車×3(轟Car3)

車好きの轟カーさんが車に関するコトをブログになんとなく綴ったり綴らなかったりします。

ニュース

トヨタGAZOO Racingがル・マン24時間で1-2フィニッシュ!

トヨタGAZOO Racingがル・マン24時間耐久レースで初優勝!
おめでとうございます!

今年はYOUTUBEで7号車、8号車のオンボードカメラがリアルタイム配信されていまして、ドライバー視点で楽しめましたね。

最初オンボード映像だとすぐ飽きてしまうのでは?
と思いましたが、いやいや楽しいですね。

最初は1台だけを見ていましたが、すぐ、ブラウザのタブを2つにして7号車、8号車でザッピングしながらみました。

これが楽しい。
1-2状態の後のオンボードで、後追いのTS050のオンボードで先行のTS050の走りをを見る。
抜いたら、また後方のTS050に切り替えて。

こうするとTS050の走りも見れますし、パッシングシーンも見られる。
楽しかったです。

ピットインも1台が入れば、次はこっちだなと分かり、タブを切り替えてピットインも見る。

右へ左へ他の車両を抜いていくのを楽しめましたし、ちょっと他車のパッシングに手間取るとあっという間においていかれる。
同じチームの同じ車ならではのデッドヒートが見られました。

もっとも7号車はデフのセンサーの故障で路面状況に合わせたセッティング変更が出来ない状態となり、終始アンダー状態で走っていたらしく、イコールコンディションではなかったようですね。

セッティング自体も8号車のほうが上手く行っていたとのコトで、8号車優位な状態ではあったようです。


LMP1クラスでワークスはトヨタのみ

LMP1クラスへのエントラントの中でワークスはトヨタのみ。
ワークスとしては勝って当然のようなプレッシャー。
勝てる状態で勝てないのがルマン24時間耐久レースなのです。


今年は本当に必勝体制だったトヨタだけにトヨタを優勝させるという一念でスタッフもドライバーもやっていたといいます。

7号車がダメなら8号車を、8号車がダメなら7号車を。
とにかくトヨタが優勝という目標に向かってチームが一丸となって勝ち取った勝利というわけです。


中嶋一貴選手は日本人が日本車で初の優勝、アロンソ選手は3冠のうち2冠目をゲット。

日本車の初優勝はマツダ787B、日本人の初優勝は関谷正徳選手、その両方を獲得したのは素晴らしい。
アロンソ選手は世界3大レースのうちF1モナコグランプリウィナー、ルマンウィナーを獲得。
残るはインディ500のみとなりました。


来年のル・マンにトヨタは挑戦する?

気になるのは来年のル・マンにトヨタは参戦するのか?という点。
悲願達成してしまったのでどうなるのか気になるところ。

トヨタGazoo RacingのHPには豊田章男 トヨタ自動車株式会社 代表取締役社長のコメントが掲載されています。

「思いっきり走ってくれて、ありがとう!」 というコメントに車に対する愛を感じますね。

ゴールイン後のオンボード映像で中嶋選手がドアを何度も開け閉めして歓声に応えていましたが、あの辺の造りを見てもしっかり作られているなあと思いましたね。
当たり前かもしれませんが、市販車でもおかしくないしっかりとした精度。
レーシングカーですと走りに関係ない部分は意外とチャチかったりしますが、TS050はすごいですね。
車に対するトヨタの真摯な姿勢がみえました。

文末に
「しかし、これは、また次の戦いの始まりであり、次なる改善が始まります。改善に終わりはありません。明日から、次の夢の実現に向け、また一緒に戦っていただければと思います。 」
とあります。
次の夢が何になるのか?
ハッキリとは言及されていません。

しかし、ル・マンは2020年からLMP1クラスのレギュレーションの変更を発表していて、毎回ピットアウト後1kmは電気のみで走ることを義務付けられます。

そのルールはトヨタのプラグインハイブリッド技術と似たコンセプトであるため、ル・マン参戦を続ける理由にはなりそうです。
まだまだル・マン参戦は続けていただきたいですね。


GRスーパースポーツ コンセプト市販化明言

TOYOTA_GR_SUPER_SPORTS_CONCEPT_07

ルマンでは今年の東京オートサロンで発表された、トヨタのGRスポーツ・コンセプトの市販化が明言されました。
もしかしたら、「次の夢の実現」とは、このハイパーカー、GRスポーツ・コンセプトの市販なのかもしれません。
まんまTS050の市販版という位置づけなのでル・マン優勝車が販売されるということになります。
お値段1億円らしいですね。

さすがハイパーカー。






話題の詰まった今年のル・マン24時間耐久レース。
改めてトヨタGazooRacingの1-2フィニッシュ、おめでとうございます。














▼関連記事はコチラ













にほんブログ村


R35 GT-Rのパトカーがついに登場!

R35GT-R

とうとうというか当然というか、R35 GT-Rのパトカーが登場です。

GT-Rのエンブレムもそのままに栃木県警に納車された模様。

詳しくは、autoblogの国内最強のパトカーとなるか!? R35型日産「GT-R」のパトカー栃木県警に国内初配備!!をご覧ください。

いままではミニカーでしか見ることの無かったR35 GT-Rのパトカー。



それが現実のものに。



栃木方面に行くときはこのR35 GT-Rに遭いたいような、遭いたくないような…。

複雑な気持ちですね。











にほんブログ村




トイザらスが米国店舗を閉鎖または売却を計画していることを複数メディアが報じている

トイザらス閉店_01
以前に記事にしましたとおり、米国トイザらスは去年9月に連邦破産法11条の適用を申請していて、再建中だったのですが、厳しい選択を迫られていたようです。

すでに全米で182店の閉店を決めていながら、とうとう全米800余りの店舗すべてが閉鎖されるとCNNでは伝えています。

続きを読む

リレーアタックって何だ?

書店で見つけた「クルマプレイボーイ」
プレイボーイがクルマの雑誌を発売してるのか?と手にしてみたカーサン。

クルマ・プレイボーイ


アオリに「タブーなし!専門誌が書けない最新クルマ情報がアツ盛り」とあって興味をそそります。
アツ盛り…ってなんだ?と最近の新語に戸惑い(恐らくパチンコなどの激アツ!とかと同義かと)ながらもページをめくります。

フェラーリ創業70周年記念モデルの「ラ・フェラーリ アペルタ」の記事に始まり、ホンダ社長「NSX」「シビックタイプR」「F1」を語るという気になる記事がアツ盛りです。

しかし、一番気になったのは、白黒ページの「リレーアタック」の記事。

「デモ装置を作った中国のセキュリティ会社が警告!クルマ盗難の最新手口、リレーアタックがヤバすぎる!!」というアオリでスマートキーの危険性を記事にしています。

カーサン、この記事だけで「クルマ・プレイボーイ」を購入です。


スマートキーが危ない

内容は、「クルマ・プレイボーイ」をご覧頂くとして、この手口はスマートキーで開錠するクルマ全てに当てはまる危険性があるということで驚きます。

カーサンもスマートキー装備のクルマ。
カーサンはスマートキーなど要らんリモコンキーで十分と思っていたのですが、嫁がスモートキーがいいよということで嫁の鶴の一声でスマートキーを含むパッケージを購入したのです。


「ヤバい! ウチもスマートキーやん!」ということで勉強のために「クルマ・プレイボーイ」を購入した次第。


もっとも、カーサンの車はヤッスイ大衆車なのでワザワザ、クルマ自体を盗むことは無いと思いますが、問題は開錠できてしまうということ。

開錠できてしまえば、車の中の荷物が狙われます。

購入したモノが盗まれる可能性があるのです。


カーサンなどは、買ったミニカーが無くなったらショック。
恐るべしリレーアタック。対策を考えなくては。


リレーアタックの対策

このリレーアタック、購入した「クルマ・プレイボーイ」には手口は詳細で大変勉強になりましたが、が対策らしい対策は掲載されていません。


スマートキーの電波を遮断する容器にしまうということくらい。

アルミホイルで巻くという手もありますが、いちいちアルミホイルをガサガサやるのは恥ずかしいし面倒。



とりあえずはスマホ用などで発売されている電波遮断ケースに入れるしか手はなさそうです。

スマホ用なのでサイズ感とかピッタリのものがあるのかわかりませんが、いろいろ試して自衛するしかないですね。












[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

週刊プレイボーイ クルマプレイボーイ 2018年 1/30号 [雑誌]
価格:479円(税込、送料無料) (2018/1/9時点)









にほんブログ村

この週末は3連休の方が多いようで、おそらく東京モーターショーにも行かれることでしょう!

細かいところも見て欲しいので、車以外もご紹介です!

YAMAHAのバイク、MOTOROID


無理しないで行く東京モーターショー2017その4_01
メーカーのHPをみると大概、何を言っているのか理解できないのですが、このモトロイドもどんなものなのか、あんまり理解できませんでした。フフフ。
カーサンが分かったことといえばバイクが自立してライダーの元まで自分でやってくる。
ライダーの力量に応じてライディングをバイクがサポートする
デザイナーとエンジニアの境界線を越えてデザインやメカニズムを考えた…ってかんじですかね。
いつもスーパーの駐車場で購入した大荷物を抱えながら、呼んだら車が来てくれないかね?と思うのですが、このバイクは呼んだら来てくれる?


MOTOBOT Ver.2


無理しないで行く東京モーターショー2017その4_02
自律ライディングロボットということで、東京モーターショーで見たときはバイクまでトータルでモトボットなのだと思っていました。

ところが…

無理しないで行く東京モーターショー2017その4_03
こいつだけ。
この乗っているロボットだけでモトボット。

バイクは普通のバイクで人間の変わりにロボットが乗っているそうです。

スゴイ!

これは見ておいて欲しいです!

▼ロッシとのタイムアタック対決動画がありました!

ハングオンしないで旋回していく姿は異次元の感覚。
不思議ですね。

ブリヂストンのパンクしないタイヤAir Free Concept(エアフリー・コンセプト)


無理しないで行く東京モーターショー2017その4_04
プレビューデーということでプレスの方たちがたくさんいた東京モーターショー。
ブリヂストンのこのパンクしない自転車用タイヤを装着したチャリにレポーターのオネーさんが乗ってレポしていました。


無理しないで行く東京モーターショー2017その4_05
エアナシなので、赤いフィンのような樹脂部分で衝撃を吸収する構造です。


無限の電動バイク・神電 六(2017年マン島TTレースで電動バイククラス優勝車両)


無理しないで行く東京モーターショー2017その4_06
あの無限がモーターを作っていたとは!
日進精機のブースで展示されていた無限の電動バイク。神電 六。

無理しないで行く東京モーターショー2017その4_07
無限のロゴが入ったモーターが搭載されています。


ダンロップは東京モーターショーに展示のコンセプトカーのタイヤも展示。


無理しないで行く東京モーターショー2017その4_08
コンセプトカーのタイヤなのでトレッドパターンがデザイン的で面白い。
触って!って感じでディスプレイされているので、エアレスタイヤの弾力を確かめようと思いましたが、一応係の人に聞いたら触っちゃダメとのこと。お気をつけください。見るだけ。見るだけ。

エアレスタイヤGYROBLADE
無理しないで行く東京モーターショー2017その4_098
こちらは空気の入っていないエアレスタイヤのGYROBLADEです。
金属ホイール部分とゴムのトレッド部分の間に特殊な樹脂を挟んで、弾力を持たせてくるようです。
ブリヂストンのものと基本概念は同じようです。樹脂パーツが入ることでデザイン性が増していろいろなタイヤ&ホイールが出てきそうですね。


コレは見ておきたい!グッドイヤーの球体タイヤ!EAGLE360 URBANはAI搭載


無理しないで行く東京モーターショー2017その4_099
ワールドビジネスサテライトで紹介されていた球体タイヤ。
ゼッタイ見てこようと思っていたアイテムのひとつでした。
どこのタイヤメーカーが開発したのか覚えていなくて、だいぶ探しました。

どうやって車軸とつなげるの?と思っていたら、きれいなコンパニオンのオネーさんがいろいろ教えてくれました。
なんと磁気で浮かせているとのことで車軸と繋がっていないリニアモーターカー状態だそうです。
しかも内部にAIが搭載されていて路面状況に応じてゴムの硬さや表面形状を変化させることができるらしいです。



動画ではガラス片をタイヤが踏んでも修復する様子が描かれています。
タイヤが売れなくなっちゃう?

こちらは前作のEAGLE360

無理しないで行く東京モーターショー2017その4_010

近い将来はこんなタイヤが普通になるかもしれませんね!

ぜひご覧ください。



では、週末に東京モーターショーに行かれる皆様、楽しんできてください!









無理しないで行く東京モーターショー2017その1

無理しないで行く東京モーターショー2017その2

無理しないで行く東京モーターショー2017その3




にほんブログ村

↑このページのトップヘ