車×3(轟Car3)

車好きの轟カーさんが車に関するコトをブログになんとなく綴ったり綴らなかったりします。

今月のホリデーオートはスーパーカー大全

ホリデーオートスーパーカー大全
今月のホリデーオートの特集はスーパーカー。
スーパーカー大全として70ページもの特集ページが組まれています。

スーパーカー世代のカーサンにはグっとくる企画です。

  • スーパーカー最新事情
  • 第二期黄金時代の主役たち
  • 三大ブランド現行モデル案内
  • あなたの知らないスーパーカー
  • SCOOP!次世代コルベットの野望
  • スーパーカー裏事情
  • 古今東西スーパーカーテクニカルガイド
  • 日本のスーパーカー
  • 池沢早人師が語るスーパーカーの魅力

  • という見出しが並んでいます。

    巻頭から世界に一台の伝説のランボルギーニ・イオタSVRのレストア完了の記事。
    本物のイオタは1台しかなくしかも廃車となり現存していないのはよく知られていますが、ホリデーオートに掲載されたランボルギーニ・イオタはランボルギーニがミウラをベースに改造したレプリカ。
    その名も「イオタSVR」、それがランボルギーニ本社でレストアされて復活したという記事。
    伝説のスーパーカーの復活の記事はスクープですね。

    で、イオタ復活の記事へと繋がります。
    ランボルギーニ・アヴェンタドールSVJがニュルブルクリンクで市販車最速のニュース。
    タイムは6.44.97で記録更新。
    SVJのJはJota(イオタ)のJでイオタ復活という記事なのです。

    6億円を越えるブガッティ・ディーヴォ完売や、フォードGTのガルフカラー限定バージョンの話、フェラーリ・モンツァSP1/SP2の話題とスーパーカー推しの誌面です。

    付録の冊子は'70スーパーカー図鑑

    ホリデーオート'70スーパーカー図鑑

    最新のスーパーカー…最近ではハイパーカーと呼ばれたりしますが、ホリデーオートの付録は70'sスーパーカー図鑑。

    スーパーカー世代にはたまらない、掲載車両が並びます。

  • フェラーリ 365GT4 BB
  • フェラーリ 308 GTS
  • ディノ 248GT
  • ランボルギーニ ミウラ
  • ランボルギーニ カウンタック
  • ランボルギーニ ウラッコ
  • マセラティ ボーラ
  • マセラティ メラク
  • デ・トマソ パンテーラ
  • ランチア ストラトス
  • ルノー5ターボ2
  • ポルシェ 930ターボ
  • BMW M1
  • ロータス ヨーロッパ
  • ロータス エスプリ
  • 童夢 零/P2

  • というラインナップ。

    カーサンは特に童夢 零/P2に注目。
    童夢 零は良く知られていても、童夢 零/P2の存在は忘れている方が多いはず。

    カーサンは昔、サーキットで走る童夢 零/P2を見ていますので、強烈に印象に残っています。
    今となっては速い!と思うようなスピードではありませんでしたが、きっちり走行できる童夢 零/P2は感動したものです。
    走行する童夢 零/P2を見たときでも懐かしいと思った車ですからね。
    動態保存されていたというだけでも感動でしたね。

    じつは童夢 零/P2が掲載されているというだけでホリデーオートを買っちゃいました。
    今見ても、未来的で何にも似ていないデザイン。

    カッコイイです。

    本誌のほうにも「日本のスーパーカー列伝」として童夢 零/P2も掲載。
    MID4、ジオットキャスピタ、ヤマハOX99-11、マツダRX500など、プラモやミニカーになったマシンも掲載されていて眠っていた記憶が蘇ります。

    この章には日産GT-R 50 by Italdesignなど、最新モデルまで出ていて嬉しいです。


    スーパーカー世代なら必見の特集記事ですね。





    <PR>





    ▼関連記事はコチラ














    にほんブログ村






    ホットウィールのCR-Xがミッドシップを見たときからかなり読みたくなって、押入れを捜索しようしようと思っていたのですが、なかなか時間がなく…。

    しかし、別なものを探していたところその奥によろしくメカドックがひょっこり現れました。


    メカドック
    全12巻。

    ちゃんと揃ってました。

    よかった。


    メカドックを探していたわけでもなく、見つけられたのはなんだか拍子抜けですが、これで読める!と思うと嬉しいです。


    まだ1巻しか読んでいませんが、アレ?こんな絵だっけ?と、1巻ならではのキャラの絵が安定しない感じや、当時のマンガの雰囲気が微笑ましいです。


    今で言えば頭文字Dや湾岸ミッドナイト的な位置づけだと思いますが、どちらも走りに重きを置いている作品。
    メカドックはチューニングというメカ要素があったことで子供たちを虜にしました。

    カーサンも大分メカドックでエンジンの知識を得ていましたね。

    子供なのにCARBOYのボルトオンターボの本とか買ってましたよ。
    自分で出来ないのにハウツー本を買っていたのです。


    そんなメカドック。

    子供の時には気にしなかったありえないエピソードもいっぱい。

    オーバーホールのお客さんの車をボア&ストロークアップで排気量アップしてウェーバーキャブに交換、タイヤからホイール、ハンドルまで変えて100万円の請求。
    勝手にチューンして、はい100万円。
    悪徳業者じゃないですかメカドック。

    風見潤の思考では、
    オーバーホール→どうせオーバーホールするならボアアップ(&ストロークもアップ)→適切なキャブを装着→ハイパワーを受け止めるには高性能のタイヤが必要→ハイパワーになったのなら運転しやすいステアリング(ハンドル)が必要で100万円ということらしい。

    説明を聞けばなるほどですが、予算を考えていない。
    しかもヤっちゃってからってところがマンガですね。

    エンジンチューンしてアルミホイールに高性能タイヤに交換までして100万円なら安いのでは?
    でも、現在とは物価が違うからかもしれないですね。

    いっつあんはブレーキのエア抜きを忘れてお客さんが事故を起こしてますし、話だけ聞いたらヤバい店。

    今ならネットのクチコミで叩かれてますよ。


    1巻は細かいエピソードですが、マンガとして楽しめる内容です。
    松桐坊主のエピソードが多く、とはいえ少年誌ならではの悪過ぎないワルっぷり。
    スケ暴小町が警察官の娘って設定もすっかり忘れていました。

    そんな忘れていたエピソードもすぐ思い出し、そうそう、あったあったこの話。
    と、おっさんが童心に返ってしまいます。


    ▼今は楽天の電子書籍で手軽に読めちゃいますね。




    ▼はちまるヒーローのメカドック本も楽天で電子書籍版が買えます。







    <PR>





    ▼関連記事はコチラ















    にほんブログ村




    改モデルカーズ・チューニング、その六

    改モデルカーズチューニングその六
    ちょっと書店で見てみたら、なかなか面白い改造がされていて興味深い。
    またS13シルビアの、タミヤ、アオシマ、フジミ3社でのプロポーションの違いを比較している記事など、面白い!

    というわけで初めて買ってきました改モデルカーズ・チューニング。すでに「その六」となっていますね。
    プラモデルメインの雑誌ですが、掲載されている作品はどれも素晴らしい出来。

    続きを読む

    OPTION3月号「まるごと1冊、東京オートサロン2018」

    まるごと1冊東京オートサロン2018_01
    まるごと1冊東京オートサロンに展示されたチューニングカーをメインに紹介しているOPTION。

    行った人も、行けなかった人も、無理して行ったカーサンも楽しめる本書。

    前に記事にしましたが、カーサンは行った年も行けなかった年も、毎年東京オートサロンのオフィシャルブックを購入して見た車両や見られなかった車両をチェック。

    東京オートサロンの余韻を楽しんでいたのですが、去年は待てど暮らせど発売されず。
    どうも去年はオフィシャルブックの発売が無かった様子…。

    悲しい…。

    出ないならOPTION誌を購入しておいたのに。

    というわけで、今年はオフィシャルブックが出ないかもしれないことも考慮して、OPTION誌を購入しておくことに。

    これで最悪オフィシャルブックが発売されなくてもチューニングカーにおいては網羅されているはずです。


    表紙はHKSのコンセプトカー部門優秀賞のHKS TRB-03(86)をメインにカーサンお気に入りのTRB-04スイフト、そしてS660。
    メインの86より、スイフトに目が行ってしまったカーサン。
    かわいいのにマッチョ!なオーバーフェンダーにやられましたね。

    もちろん、本誌に掲載されてますヨ。

    別冊が付属していてその名も「スーパーチューンド・コレクション」
    全てのチューンドカーではないようですが・・・ゲーン!結構見落とした展示車両が!

    駆け足で見て回ったため、たくさんイイ車を見落としていたことが判明!

    無理して行ったため、駆け足で会場を見て回ったカーサン。
    それでなくともたくさんの車が展示されているので、見落としも多いのですが、今回はたくさん見落としていましたね。

    例年見ていたエイムゲイン・ブースのNSX、TAMON DESIGN RC-S2K、1JZスワップのJZX-8 (RX-8)、ロードスターSD-1、無限RC20GTシビックタイプRコンセプト、スターロードのS30Z、スバルVIZIVパフォーマンスSTIコンセプトなどなど。

    特にスバルのVIZIVパフォーマンスSTIコンセプトなどは、ブログ記事にもしていたのに、なぜ見てこない!
    ダメなカーサン。

    来年はしっかり無理しないで東京オートサロンに行くぞ!と心に誓うカーサンでした。









    ▼見逃したスターロードのS30Zの2016年の時の展示の様子はコチラ



    ▼見逃したエイムゲインのNSX、東京オートサロンでの展示、2017版はコチラ



    このときの東京オートサロンの記事はコチラ▼




    にほんブログ村



    ミニカー年鑑2018 【月刊モデル・カーズ責任編集】

    月間モデル・カーズ責任編集ミニカー年鑑2018
    ミニカーがたくさん網羅されているミニカー年鑑2018。
    ミニカーメーカー79社ってそんなにあったんですね。ミニカーメーカー。

    世界の最新ミニカー1600台オーバー。
    これはコレクションしきれませんね。

    単にミニカーを掲載しているだけでなく、メイクアップの生産工程や歴史を綴ったページや、「3インチミニカーの二大巨頭のフォードGTが揃い踏み!その製品化アプローチの違いを知る。」と題してトミカのフォードGTコンセセプトと、ホットウィールのフォードGTの比較記事があったり。

    フォードGTのトミカとホットウィールの比較は当ブログでもやりましたが、本書では部品をバラしてパーツ構成まで探っています。

    巻末には全国のミニカーショップガイドが掲載。編集部セレクトなのでカーサンの行っているショップは載っていませんでした。そういえばミニカー専門ってわけではなかった。

    メインは当然ブランド別に掲載されている最新のミニカー。
    かわいいのからかっこいいのまで。
    見慣れたトミカやホットウィール、ヒデスなんて知らないメーカーまで載っています。

    そんなミニカー年鑑2018に載っていたミニカーで欲しい!と思ったミニカーは…
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ