車×3(轟Car3)

車好きの轟カーさんが車に関するコトをブログになんとなく綴ったり綴らなかったりします。

コンセプト・カー

ホンダ アコード スポーツ スタディ

ホンダ純正パーツメーカーのホンダアクセスによる完成度の高いエアロが2004年の東京オートサロンで発表されていました。
ホンダ・アコード・スポーツ・スタディ_01
CL型のホンダ・アコードにホンダアクセスがデザインしたエアロパーツを装着したアコード・スポーツ・コンセプト。
2004年の東京オートサロンに出展され、メーカー純正メーカーがかなり攻めたデザインのエアロを発表したので驚いたものです。

無限がこのエアロを…というのであれば納得ですが、モデューロブランドを展開するとはいえ、カタログモデルのパーツメーカーのホンダアクセスがここまで攻めたのは当時としては画期的。

規制緩和が進んでいた時期でもあったためか、ここまで攻められたのかもしれません。

ホンダ・アコード・スポーツ・スタディ_02
特筆すべきはマフラー。
センター出しデュアルマフラーが装着されています。
排気系レイアウトまで変えてしまうというのは、当時としてはオドロキです。

オーバーフェンダーまで装着され専用18インチホイールで迫力満点。

MUSCLE T-TEC DESIGNという人間の筋肉をイメージしたというデザインコンセプトがアコードに注ぎ込まれています。

ちょっと惜しいのがトランクリップスポイラー。
画像からも、「ついてるの?」というくらい効果が薄そうなスポイラーがトランク上部に貼り付けてあります。

効果があったとしてもルーフカラの空気の流れの整流程度かと。
思い切ってスポイラーレスのほうがスッキリして良いように思います。

とはいえ、ホンダアクセスがここまで攻めたデザインを発表したことがスゴイ。
しかも市販化されてもおかしくない仕上がりに、販売されるのでは?とファンが期待しましたが、結局販売はされず…。

デザインスタディで終ってしまったようです。

因みに、この画像は東京オートサロンの展示ではなく、青山のホンダ本社ショールームに展示されたときのもの。
東京オートサロンでの展示より人が少なくじっくり見れるので、よく見に行っていました。


アコード スポーツ スタディ パーツ構成

エクステリア

  • フロントエアロバンパー(ビルトインブルーカーボン)
  • フロント/リアフェンダーフレア
  • サイドパネル
  • サイドスカート(ビルトインブルーカーボン)
  • リアエアロバンパー(ディフューザー部ビルトインブルーカーボン)
  • トランクリップスポイラー(ブルーカーボン)
  • ボンネットグリル(ブルーカーボン)
  • スペシャルマフラー(デュアルセンター出し)
  • ヘッドライト(オリジナルインナーガーニッシュ)
  • リアコンビライト(ブラックアウトインナーガーニッシュ)
  • 18インチアルミホイール
  • インテリア

  • フロントレカロシート(レザー×エクセーヌ)
  • リアシート(レザー×エクセーヌ)
  • インテリアパネル(アルミ×ブルーカーボン)
  • センターパネル(アルミ×ブルーカーボン)
  • レザーステアリングホイール(アルミ付)
  • ドアライニング(アルミ×ブルーカーボン)
  • メーターパネル(アルミリング付)






  • <PR>





    ▼関連記事はコチラ














    にほんブログ村





    マツダ VISION COUPE

    マツダ_VISION_COUPE_11
    東京モーターショー2017に展示されたマツダのVISION COUPEです。
    東京モーターショー2015で展示されたRX-VISONと似たイメージで、RX-VISIONの市販バージョン?と思いましたが、マツダによれば全くの別物。

    しかも、次期RX-7やRX-9といった次世代市販車へも繋がっていない、デザインスタディのコンセプトモデルとのこと。

    たしかにRX-VISIONにはネーミングに「RX」の文字がありますが、今回のマツダ VISON COUPEには「RX」が含まれておらず、次世代RXシリーズではないことが主張されていますね。

    ご覧のとおり、市販されてもおかしくない出来だと思いますが、市販されないとは残念です。

    続きを読む

    リバティーウォーク LB☆WORKS ランボルギーニ・ミウラ風コンセプトカー

    LB☆WORKS_ランボルギーニ・ミウラ_01
    LB☆WORKSのランボルギーニ・ミウラです。いや違います。
    フォードGT40レプリカをベースにランボウギーニ・ミウラ風に大改造。

    リバティウォークの新作はランボルギーニ・ミウラのレプリカ?
    いや、GT40のレプリカがベースだからレプリカのレプリカ…は本物?

    なんだか混乱してきますが、どうやらエントリーから察するに、ランボルギーニ・ミウラのレプリカでもなく、オリジナルのコンセプトカー、その名も「LB★WORKS」と考えてよさそうです。

    ベース車両がフォードGT40とは分からない劇的な変化を見せるボディーライン。
    そしてきっちりオーバーフェンダー。
    アルミで形作られたオーバーフェンダーはワークススタイル。
    そこへ引っ張りタイヤのアドバンにSSR Mk-Ⅲを履かせています。

    本物のランボルギーニ・ミウラよりより低く厚みが薄いので超シャコタンに見えます。
    シルエットはロータス・ヨーロッパっぽくもありますね。

    東京オートサロンの会場では、ランボルギーニ・ミウラだと思っていましたからね。
    すっかり騙されました。

    広いブースを構えるリバティウォークなので、やはり後からの撮影が出来ず、テールエンドがどうなっているのかは、分からず。

    撮影枚数も少なく前からばかりのショットですが、リバティウォークのオリジナルのコンセプトカー、
    LB★WORKSを見てみましょう。




    続きを読む

    トヨタ・GRスーパースポーツ コンセプト【TOYOTA GR SUPER SPORTS CONCEPT】

    TOYOTA_GR_SUPER_SPORTS_CONCEPT_01
    トヨタのガズーレーシングブースに展示されたGRスーパースポーツ コンセプト。
    このコンセプトカーもカーサンが見たかった1台。

    驚いたのがワンオフのショーモデルで終わりなのかと思ったら、市販前提のコンセプトモデルであるとのこと。

    ルマン挑戦で得られたノウハウをそのまま市販車に落とし込むということで、エンジンはTS050のものが、ほぼそのまま搭載されるようです。

    ボディ・デザインは変わるかもしれませんが、基本的なサイズ感は変わらず、このGRスーパースポーツ コンセプトの後方にテストカーが展示されていたのですが、そちらがシャシーバースになるようで、すでに走行テストを繰り返している模様です。

    いやいや、これはスゴイことですよ。
    トヨタが…正確にはガズーレーシングカンパニーとしてかもしれませんが、ほぼレーシングカーのマシンを市販する。

    一般的にはあんまりニュースになっていない気がしますが、大変なニュース。

    当然高額な車両になるでしょうが、安心のトヨタクオリティのレーシングスポーツカー(ハイパーカー)が買えるとあっては、街で見かける可能性は格段にアップするでしょうね。


    そんな市販されることが前提のロードカー、トヨタGRスーパースポーツ コンセプトを詳しく見てみましょう。


    続きを読む

    ディゼマジャパン ラーテル 【 DESIMA JAPAN RATEL 】

    RATELディゼマジャパンBMW_Z4_01
    ディゼマジャパンのラーテルです。
    カーサンの今年の東京オートサロンでの一番のお気に入り。

    コブラを髣髴とさせるグラマラスなボディワークからは創造できませんがベースはBMW Z4ロードスター。
    しかも、エントリーがコンセプトカー部門だったのでてっきりコンセプトカーだと思っていたら、なんと、コンプリートカー。

    つまり…市販モデルだったのです!

    オドロキ。

    でも、かなり最初のほうに出会ってしまったので慌てて撮影していてピンボケ。
    非常に残念ですが、正面はこの1枚しかピンがキてない状態です。
    どうもカーサンのデジカメは赤が苦手らしく、いつも赤い車を撮るときは気をつけていないとピンボケになっちゃいます。

    今回のディゼマジャパンのラーテルもその餌食。

    落ち着いて撮らないとダメだと分かっていてもこの体たらくです。

    それでは、ピンボケで申し訳ありませんが、ディゼマジャパンのラーテルを詳しく見てみましょう!

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ