車×3(轟Car3)

車好きの轟カーさんが車に関するコトをブログになんとなく綴ったり綴らなかったりします。

東京オートサロン

RE雨宮 SUPER GReddy7 RE20B

RE雨宮SUPER_GReddy7_RE20B_03
2006年の東京オートサロンに登場したのは、RE雨宮のRX-7(FD3S)ベースの雨宮スーパーグレッディ7です。
この年の'コンセプトカー部門 最優秀賞 、'カスタムカー部門 グランプリを受賞した意欲作です。
湾岸300km/h仕様として開発された湾岸マシン。

マツダ・コスモの3ローター20Bをサイドポート加工、そこにTD08-34Dタービンで過給し、650馬力を発生します。
ビッグシングルのタービンでも3ローター化によって低速トルクの不足が補えるといいます。

画像でも分かるとおり、トラスト製インタークーラー(ワンオフ)とラジエーターをVマウントした冷却システムはFDの定番。
水平マウントされたインタークーラーにフロントバンパースポイラー奥に斜めにマウントされたラジエーターがソレです。

ウェストゲートバルブもトラスト製で、独特の音を響かせていたはずです。

続きを読む

チャージ・マツダ767B

チャージ・マツダ767Bルマン出場車【オートサロン展示】202号車_01
チャージ・マツダ767Bです。レプリカではなく本物のマツダ767Bです。
アパレルメーカーのレナウンのブランド、チャージのスポンサードで、オレンジ/グリーンのカラーリング。
この後継機のマツダ787Bがロータリーエンジンの出場が最後となるルマンで初優勝を果たしたのはご存知の通り。
当時はけっこう、レースシーンにアパレルメーカーがスポンサードしていて、ワコールやレイトンハウスなど華やかなレースシーンを彩っていましたね。

続きを読む

チャージ・マツダ767B ルマン参戦車両 東京オートサロン2018 Moty'sブース展示

チャージ・マツダ767Bルマン出場車【東京オートサロン展示】_01
チャージ・マツダ767Bです。
今年の東京オートサロン2018のMoty'sブースの展示車両です。

マツダ767Bといえば、マツダ787Bのルマン優勝へと繋がる貴重なマシンです。
レプリカも多い中、こちらは3台あった本物のうちの1台。

マツダの保存車両ではなく、個人所有のマツダ767Bということで、恐らく2015年にグッドウッド・フェスティバルオブスピードでクラッシュしてしまった車両と思われます。

続きを読む

TOMEI×HIROTA 東名サニー(B110型)

TOMEI×HIROTA東名サニー_01
50周年を迎えた東名パワードのブースに展示されたTOMEI×HIROTA東名サニー。
日産B110型サニーをベースにTS仕様にしたレーシングカーです。
TSとはツーリング・スペシャルの略で、市販車ベースのレースレギュレーションにあわせたマシンです。

東名パワードの30周年記念で復刻されたB110サニーで、車両製作は自動車工房ヒロタ。エンジンメンテナンスは東名パワードが行い、今でもJCCA(ジャパン・クラシック・カー・アソシエイション)主催のFレースに参戦していたそうです。
つまり現役のレーシングカーということになります。

続きを読む

FERRARI 458 ITALIA × POTENZA S001

フェラーリ&ポテンザFERRARI458ITALIAXPOTENZA_S001_01
ブリヂストンのブースに展示されたROWENチューンのフェラーリ458イタリア。
ブリヂストンはポテンザを中心とした展示で、このROWENチューンのフェラーリ458イタリアにもポテンザS001が装着されています。

フェラーリといえば、赤!となるところをホワイトのフェラーリ458イタリアを持ち込むあたり、なかなか通なイメージです。
しかもノーマルではなくROWENの手によるカスタムが行われ、イメージを一新しています。

ROWENはエアロやエキゾーストパーツの開発をしているメーカーで、このフェラーリ458イタリアにも、ROWENのパーツが採用されています。

ROWEN フェラーリ458イタリア装着パーツ

  • フロントスポイラー
  • フロントカナード
  • フェンダーダクトカバー
  • サイドステップ
  • リアディフューザー
  • リアサイドスパッツ
  • トランクスポイラー
  • プレミアムエキゾースト

  • 以上のパーツが装着されています。


    ROWENチューン・フェラーリ458イタリア リアビュー

    フェラーリ&ポテンザFERRARI458ITALIAXPOTENZA_S001_02
    注目はディフューザーのフィン。
    ホワイトのディフューザーフィンがカッコイイ。
    ウェットカーボン製で形状も凝った造り。

    トランクスポイラーはランボルギーニっぽいデザインで角ばったデザイン。
    ベタ付けのスポイラーというのがフェラーリに似合っています。

    センター3本出しマフラーはチタン製でブルーの焼け色がキレイです。


    Prodrive GC-05N × BRIDISTONE POTENZA S001

    フェラーリ&ポテンザFERRARI458ITALIAXPOTENZA_S001_03
    ブリヂストンブースですからね、タイヤはブリヂストンのポテンザS001。
    フロント:245/35R20 リア:295/35ZR20のサイズを履かせています。

    20インチというだけでもかなり大きいホイールが必要ですが、ブリヂストンのホイールラインナップからプロドライブのGC-05Nが採用され、リムいっぱいまで伸びた5本のスポークが20インチ以上の大きさに見えます。

    カタログでは、プロドライブのGC-05Nは1ピース構造とありますが、このフェラーリ458イタリアに装着されているホイールはリムが鏡面仕上げになっていて2ピースっぽく見えます。

    吊るしではなく受注生産品ということで、大量に売れるホイールとは違う特殊なサイズのホイール。
    もしかしたら2ピース構造のバージョンも発売されていたのかもしれません。







    <PR>





    ▼関連記事はコチラ














    にほんブログ村





    ↑このページのトップヘ