車×3(轟Car3)

車好きの轟カーさんが車に関するコトをブログになんとなく綴ったり綴らなかったりします。

東京オートサロン

トップフューエル・ホンダS660 タイプRRⅡが180馬力達成!

TOPFUEL_ホンダS660_タイプRRⅡ零1000_01
なんとホンダS660が180馬力!
ノーマル64馬力のホンダS660が180馬力とはオドロキです。

実にノーマルS660の3倍近い馬力。
あんまり驚いたのでブースのスタッフの方にお聞きしたところ、本当とのこと。

東京オートサロン2017で展示されたときの記事「」ではハイフローターボンで135馬力を達成していましたが、モアパワーを求めた結果、ブレードを大きくしたオリジナルタービンの採用となったそうです。


続きを読む

乱人&SANO design 86 Future Sports ZN6 SD-2

乱人&SANO_86_Future_Sports_ZN6_01
ご覧ください!このフロントフェイス!
トヨタ86ベースの全日本ジムカーナ選手権に参戦する予定のエアロテック・ジャパンのトヨタ86です。
乱人(RANDO)ブランドを展開するエアロテックジャパンとSANO Designのコラボレーションによる86は、まるでトヨタ86が1枚皮を被ったようなデザイン。

ヘッドライトやテールエンドはトヨタ86でそこにカパっとボディーが被さっているように見えます。

SANO DESIGNの佐野雅幸氏は、光岡自動車の出身でオロチのFRPボディワークなども担当された経歴の持ち主。
そのボディワークのノウハウが生かされたインパクトのあるデザインですね。

しかも、見た目だけのドレスアップカスタムではなく、全日本ジムカーナ選手権に出場予定のレーシングカーだというから更に驚きます。

続きを読む

ラフ・ヴェルト【RAUH-Welt BEGRIFF RWB993 Heavenly】

RAUH_WELT_BEGRIFF_RWB993_Heavenly_01
RAUH-WELT BEGRIFF(ラフ・ヴェルト・ベグリッフ)のポルシェ993です。
以前記事にしました「ラウヴェルト・ベグリフ(RWB)のポルシェ…その名もStella 2 【 Rauh-Welt Begriff -RWB- PORSCHE Carrera 2 】」では「ラウヴェルト」としてご紹介でしたが、RWBのHP表記に従い、今回は「ラフヴェルト」表記としました。

今回の東京オートサロン2019ではRAUH-Welt BEGRIFF(ラフ・ヴェルト・ベグリッフ)としてのブースではなく、DPLS ( Deep lifestyle supply co)のブースでの展示となったRAUH-Welt BEGRIFF(ラフ・ヴェルト・ベグリッフ)のポルシェ993。
CarGuy F40と並んでの展示となっていました。


続きを読む

パンデムRX-7【TRA KYOTO PANDEM RX-7】

PANDEM_RX-7_パンデムTRA京都_01
TRA京都のパンデムRX-7です。
蛍光ライムグリーンが目立つFC3Sはお馴染みビス留めワイドフェンダーで迫力満点。
しかもパンデムブランドですのでワークスタイプではなくFC3Sには定番ともいえるブリスターフェンダーでFC3Stのマッチングはバッチリ。

そこまでなら、今までのパンデムらしいで終ってしまいますが、フロントノーズに4連フォグランプをインストールしてラリーカーのようなイメージを追加しています。

続きを読む

東京オートサロン2019に展示されたマツダ3こと次期アクセラ

マツダ3デミオ東京オートサロン_01
東京オートサロン2019で見ておこうと思った車両の1台が、このマツダ3こと次期アクセラ。
市販型となってやや違いが見られましたが、ほぼ東京モーターショーで展示されたマツダ・魁コンセプトのシルエットを受け継いでいるように見えます。

フロント部分はイメージを残しつつ現在市販中のマツダ車方向に寄せられ、アゴの出ていたフロントスポイラーは少しアゴが上がって実用的になりました。

続きを読む

↑このページのトップヘ