車×3(轟Car3)

車好きの轟カーさんが車に関するコトをブログになんとなく綴ったり綴らなかったりします。

童友社

童友社(RMZCity) 走る★ダイキャストカーDASH 日産R35GT-R

童友社DASH日産スカイラインR35GT-R_01

前回のコルベットC6.Rに続きまして童友社…というかRMZCityの日産R35GT-Rです。
出先の遠くのお店で購入したので、2箱調達していました。
で、2箱目のブラインドボックスはパールホワイトの日産R35GT-Rでした。
調達した2箱とも当たり目でしたが、童友社製のミニカーではなく、OEM供給のRMZCityだったよ。というのが前回のオチ。

今回は以前ご紹介のRMZCityの正規ライセンスダイキャストミニカーで釣られてガチャったRMZCityの黄色いハコのほうの日産R35GT-Rと比較もしてみようと思います。

全体的なフォルムとしては悪くないRMZCityの日産R35GT-R。
モノが青いハコのほうの上位モデルなのでヘッドライトのクリアパーツ、ホイールが細かい、ウィンドウがクリアパーツとなり、コックピット内部まで再現されている、左右振り分けの4本出しマフラーもモールドされて再現されている、プルバックで走るなど黄色いハコのRMZCityよりグレードアップが成されています。

というわけで、前回同様、今回も童友社のミンカーではなくRMZCityの青いハコのほうのミニカーとして細部を見ていきたいと思います。

それでは、RMZCityの日産R35GT-Rを詳しく見ていきましょう。





続きを読む

童友社の走る★ダイキャストカーDASHコルベットC6.R

童友社DASHコルベットC6R_01
童友社のブライドボックスミニカー、その名も走る★ダイキャストカーDASHを見つけたのでゲット。
パッケージにダイキャスト製とあったのでこれは?と思い購入です。

それで出てきましたのは、コルベットC6.Rでした。
プルバックで走行するプルバックミニカーでもダイキャスト製ということで重さのある立派なもの。

童友社といえばプラモデルの老舗で、プラモデルのイメージ。
お城などマイノリティーな題材を商品化していて面白いメーカーです。
最近ではタモリ倶楽部の城プラモ特集でも紹介されて脚光を浴びましたね。

そんな童友社ですからプルバック機能付きでもこだわりがありそうで期待しちゃいます。


…でしたが…


ダイキャストの金型が雑で童友社の思いが通じていない感じ。
形は悪くないと思うのですが、まっすぐなラインがヨレヨレだったりホコリがボディーカラーで塗りこめられていたり。
なんだかRMZCityのを髣髴とさせるなぁと思って裏をみたらRMZCityの名が!
RMZCity製ジャン!

RMZCityの3インチのいいほうのミニカー(ドンキで売っているガラスがスモークではないほう)まんまでした!
RMZCityのHPをみると形状は全く同じ。フルバック機構も付いているとあります。


入っていたのはRMZCityのミニカーそのまま

騙された…いや騙されたといっていいのか分かりませんOEM供給といえばそうなのだろうと思いますが…。
童友社なら良い物なのでは?との期待は裏切られた格好です。

思えばRMZCityにはガチャでもハメられ、その勢力範囲には驚かされます。
RMZCityが悪いのではありません。
出来を見て、これは良さそうというものは購入していますからね。

でも童友社の名前でRMZCityのミニカーそのままを入れてあるのは…。
どうなの?




ま、買ってしまったものは仕方ない。
手に入りにくいRMZCityの青いハコのミニカーが手に入ったと思えばいいか。

童友社の走る★ダイキャストカーDASHのコルベットC6.R…もとい、RMZCityのコルベットC6.Rを詳しく見てみましょう。


続きを読む

↑このページのトップヘ