車×3(轟Car3)

車好きの轟カーさんが車に関するコトをブログになんとなく綴ったり綴らなかったりします。

マクラーレン

東京ゲームショーに行ってきました!話題のグランツーリスモ スポーツも!

2017東京ゲームショーグランツーリスモ・マクラーレン01
仕事の関係で東京ゲームショーのビジネスデイのチケットが手に入ったので行ってきました!

もちろん目当ては2017年10月19日に発売されるプレイステーション4のグランツーリスモ・スポーツです。

行ってすぐ、ステージでグランツーリスモ・スポーツの説明が始まりました。

画面上をご覧ください。
早くも先ごろ発表されたマクラーレン720Sが画面上に。
マクラーレン720Sは以前記事でもご紹介していますが、最新車種が収録されるのもグランツーリスモのすごさ。
ガバっとひらく可変ウィング(エアブレーキ?)も作動している様子が確認できました!

何でも天候によるグリップの変化はもちろん、朝や昼、夕方など時間帯によってもグリップが変化すると説明しています。

これは体験してみなければ!
と思いましたが、まずは仕事が先。

さるっと仕事を済ませてソニーのグランツーリスモ・ブースに戻ってくると、並んでいる列にチェーンが。
閉館までにこなせる人数を超えてしまったので、本日は終了とのコト。

なに~!しまった。さっきやっておけばよかった…といっても後の祭り。
残念ながらマクラーレン720Sに乗ることは出来ませんでした…。


2017東京ゲームショーグランツーリスモ・マクラーレン02
BRIDEのバケットシートを使った体験ブース。
のりたかったなぁ…マクラーレン。

トホホ。

そんな中、マクラーレンがマクラーレン アルティメット ビジョン グランツーリスモを発表しました!

McLaren Ultimate Vision Gran Turismo


ゲームショウに合わせたのか、2017年9月20日に発表されました。
なんでもドライバーはうつ伏せで乗るそうで、どんな乗り心地なのか?想像もできません。

このマクラーレン・アルティメット・ビジョン グランツーリスモもグランツーリスモ・スポーツに収録されるようです。
ということは、このマクラーレン・アルティメット・ビジョン グランツーリスモがイオン限定のマジョレットVGTコンプリートセットにランナップされるかも?
期待してしまいますね。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

1/18 マクラーレン 720S アゾレス オレンジ[TOP SPEED]《11月仮予約》
価格:14680円(税込、送料別) (2017/9/23時点)








イオン限定マジョレットミニカー「VISION GRAN TURISMO」のコンプリートセット



にほんブログ村



マクラーレン720S


※グーネットの動画です。

スイスで開催中のジュネーブモーターショー2017において、マクラーレン720Sが発表されましたね。
その12時間後に日本の東京ショールームで公開されました!
モーターショーで発表されたスーパーカーが僅か12時間後に東京で公開されるのは異例。
マクラーレンは日本の市場を重要視しており、2016年の日本での新規登録台数は179台で、これは前年比の2倍。マクラーレンの年間生産台数の6%なのだそうです。
6%って少なく見えますが、日本でのマクラーレンの販売台数は世界でTOP5に入るのだそうです(ソース:WBS)。

今回のマクラーレン720Sはシャシーから新設計の第2世代と呼ばれるモデルなのは各ニュースでアピールされていますね。

720Sはマクラーレンの形式名=馬力ということで、720馬力を発生するフラッグシップモデル。
4リッターV8エンジンをツインターボで過給することで実現しています。
ターボというとターボラグが気になるところですが、極力ターボラグは抑えらた設計になっているらしいです。
コンロッドやクランクシャフトも軽量化された結果、
静止時から時速200km/hに達するまでに7.8秒。100km/hじゃないですよ、200km/hに7秒弱で達する加速って異次元過ぎます。
因みに0-100km/h加速は2.9秒。最高時速は341km/hというスペックを誇ります。

プロアクティブシャシーコントロールも引き継がれて、スタビライザー無しでダンパーのバンプ、リバンプを制御することで姿勢を制御できるとのこと。720Sではさらにセンサーを追加して性能を向上させているそうです。

またF1でも採用されているバージボードが導入されていてエアロダイナミクスへ貢献。
F1技術が市販車へもフィードバックされています。

走行性能を高めながら実用性も重視した設計になっています。
前方に跳ね上げ式のドアが内側に切込みをいれることとと第一世代のマクラーレンより低くなったサイドシルで乗降性を確保。
スーパーカー特有の乗降のしづらさを改善しています。

視界の悪さもスーパーカーの特有のものですが、
グラスハウスと呼ばれるコックピットの大部分をガラスで構成した上、Aピラーを細く、Cピラーを肉抜きしてガラスを嵌めこむことで360度の視界を確保するような設計になっているといいます。

顔はちょっとかわいい感じ。
テールエンドはなかなか勇ましくていいですね。

お値段は3,338万3,000円から。
日本国内では7月から発売されるそうです。

都内で見られる日も近い?







▼マクレーレンのミニカーの記事
京商ミニカーくじでゲットしたMcLaren P1の記事
京商ミニカーくじでゲットしたMcLaren 12cの記事



にほんブログ村

↑このページのトップヘ