耐久レース CARトップロードスター

マツダのNAロードスターレストアサービスの第1号車が納車!厳しい書類審査に驚きつつ復刻ソフトトップに注目!

ブリッド×ミューレンのシートを載せたマツダ・ロードスターはホログラム・ラッピングに注目!【 BRIDE×Mu-Len Fantasista Monte Micra MAZDA Roadster 】

マッチボックス・ミニカーのマツダ・ロードスターは肉感タップリながら繊細な造り【MATCHBOX MAZDA MX-5 MIATA】









にほんブログ村