車×3(轟Car3)

車好きの轟カーさんが車に関するコトをブログになんとなく綴ったり綴らなかったりします。

スーパーカー

今月のホリデーオートはスーパーカー大全

ホリデーオートスーパーカー大全
今月のホリデーオートの特集はスーパーカー。
スーパーカー大全として70ページもの特集ページが組まれています。

スーパーカー世代のカーサンにはグっとくる企画です。

  • スーパーカー最新事情
  • 第二期黄金時代の主役たち
  • 三大ブランド現行モデル案内
  • あなたの知らないスーパーカー
  • SCOOP!次世代コルベットの野望
  • スーパーカー裏事情
  • 古今東西スーパーカーテクニカルガイド
  • 日本のスーパーカー
  • 池沢早人師が語るスーパーカーの魅力

  • という見出しが並んでいます。

    巻頭から世界に一台の伝説のランボルギーニ・イオタSVRのレストア完了の記事。
    本物のイオタは1台しかなくしかも廃車となり現存していないのはよく知られていますが、ホリデーオートに掲載されたランボルギーニ・イオタはランボルギーニがミウラをベースに改造したレプリカ。
    その名も「イオタSVR」、それがランボルギーニ本社でレストアされて復活したという記事。
    伝説のスーパーカーの復活の記事はスクープですね。

    で、イオタ復活の記事へと繋がります。
    ランボルギーニ・アヴェンタドールSVJがニュルブルクリンクで市販車最速のニュース。
    タイムは6.44.97で記録更新。
    SVJのJはJota(イオタ)のJでイオタ復活という記事なのです。

    6億円を越えるブガッティ・ディーヴォ完売や、フォードGTのガルフカラー限定バージョンの話、フェラーリ・モンツァSP1/SP2の話題とスーパーカー推しの誌面です。

    付録の冊子は'70スーパーカー図鑑

    ホリデーオート'70スーパーカー図鑑

    最新のスーパーカー…最近ではハイパーカーと呼ばれたりしますが、ホリデーオートの付録は70'sスーパーカー図鑑。

    スーパーカー世代にはたまらない、掲載車両が並びます。

  • フェラーリ 365GT4 BB
  • フェラーリ 308 GTS
  • ディノ 248GT
  • ランボルギーニ ミウラ
  • ランボルギーニ カウンタック
  • ランボルギーニ ウラッコ
  • マセラティ ボーラ
  • マセラティ メラク
  • デ・トマソ パンテーラ
  • ランチア ストラトス
  • ルノー5ターボ2
  • ポルシェ 930ターボ
  • BMW M1
  • ロータス ヨーロッパ
  • ロータス エスプリ
  • 童夢 零/P2

  • というラインナップ。

    カーサンは特に童夢 零/P2に注目。
    童夢 零は良く知られていても、童夢 零/P2の存在は忘れている方が多いはず。

    カーサンは昔、サーキットで走る童夢 零/P2を見ていますので、強烈に印象に残っています。
    今となっては速い!と思うようなスピードではありませんでしたが、きっちり走行できる童夢 零/P2は感動したものです。
    走行する童夢 零/P2を見たときでも懐かしいと思った車ですからね。
    動態保存されていたというだけでも感動でしたね。

    じつは童夢 零/P2が掲載されているというだけでホリデーオートを買っちゃいました。
    今見ても、未来的で何にも似ていないデザイン。

    カッコイイです。

    本誌のほうにも「日本のスーパーカー列伝」として童夢 零/P2も掲載。
    MID4、ジオットキャスピタ、ヤマハOX99-11、マツダRX500など、プラモやミニカーになったマシンも掲載されていて眠っていた記憶が蘇ります。

    この章には日産GT-R 50 by Italdesignなど、最新モデルまで出ていて嬉しいです。


    スーパーカー世代なら必見の特集記事ですね。





    <PR>





    ▼関連記事はコチラ














    にほんブログ村






    FERRARI 458 ITALIA × POTENZA S001

    フェラーリ&ポテンザFERRARI458ITALIAXPOTENZA_S001_01
    ブリヂストンのブースに展示されたROWENチューンのフェラーリ458イタリア。
    ブリヂストンはポテンザを中心とした展示で、このROWENチューンのフェラーリ458イタリアにもポテンザS001が装着されています。

    フェラーリといえば、赤!となるところをホワイトのフェラーリ458イタリアを持ち込むあたり、なかなか通なイメージです。
    しかもノーマルではなくROWENの手によるカスタムが行われ、イメージを一新しています。

    ROWENはエアロやエキゾーストパーツの開発をしているメーカーで、このフェラーリ458イタリアにも、ROWENのパーツが採用されています。

    ROWEN フェラーリ458イタリア装着パーツ

  • フロントスポイラー
  • フロントカナード
  • フェンダーダクトカバー
  • サイドステップ
  • リアディフューザー
  • リアサイドスパッツ
  • トランクスポイラー
  • プレミアムエキゾースト

  • 以上のパーツが装着されています。


    ROWENチューン・フェラーリ458イタリア リアビュー

    フェラーリ&ポテンザFERRARI458ITALIAXPOTENZA_S001_02
    注目はディフューザーのフィン。
    ホワイトのディフューザーフィンがカッコイイ。
    ウェットカーボン製で形状も凝った造り。

    トランクスポイラーはランボルギーニっぽいデザインで角ばったデザイン。
    ベタ付けのスポイラーというのがフェラーリに似合っています。

    センター3本出しマフラーはチタン製でブルーの焼け色がキレイです。


    Prodrive GC-05N × BRIDISTONE POTENZA S001

    フェラーリ&ポテンザFERRARI458ITALIAXPOTENZA_S001_03
    ブリヂストンブースですからね、タイヤはブリヂストンのポテンザS001。
    フロント:245/35R20 リア:295/35ZR20のサイズを履かせています。

    20インチというだけでもかなり大きいホイールが必要ですが、ブリヂストンのホイールラインナップからプロドライブのGC-05Nが採用され、リムいっぱいまで伸びた5本のスポークが20インチ以上の大きさに見えます。

    カタログでは、プロドライブのGC-05Nは1ピース構造とありますが、このフェラーリ458イタリアに装着されているホイールはリムが鏡面仕上げになっていて2ピースっぽく見えます。

    吊るしではなく受注生産品ということで、大量に売れるホイールとは違う特殊なサイズのホイール。
    もしかしたら2ピース構造のバージョンも発売されていたのかもしれません。







    <PR>





    ▼関連記事はコチラ














    にほんブログ村





    スフィアライト・光岡・大蛇(オロチ)

    スフィアライトSPHERE_LIGHT大蛇_01
    東京オートサロン2018で異彩を放っていたスフィアライトの光岡大蛇(オロチ)です。
    ご覧のとおりの紅白ボディ。

    右と左で色の違うカラーリング。
    ハデですね~目立ちますね~。

    元々ハデで独創的な光岡大蛇(オロチ)が更に目立っていました。

    続きを読む

    ロータス・エキシージ・カップ380 【 LOTUS EXIGE CUP 380 】

    ロータス・エキシージ・カップ380_LOTUS_EXIGE_CUP380_01
    ロータス・エキシージ・カップ380です。東京オートサロン2018で展示されていました。
    公道走行可能なハードな使用のスポーツカーですが、この間、ご紹介したトミカのロータス3-ELEVENからすると大人しめ。

    エンジンは3-ELEVENと同様3.5リッターV型6気筒の2GR-FEをスーパーチャージャーで過給する380馬力。
    そうネーミングの380は380馬力からきています。

    続きを読む

    エグゼクティブ・ランボルギーニ・アヴェンタドールSVクーペ 【 EXE Lamborghini Aventador LP750-4 SV 】

    エグゼクティブLamborghini_AventadorSV_Forgiato_04
    FORGIATOブースに展示されていたエグゼクティブ所有のランボルギーニ・アヴェンタドールSVクーペ。
    京商ミニカーくじ にもラインナップされているのでタイムリーな1台です。

    FORGIATOのホイールF2.09(Forging:ECX)の21インチを装着された上、LB☆Performanceのエアロキットを装着。
    特別なスーパーカーが更に特別な存在感を醸し出しています。

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ