車×3(轟Car3)

車好きの轟カーさんが車に関するコトをブログになんとなく綴ったり綴らなかったりします。

レース車両

トヨタ新型スープラが実戦デビューしていた!

発売されたオプションをみて、今頃ですがトヨタ新型スープラA90が実戦デビューしていたことを知ったカーサン。

今年のオートサロンでみた、あの新型スープラが市販されるより前に実戦デビューしていたとは…。

トヨタ新型スープラ実戦デビューしていた!_01

驚きです(上の画像は東京オートサロン展示時のもの)。

しかもD1GPでデビューというから2度驚きです。
世界規模で注目を集めた新型スープラですから、スーパーGTでのデビューが順当…と思われましたが、D1GPでドリフトとは!

やりますねトヨタ。

BMWで今シーズンを戦う予定だった斉藤太吾選手に今年の初めくらいにトヨタからオファーがあり、急遽マシンをスイッチ。

実際ガレージにトヨタ新型スープラA90が到着したのは2019/1/31。
そこからシェイクダウンまで42日間で仕上げたといいます。

超短期間で制作されたマシンです。

納車されたトヨタ新型スープラはボディに偽装が施された車両で、HKSの3.4リッターキットを組み込んだ2JZに換装されてタービンはGTⅢ-4Rが採用されたフルチューンです。
ボディにはパンデムのエアロも組み込まれてとても短期間でできたとは思えません。


世界初!新型スープラのドリフト!そして世界初?新型スープラの炎上シーン

短期間で仕上げたためかトラブルが続発。
ドライサンプだったエンジンもウェットサンプに戻したり、エンジン自体を3期交換したといいます。

それでもドリフト中に炎上してしまうハプニングが発生!

その様子はYouTubeの動画で見ることができます。



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Option (オプション) 2019年 05月号 [雑誌]
価格:629円(税込、送料無料) (2019/4/27時点)





まだトヨタ新型スープラA90のドリフトをご覧ではなかった方は、ぜひご覧ください。




<PR>


▼関連記事はコチラ



スフィアライトの光岡大蛇(オロチ)は紅白で左右塗り分けの独創カラー。トイカーGT-RにもHIDを組み込み【SPHERELIGHT】

乱人&SANOデサインの86Future Sports(ZN6)SD-2はドライサンプ3S-GTE換装の全日本ジムカーナ選手権参戦車

ナイチンゲールという名のマツダNCロードスターは無加工ボルトオンのコンセプトカー【DUCKS-GARDEN RHT NIGHTINGALE】

日産GT-R50 byイタルデザインを銀座で見てきました!50台限定のGT-Rとitaldesign50周年記念コラボモデル



にほんブログ村


スーパーGT300クラス参戦のaprプリウス GT2019仕様

aprプリウスGT_GT300_01
スーパーGT300クラス参戦のaprプリウスGTの2019仕様です。
東京オートサロン2019のRAYSブースで2019年の体制発表が行われました。

去年までのZVW51型プリウスからプリウスPHV GR SPORTへマシンが変更され見た目がだいぶ変わりました。

もちろんホイールはレイズです。

続きを読む

ダイハツ P-5をDAIHATSU技術研究会がレストア

ダイハツP-5_01
ダイハツP-5です。
1968年の日本グランプリでGP1クラス優勝のレーシングカーです。
古い車もちゃんとメーカーに残っているのだなぁと感心。

それにしてもピカピカの新車のような輝き。
さすがにレストアしたマシンだろうとは思いましたが、これが社命ではなく、有志によるレストアだと聞いて驚きました。


さすがにカーサン世代より前のレーシングカーで馴染みがなかったダイハツP-5ではありましたが、やはりレーシングカーはカッコイイ。
そして、その心意気もカッコイイ。

続きを読む

レクサスLCのレース車両にモデリスタのディスプレイ・グリルを搭載したらどうなる?

レクサス・ディスプレイグリル・レース車両搭載
先日、東京オートサロン2019に展示されたモデリスタのレクサス・UX MODELLISTA Conceptのディスプレイ・グリルをご紹介しましたが、あれをレースカーに搭載したら面白いのではないかと思い、手持ちの画像で合成してその様子を作ってみました!

同じく東京オートサロンで展示されていた、今年のニュルブルクリンク24時間耐久レースに出場予定のレクサスLC 2019 NUR24hの画像を使って、再現。

カーサンの空想ですから実車ではありませんヨ。


続きを読む

トーヨータイヤブースに展示されたマクラーレンMP4-12Cはパイクスピーク・ヒルクライム参戦車両

McLaren_MP4_12C_マクラーレン・ヒルクライム_01
東京オートサロン2019のトーヨータイヤブースに展示されたマクラーレンMP4-12C.。
GT3規格で開発されたといいます。
これがただのマクラーレンMP4-12Cではないのです。

アメリカのコロラド州パイクスピークで開かれるパイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライムに参戦するために開発されたマクラーレンMP4-12Cなのです。


続きを読む

↑このページのトップヘ