車×3(轟Car3)

車好きの轟カーさんが車に関するコトをブログになんとなく綴ったり綴らなかったりします。

グラチャン・コレクション

AOSHIMAグラチャン・コレクション 第10弾カリーナHT①

AOSHIMAグラチャン・コレクション第10弾カリーナHT①_01
AOSHIMAグラチャン・コレクション 第10弾からカリーナHTをゲット。

今回のAOSHIMAグラチャン・コレクション 第10弾の中では大人しい仕様のトヨタ・カリーナ(RA45型)。

チンスポ、イタッパネ、オバフェンで、深いリムのアルミ。

カラーは黄土色メタリック…いやブロンズです。
昔はこういったカラーがラインアップされていました。

2ドアのハードトップでスポーティなカリーナ。

カーサンの世代ではカリーナはおじさん車のイメージになっていまして、いつのまにか無くなってしまいましたね。

イメージ的には似ていたカムリは新型になりだいぶイメージアップ。
もう少し生き残っていればカリーナも…。


さて、それでは、AOSHIMAグラチャン・コレクション 第10弾カリーナHT①を詳しく見てみましょう。




続きを読む

AOSHIMAグラチャン・コレクション第10弾 330セドリック①

AOSHIMAグラチャン・コレクション第10弾330セドリック①_01
AOSHIMAグラチャン・コレクション第10弾の330セドリックです。
「お!S110か?」と思ってしまいましたが、違いました。惜しい。

シルエットフォーミュラを真似てフロントリップ(チンスポ)が極端に延長されていった時代のセドリック。
リアはベタッパネですが、リアフェンダーまで回り込むのはなんて呼ぶのか、世代が少し違うのでわかりません。


シルエットフォーミュラは子供の頃みてカッコイイ!と思っていた世代ですが、ここまでフロントリップが出っ張ってくるとちょっと、違うかな~と思ってしまいます。
バランスとしては、もう少し出っ張りが短いほうがカッコイイ。
それでもギリギリ、この330セドリックくらいであれば許容範囲。

当時は出っ歯なんて呼ばれていて、ここに竹槍のように上方に長く立ち上がるマフラー出口が加わると、シャコタン、タケヤリ、デッパの3拍子が揃うわけです。


このシャコタン、タケヤリ、デッパの仕様はホットウィールのファンタジーカーのマッドマンガとしても登場していて、海外でも知られた仕様です。


カーサンは走り屋の方向でしたので、デッパはともかく、性能的に意味の無いタケヤリは???でした。
もっとも、カーサンが走り屋の頃には世代が違っていましたので、族車と呼ばれる仕様の車も見かけなくなっていましたが。

出来は、さすがのアオシマ。よくできていますし、細かく作りこまれています。
撮影しながら見ているうちに、ギリギリだった許容範囲も広がり、カッコイイじゃん♪って思えるようになってきました。
アオシマの出来の良さ、恐るべし。

それでは、AOSHIMAグラチャン・コレクション第10弾の330セドリックの白を詳しく見てみましょう。


続きを読む

AOSHIMAグラチャン・コレクション第10弾コスモAP②

AOSHIMAグラチャン・コレクション第10弾コスモAP②_01
アオシマのグラチャン・コレクション第10弾でマツダ・コスモAPです。
先日、LBワークスのケンメリ2ドアをゲットして幸先いいスタート。

引き続きのトライでは、狙い目のS110のシルビアではなく、こちら、マツダ・コスモAPでした。
これは、これでカッコイイ。

正直カーサンは、この車をあまりよく知りません。

でも、後付感満載のオーバ^フェンダーとサイドステップ。
そしてチンスポイラーとダックテールのスポイラーが、グランチャン臭をかもし出しています。

カラーもシブい。
当時は、こういうシブいカラーの車がいっぱいありましたね。

そんな当時を匂わす、アオシマのグラチャン・コレクション第10弾のマツダ・コスモAPを詳しく見てみましょう。


続きを読む

アオシマ グラチャン・コレクション 第10弾 LBワークスケンメリ 2Dr

AOSHIMAグラチャン・コレクション第10弾LBワークスケンメリ2Dr_01
アオシマ文化教材社のグラチャン・コレクションの第10弾。
LBワークスのケンメリ2Drです。

定番のワークスフェンダーにツリ目のヘッドライト、フロントバンパーに剥き出しでセットされたオイルクーラー。
チンスポ、ダックテールにワンテールで決まり。

先日、更なるホットウィールをゲットしようとトイザらスへ向かったのですが、そこで見つけたアオシマのグラチャン・コレクション第10弾。
いつかは巡ってくるだろうと思っていましたが、巡ってまいりました!

なので、ホットウィールは諦めまして、こちらのグラチャン・コレクション第10弾をゲットしてまいりました。
なんと嬉しいことに、1発でLBワークスのケンメリをゲット!

やりました!それが、このLBワークスのケンメリの2ドアなのです。

では、コレで終了…ではありません!

今回のグラチャン・コレクション第10弾でのカーサンの狙い目はS110シルビアのシルエット・レプリカ。
出るかなぁ…難しそうですが、狙っていきます。

しかし、イキナリのLBワークスのケンメリをゲットして幸先のいいスタートです!

それでは、アオシマ文化教材社のグラチャン・コレクションの第10弾、LBワークスのケンメリ2Drを詳しく見てみましょう。



続きを読む

アオシマ・セリカLB①1973年式 前

アオシマ・セリカLB①1973年式_01


アオシマ・セリカLB①1973年式 後

アオシマ・セリカLB①1973年式_02

アオシマのグラチャン・コレクションBESTです。
2回目の挑戦でセリカリフトバックをゲット。
240ZGではありませんが、なかなかいいトコロをゲットできました!
引きの弱いカーさんにしては良くやった。
もっともBESTですから、どれがでても良いのですが。

それでは今見てもカッコイイ、トヨタ・セリカLBを詳しく見てみましょう!




続きを読む

↑このページのトップヘ