車×3(轟Car3)

車好きの轟カーさんが車に関するコトをブログになんとなく綴ったり綴らなかったりします。

ニスモ

匠が1基ずつ手作りしている日産R35GT-Rのエンジン

日産GT-Rニスモ_エンジン匠シオヤ・イズミ_01
日産R35 GT-R NISMO MY17です。
以前にもご紹介していますが、今回はエンジン。
R35 GT-Rのエンジンは1人の匠が最後まで1基のエンジンを手作りで作り上げるというのは知っていました。
この話はR35 GT-Rの話の時には必ずといっていいほど挙がる話題ですから皆さんもご存知なのではないでしょうか。

そんな匠が1基ずつ作り上げたR35 GT-Rのエンジンを日産銀座CROSSINGの展示車両で見ることが出来ていました。
なぜか、ご紹介していなかったので、今回ご紹介。
匠の「イズミ・シオヤ」の名の刻まれたエンジンをご覧ください。

続きを読む

CARトップTSUTAYA限定特装版はCARトップ50周年記念で日産GT-R NISMOのトミカ(非売品)

TSUTAYA限定特装版CARトップ50周年記念日産GT-R_NISMOトミカ_01
CARトップ 2018年7月号TSUTAYA限定特装版に同梱されていたCARトップ50周年記念 日産GT-R NISMO トミカ(非売品)です。
手に入れてから思いましたが、トミカのR35GT-R NISMOは持っていなかった。
非売品として手に入れられてよかったです。

続きを読む

日産IDxニスモ 360度view

TOMICA_NISSAN_IDx_NISMO_4_01
NISSAN IDx NISMOの話題は、トミカリミテッドヴィンテージNEOのご紹介で終了と思いきや。
ドアを開いた状態での360度ぐるっと撮影した画像がありました。

上の画像はドアを閉じた状態。

それでは両側ドアを開いた状態で360度ぐるっと撮影したNISSAN IDx NISMOをご覧頂きましょう!

続きを読む

ニッサンIDx ニスモ【NISSAN IDx NISMO】

NISSAN_IDx_NISMO_01

銀座NISSAN CROSSINGに展示されていたNISSAN IDx NISMOです。
2013年の東京モーターショーで発表したコンセプトカーで、過去のニッサン箱型レーシングカーのイメージを色濃く残したネオレトロスタイルがカッコイイ。
510ブルとかそういう時代のレーシングカーを彷彿とさせます。

ロングノースショートデッキのスポーツカー王道スタイルに逆スラントノーズを備えたフロントノーズとワークスフェンダーを新しく解釈したフェンダーデザインにネオレトロを感じずにいられません。

そのニッサンIDx NISMOを間近で、しかも好きなだけ時間をかけて見られるというニッサン・クロッシングでの展示。
ニッサンIDx NISMOが展示されていると知ったのは、展示期限もギリギリ。
慌てて銀座のニッサン・クロッシングを訪れました。

1階奥の展示スペースに鎮座していたニッサンIDx NISMO。

最高でした。

エンジンルーム以外は穴の開くほどじっくりと見て写真を撮って、存分にニッサンIDx NISMOを堪能してきましたよ。

当初、市販化も視野にあったというニッサンIDx NISMOだけにヘッドライトだけ変更すれば、今すぐにでも街を走っていてもおかしくない完成度。

というか21世紀の今、街中を走っていなければおかしいくらいのデザインです。

1.6リッターの直噴ターボエンジンということで、なかなか軽快な走りが期待できそう。

…でしたが、販売を断念したという情報が流れて、残念な気持ちになっていましたが、最新の情報では市販化を検討中ということで、まだまだ期待は持てそうなニッサンIDx NISMO。

ぜひぜひ市販化して欲しいマシンですね。

ニッサン。クロッシングのスタッフさんの話では、スタディモデルで走らないということでしたが、YouTubeでは走行している動画があるので、はてさて?

走行可能なニッサンIDx NISMOと、展示専用の走らないニッサンIDx NISMOの2種類あるのか?
謎です。

ちなみにボディサイドに大きく書かれた「80」という数字に意味があるのかを聞いてみたところ、「意味はありません。」とのこと。
デザイン的なもので、選ばれた数字で、何かを意味しているということは無いようです。
大概「23」が書かれることの多いニッサン車ですが、今回は考えすぎでした。

そうそう、ドアミラーはカメラになっていて車内のモニターに後方の様子が映し出される仕組みです。
ミラーを装備する必要が無いのでドアミラー本体は大分小さく出来ています。
いや、ドアではない。
フェンダーミラーですね。装着位置からすると。
その辺もネオレトロスタイルで新旧の技術とデザイン性を求めたニッサンIDx NISMOらしい装備ですね。


それでは日産CROSSINGに展示されたアイディーエックス ニスモを360度から見てみましょう。

続きを読む

↑このページのトップヘ