車×3(轟Car3)

車好きの轟カーさんが車に関するコトをブログになんとなく綴ったり綴らなかったりします。

ニッサン

日産スカイライン2000GT-R・レーシングコンセプトを360度8方向から!

NISSAN_SKYLINEGT-R_RACING_CONCEPT_01
日産スカイライン2000GT-R・レーシングコンセプトです。
日産の銀座にありますショールーム、NISSAN CROSSINGで展示されていたのを撮影してきました。
1972年の東京モーターショーに展示されたコンセプトカーです。

コンセプトカーとはいえ、翌年の1973年シーズンから、ワークスカーとして実践投入されるはずだったモデルといわれています。
カーナンバー「73」は1973年を示していると囁かれていましたが、1973年の日産ワークス活動の中止により幻となった悲運のマシン。

続きを読む

NISSAN GT-R50 by ITALDESIGNが受注開始!

NISSAN_GT-R50_byITALDESIGNリア_001

いよいよ受注が開始したNISSAN GT-R50 by ITALDESIGN!

日産USAのHPに「Nissan GT-R50 by Italdesign production design confirmed」とされたアナウンスがありました。
世界限定50台のプレミアモデルで、お値段は990,000ユーロ。
この記事を書いている時点でのレートでは1億2700万円ほど。
ユーザーへの配送は2019年から2020年まで行われるようです。

受注開始といってもカーサンには買えるわけではありませんが、きっと50台も即完売なのでしょうね。


続きを読む

NISSAN GT-R50 by イタルデザイン

NISSAN_GT-R50_byイタルデザインコックピット_01
ニッサンGT-R50 by ITALDESIGNのご紹介も4回目。
今回はサイドビューからコックピット、ルーフあたりまでをご紹介します。

サイドから見ると、ニッサンGT-R50 by ITALDESIGNが特別なモデルであってもR35 GT-Rを色濃く感じます。
シルエットこそR35 GT-Rですが、実はルーフは少しチョップされています。
てっきりルーフはノーマルと思っていましたが…けっこう切った貼ったが行われているようです。


続きを読む

NISSAN GT-R50 by ITALDESIGNのフロント部分を詳しく

NISSAN_GT-R50_byイタルデザイン前_01
日産GT-Rとイタルデザインの50周年を記念したアニバーサリーモデルのNISSAN GT-R50 by ITALDESIGN。
例によってたくさん撮影してきましたので、画像で詳しくご紹介します。

まずは、フロント周り。
NISSAN GT-R50 by ITALDESIGNを印象付けるクチバシのようなゴールド部分が目立ちます。
ノーマルのGT-Rとはまったく違う顔になっていますね。

続きを読む

日産GT-R50 by イタルデザイン【 NISSAN GT-R50 by italdesign 】

日産GT-Rとイタルデザインの50周年記念モデルのGT-R50 by italdesignです。
銀座の日産CROSSINGに展示されていた世界にただ1台のワンオフプロトタイプを撮影してきました。

今回は360度8方向から撮影したGT-R50 by italdesignの画像をご紹介。
ボディカラーがリキッドキネティックグレイという暗めのカラーに強い照明が当たっていることで、コントラストがキツめの画像になってしまうので一眼レフでコントラストを弱めに設定した画像でご覧頂きます(一部ピンボケはコンデジの画像)。

ですので、展示されていたときの見た目と違い、ツヤは少ないですが、形状は捉えやすい画像となっていると思います。

では、NISSAN GT-R50 by italdesignを360度ぐるっとご覧ください。

NISSAN GT-R50 by italdesign

日産GT-R50by_italdesign_01
日産R35GT-Rが持つ角張ったイメージを大事にしたというだけあってフロント周りはシャープなエッジが効いています。
続きを読む

↑このページのトップヘ