車×3(轟Car3)

車好きの轟カーさんが車に関するコトをブログになんとなく綴ったり綴らなかったりします。

チューニングカー

D.A.D Mercedes-Benz SL Front view
DAD_Mercedes-Benz_SL_01

D.A.D Mercedes-Benz SL Rear view
DAD_Mercedes-Benz_SL_02

この間のLayzerのスワロフスキーランボ。それの元になったD.A.Dでもスワロフスキーでコーティングした元祖の車両を展示。

2009年東京オートサロンでインポートカー最優秀賞を受賞した車両そのもの。ホイールは変更されていますが、当時のままの状態で輝きを放っています。

で、こちらは受賞したゴールドのカラーリング。もう一台はシルバーで2台のSLを展示していました。
では、もう一台のシルバーもぐるっと見てみましょう。

続きを読む

AIMGAIN GT NISSAN R35 GT-R Front view

AIMGAIN_NISSAN_R35_GT-R_01

AIMGAIN GT NISSAN R35 GT-R Rear view

AIMGAIN_NISSAN_R35_GT-R_02

広島のエアロメーカー、エイムゲインのR35GT-Rです。
流行のリベット留めワイドフェンダーが前後に装着され、フロント5cm、リア8cmもワイド化。
デカイホイールを収めることが出来るようになり、フロント20×11.5J リア20×12.5Jのホイールが装着されています。
発表時ダックテールだったベタ付けスポイラーからVOLTEX製スワンネックタイプのGTウィングに変更されたリアビューが迫力。

そんなエイムゲインのR35GT-Rをぐるっと見てみましょう。

続きを読む

TRUST GReddy ND RoadSter Turbo  Front view

トラストGReddy NDロードスターターボ_01

TRUST GReddy ND RoadSter Turbo  Rear view

トラストGReddy NDロードスターターボ_02

トラストのND型ロードスター。優秀賞を受賞です。

パンデムのワイドフェンダーエアロを装着し、巨大なGTウィングを装着した迫力のロードスター。
パンデム・フルエアロで、フロントリップスポイラー、フロントオーバーフェンダー、リアオーバーフェンダー、リアアンダースポイラーにGTウィングですから迫力満点です。

さすがトラスト、見た目だけではなくエンジンもTD04Hをボルトオンしてパワーアップ。
概観にともなったパワーを手に入れています。
マフラーはトラストGReddyコンフォートスポーツオーバルマフラー。

SECTORのエレクトロペイントがAピラーと内装に施されていて通電時に光るギミックもあります。

そしてトラストの目玉、宙に浮いて見えるシリウス ビジョン メーターもご紹介です。

それではチューニングパーツメーカーのトラストのNDロードスターをぐるっと見てみましょう。

続きを読む

REVORIX CORVETTE Z06 RDR Front view
REVORIX_CORVETTE_Z06_RDR_01

REVORIX CORVETTE Z06 RDR Rear view
REVORIX_CORVETTE_Z06_RDR_02

2015年のルマン、GTEプロクラスで優勝したレーシングカー「シボレーコルベットC7.R」のイメージを盛り込んだ
レーシングカスタマイズモデル。
NASCARレーサーの古賀琢真さんのブランド、REVORIXのエアロを装着したシボレーコルベットZ06。

かなり、ルマンの「シボレーコルベットC7.R」を髣髴させる仕上がり。
フロント、285/30R19 リア、335/25R20のミシュランタイヤが迫力です。

風洞実験の結果生み出されたエアロは走るために生み出された本物。
アルミホイールも同様に風洞実験の結果生み出されたものでREVORIXオリジナル。
いかにも速そうですね。


ポイントはレーシングCFREリアディフューザー。
片側3枚、左右で合計6枚のフィンが特徴。
その部分を拡大した画像もご覧下さい。

続きを読む

S660 MUGEN RA Prototype Front view
MUGEN_S660_01

S660 MUGEN RA Prototype
MUGEN_S660_02

無限コンプリートカーのプロトタイプS660。
見た目は大人しめですが走りに特化した無限コンプリートですから相当なモノになっているはず。
・・・諸元を確認していないのでスペックまではわからず。

カーサン的には、市販エアロのS660のほうが好み。

その市販エアロを纏ったS660も見てみましょう!
続きを読む

↑このページのトップヘ