車×3(轟Car3)

車好きの轟カーさんが車に関するコトをブログになんとなく綴ったり綴らなかったりします。

運転

0円で出来る安全運転とは?

0円で出来る安全運転_01

スピードを出さないことが安全運転?

安全運転。
車に興味のない人が増えたこともあって、運転技術への向上心はだいぶ薄らいでしまった昨今。

おいおい!という運転も多々見られます。

カーサンの運転暦は、走行距離概算で50万キロを越え60万キロとの間のあたり。
以前記事にしました、「」で運転暦を年数でいうのはナンセンスと思っておりますので、走行距離で記し

ています。

もちろんその間、事故をしたりもらったりしていますが、相手がいる事故で言えば10回に満たない数だった

と思います。

走行距離からすれば少ない事故暦だと思います。



これには理由があります。


普通の運転手の方が絶対経験したくないことを若いうちに経験していたからなのです。





それは…。



続きを読む

リレーアタックって何だ?

書店で見つけた「クルマプレイボーイ」
プレイボーイがクルマの雑誌を発売してるのか?と手にしてみたカーサン。

クルマ・プレイボーイ


アオリに「タブーなし!専門誌が書けない最新クルマ情報がアツ盛り」とあって興味をそそります。
アツ盛り…ってなんだ?と最近の新語に戸惑い(恐らくパチンコなどの激アツ!とかと同義かと)ながらもページをめくります。

フェラーリ創業70周年記念モデルの「ラ・フェラーリ アペルタ」の記事に始まり、ホンダ社長「NSX」「シビックタイプR」「F1」を語るという気になる記事がアツ盛りです。

しかし、一番気になったのは、白黒ページの「リレーアタック」の記事。

「デモ装置を作った中国のセキュリティ会社が警告!クルマ盗難の最新手口、リレーアタックがヤバすぎる!!」というアオリでスマートキーの危険性を記事にしています。

カーサン、この記事だけで「クルマ・プレイボーイ」を購入です。


スマートキーが危ない

内容は、「クルマ・プレイボーイ」をご覧頂くとして、この手口はスマートキーで開錠するクルマ全てに当てはまる危険性があるということで驚きます。

カーサンもスマートキー装備のクルマ。
カーサンはスマートキーなど要らんリモコンキーで十分と思っていたのですが、嫁がスモートキーがいいよということで嫁の鶴の一声でスマートキーを含むパッケージを購入したのです。


「ヤバい! ウチもスマートキーやん!」ということで勉強のために「クルマ・プレイボーイ」を購入した次第。


もっとも、カーサンの車はヤッスイ大衆車なのでワザワザ、クルマ自体を盗むことは無いと思いますが、問題は開錠できてしまうということ。

開錠できてしまえば、車の中の荷物が狙われます。

購入したモノが盗まれる可能性があるのです。


カーサンなどは、買ったミニカーが無くなったらショック。
恐るべしリレーアタック。対策を考えなくては。


リレーアタックの対策

このリレーアタック、購入した「クルマ・プレイボーイ」には手口は詳細で大変勉強になりましたが、が対策らしい対策は掲載されていません。


スマートキーの電波を遮断する容器にしまうということくらい。

アルミホイルで巻くという手もありますが、いちいちアルミホイルをガサガサやるのは恥ずかしいし面倒。



とりあえずはスマホ用などで発売されている電波遮断ケースに入れるしか手はなさそうです。

スマホ用なのでサイズ感とかピッタリのものがあるのかわかりませんが、いろいろ試して自衛するしかないですね。












[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

週刊プレイボーイ クルマプレイボーイ 2018年 1/30号 [雑誌]
価格:479円(税込、送料無料) (2018/1/9時点)









にほんブログ村

↑このページのトップヘ