ホットウィール・マクラーレン・セナ

ホットウィールのマクラーレン・セナ_01
ホットウィールの新金型のマクラレーン・セナです。
ヴィクトリー グレイのニューモデルですね。

マクラーレン・セナは様々なメーカーから発売されていて、カーサンが手に入れただけでもMINI GT、近々ではトミカ・プレミアムのものがあります。

そのマクラーレン・セナがホットウィールになったのですから手に入れておきたいところですね。

セブンイレブン限定ホットウィールながらトイザらスでゲットできたマクラーレン・セナ

手に入れたのはホットウィールの発売日にトイザらスでしたが、セブンイレブン限定ホットウィールとしてラインナップされていたマクラーレン・セナ。
セブンイレブン限定ではありましたがトイザらスで手に入れば面倒が無くていい。
でしたのでセブンイレブン限定ホットウィールの発売日には2台ほどを手に入れるだけで満足できました。

さて、ホットウィールのマクラーレン・セナですが、出来の方は最新の金型だけあってイイ出来です。

ホットウィールのマクラーレン・セナ_02
ホットウィールのマクラーレン・セナ_03
リアウィングの位置がちょっと前になっていますが、フロント周りはイイ感じです。


ホットウィールのマクラーレン・セナ_04
ホットウィールのマクラーレン・セナ_05
フロント開口部とシャシーのつながりが悪いのが残念ですが、形状はイイ感じです。


コックピットは全面クリアパーツで再現したホットウィールのマクラーレン・セナ

ホットウィールのマクラーレン・セナ_06
ホットウィールのマクラーレン・セナ_07
ホットウィールのマクラーレン・セナはコックピット全面がスモークタイプのクリアパーツで再現されています。

スモークなので全面クリアでも違和感はありません。
クリアパーツということでしっかり中が見えるのはいいかも。

ホットウィールのマクラーレン・セナ_12
ホットウィールのマクラーレン・セナ_13
エンジンも良く見えます。
リアフェンダー上部のルーバーが別パーツのプラ成型なのは凝っていますね。
そうそうヴィクトリー グレイの塗料には少しパールが入っていますね。よく見ないと分からないくらいのレベルですが。


ホットウィールのマクラーレン・セナ_08
ホットウィールのマクラーレン・セナ_09
サイドビューもボディはイイ。ホイールがちょっと大きいのは実車とは違いますがホットウィールらしいといえますね。


ヘッドライトの塗りは無しながらもテールランプは印刷で再現したホットウィールのマクラーレン・セナ

ホットウィールのマクラーレン・セナ_10
ホットウィールのマクラーレン・セナ_11
ヘッドライトの印刷は無し。しかしもっと細かいテールランプは印刷で再現されていました。
細いLEDランプやマクラーレンのロゴなど細かい作業なのですが、同じ1面を印刷するならヘッドライトのほうが効果的ではないかと思うのですが。はて。

リアウィングはプラ成型でもよかったような…あ、でも同じホットウィールのマツダ787Bみたいにウィングが曲がってしまう?か…。ならウィング取り付け位置が多少違ってもダイキャストのほうが安全ですかね。


ホットウィールのマクラーレン・セナ_14
シャシー裏は、あっさりもあっさり。
実車もフラットボトムでそんなにゴテゴテしていないとは思いますが、あっさりとしたものです。

セブンイレブン限定としてラインナップされていたホットウィールのマクラーレン・セナを見て参りましたが、新金型とあってイイ出来でした。

ヘッドライトの印刷ではなくテールランプの印刷というのは少しナゾではありましたがヘッドライトも特徴的なマクラーレン・セナですから、そこまで違和感はなかったですね。

まだまだこれからカラバリが発売されるでしょうから、手に入れておいて損はない1台ですね。




<PR>





▼関連記事はコチラ
トミカプレミアムの発売記念仕様マクラーレン・セナをバースデイで。

トミカ・プレミアム発売記念仕様のマクラーレン・セナとスカイライン・ターボ・シルエットをゲット!

MINI GTの1/64マクラーレン・セナのトイザらス・オリジナル版

トーヨータイヤのマクラーレンMP4-12CはGT3規格のパイクスピーク参戦車両【TOYO TIRES McLaren MP4 12C GT3】

新発売のマクラーレン 675LTのマジョレットミニカーをゲット!





にほんブログ村