RYO JAPAN R35 GTR

RYO_JAPAN_R35_GTR_01
しばらく溜まっていたミニカーをご紹介してきましたが、まだまだ記事にできていない東京オートサロン2019で展示された車両も多数あるのでそちらも再開です。

今回はオクヤマブースに展示されたRYO JAPAN R35 GT-Rです。

RYO JAPANはD1グランプリで活躍した吉永 亮選手のショップで兵庫県にあります。

オクヤマは競技用パーツで有名で、「オクヤマ流」のステッカーは見覚え有る方も多いハズ。
特にロールバーやストラットタワーバーなどのボディ補強パーツで有名ですね。

D1グランプリに出場するはずだったR35 GT-Rを蔵出し

2016年にSUNOCO LINE UP RACING TEAM with POTENZAとして藤尾選手のドライブで参戦するはずだったR35 GT-R。

諸般の事情でお蔵入りしていたものを今回の東京オートサロン2019でリファインして蔵出し展示したのがこのRYO JAPAN R35 GT-Rです。

目を惹くのはなんといっても、リバティーウォークのビス留めワイドフェンダーを始めとするLB-WORKSのボディキット。
タイプ1のボディキットでスワンネックのGTウィングを装備しています。

ホイールはRAYSの57FXXですかね。
RCF(レイズ・キャストフロー・フォーミング)工法を用いたグラムライツシリーズのホイールは軽量かつカッコイイです。

詳しいスペックが公表されていないのですが、エンジンはバラして内部まで手が入っているようで、ドリフトマシンらしいハイパワーを発生しそうです。


RYO JAPAN R35 GT-R フロントディフューザー

RYO_JAPAN_R35_GTR_05
イエローだったヘッドライトはノーマル同様のクリアーに戻され、ボディ全面に貼られたステッカーも一新。
ボンネットに大きく貼られていたスノコのスポンサーロゴは小さくなっています。

RYO JAPAN R35 GT-R LB-WORKSビス留めワイドフェンダー

RYO_JAPAN_R35_GTR_03
RYO_JAPAN_R35_GTR_04
RYO JAPAN R35 GT-Rの外観上の大きな特徴がリバティーウォークのビス留めワイドフェンダー。
クラッシュの多いD1グランプリ出場車両という事で、フロントバンパーは簡単に交換できるようになっている様です。

大口径ホイールのRAYS製57FXXとの組合わせもカッコイイですね。


RYO JAPAN R35 GT-Rのリバティーウォークのリアウィングとディフューザー

RYO_JAPAN_R35_GTR_02
RYO_JAPAN_R35_GTR_06
大きなスワンネックタイプのGTウィングが目を惹くRYO JAPAN R35 GT-R。
リアアンダーにはディフューザーが装備されています。
高速でコーナーに進入するD1グランプリですから効果がありそうです。

すぐにでもD1グランプリに出場できそうなRYO JAPAN R35 GT-R。
今年のD1グランプリに出場していないようですが、せっかくのR35 GT-Rですから出場できるといいですね。



<PR>






▼関連記事はコチラ


半年待って手に入れたMINI GTの1/64LB-WORKS Nissan R35GT-Rの、今度はトイザらスオリジナル版が発売って…

LB★WORKSのR35 GT-R Type.2ADVANカラーはカムイ・プロデュースのラッピング

群馬自動車大学校×リバティウォークのコラボR35GT-R CUSTOM 【 GAUS × Liberty Walk R35 GT-R CUSTOM 】

LB WORKS GTR type.2はワークスフェンダーにベンチレーション追加のR35!東京オートサロン2018展示車両

ウェザリング加工されたLB☆WORKS R35GT-R 【画像資料】東京オートサロン2016展示車両







にほんブログ村