車×3(轟Car3)

車好きの轟カーさんが車に関するコトをブログになんとなく綴ったり綴らなかったりします。

フェラーリ

リバティーウォーク・フェラーリ308 東京オートサロン2019展示車両

リバティーウォーク・フェラーリ308_LB-WORKS_01
東京オートサロン2019でベイルアウトしたリバティーウォークのメイン展示、エイバティーウォーク・フェラーリ308です。
去年はフォードGT40のレプリカからミウラ・レプリカを生み出したリバティーウォーク。
レプリカ・ミウラをハの字シャコタン、ワイドフェンダーのリバティーウォークスタイルにした去年から、今年はホンモノのフェラーリをハの字シャコタン、ワイドフェンダーにというのがテーマ。

しかもリバティーウォークはホンモノのフェラーリ308GTBをハの字シャコタン、ワイドフェンダーにしただけではなく、ボロボロ…ボディもエンジンもバラバラのフェラーリ308GTBを買ってきて、レストアし、ここまで仕上げたのだといいます。

続きを読む

東京オートサロン2019のリバティーウォークブース

東京オートサロン2019_04
東京オートサロン2019、リバティーウォークのブースです。
メインブースにフェラーリ308、紅白2台のフェラーリ458GT、ガルフカラーのランボルギーニ・アヴェンタドール、そして日産R35 GT-Rが展示されていました!

お隣にはリバティーウォークとコラボしたスフィアライトのブースがあり、ソチラにはリバティーウォークとコラボしたスフィアライトの光岡オロチ(大蛇)が展示。

大きな展示スペースを占めていました。

続きを読む

トミカのフェラーリ488GTBの出来がいいので、実車の画像と比較

トミカ実車京商フェラーリ488GTB出来を比較_07
先日ご紹介の記事、「」でご紹介したフェラーリ488GTBとトミカを比べてみました。

トミカのフェラーリ488GTBの出来が良かったので、角度を大体合わせてトミカと実車を比較。
スケールで画角が違ってしまいますが、大体同じように撮れたかなと。

さらに以前手に入れた京商のフェラーリ488GTBとも比較。
並べてみると、また違いがわかって面白いですね。


続きを読む

トミカ・フェラーリ488GTB通常版

トミカ・フェラーリ488GTB_01
トミカのフェラーリ488GTBです。
大分低い車高、スーパーカーらしくていいですね。
フェラーリ488GTBのミニカーは以前に京商のコンビニミニカーコレクションで、やはり真っ赤なフェラーリレッドの488GTBをゲットしていました。
京商のフェラーリ488GTBはタイヤが大きめで車高が高く4WDみたいで少し残念でしたが、トミカのフェラーリ488GTBは車高も低くていい感じ。

続きを読む

フェラーリ488GTB

トミカで発売されたフェラーリ488GTB。
カーサンは残念ながら初回特別仕様は手に入れられませんでしたが、通常版のレッドのフェラーリ488GTBは手に入れました。
たしか、レッドのフェラーリ488GTBは今年の東京オートサロンで見ていた気がしたので画像データを漁ってみると、ありました!真っ赤なフェラーリ488GTBの画像。

ラガーコーポレーション・フェラーリ488GTB_01
ラガーコーポレーション・フェラーリ488GTB_02
ラガーコーポレーションのブースに展示されていたレッドのフェラーリ488GTBです。
東京オートサロン出展車両ですから、ノーマルではなくチューンド・フェラーリ。

カーボン製エアロパーツが奢られ、ホイールも大口径のものに入れ替わっています。
見えないところですがマフラーもノーマルから交換されています。

フェラーリ488GTBチューン

ラガーコーポレーション・フェラーリ488GTB_03
フロントのCapristo フロントスプリッターはカーボン製。

ラガーコーポレーション・フェラーリ488GTB_04
ノーマルのフェラーリ488GTBには付いていないリアウィング。
この展示車両のフェラーリ488GTBにはMANSORYのリアパフォーマンスウイングが装着されています。
これが外観上もっとも目立つエアロパーツです。

もちろんカーボン製で、フロントスプリッターとお揃いです。
サイドスカートもMANSORY製のものでカーボン素材です。
スカートエンドにフィンが付いているのが特徴ですね。

リアフェンダーのダクト部分のCapristo サイドパネルもカーボン製、この画像では見えませんが、リアデッキのエアダクトにCapristo サイドパネルが装着。こちらもカーボンです。

マフラーはKLINE INNOVATIONの可変バルブ付インコネルエキゾースト。
キャタライザーも交換されています。

車高はNOVITECダウンサスによるローダウンで、フロント約25mm、リア約45mmのローダウンです。
低い車高のフェラーリ488GTBを更に低くする。
カスタムに妥協はありません。ここまで低くしてもリアディフューザーのセンター部分で約90mm弱のクリアランスが確保されているらしいですヨ。

ホイールはフロント21インチ/リア22インチの1221wheels X9339 AP3L APEX  EXPOSED HARDWARE

ラガーコーポレーション・フェラーリ488GTB_05
ホイールは1221wheelsのX9339です。
軽量3ピース構造の1221wheels X9339 AP3L APEX  EXPOSED HARDWAREが履かされていました。
フロント:9.5J×21インチ/リア:12.0J×22インチの大口径ホイール。
ディスク面:Polished Gloss Gold/リム Polished Gloss Clearのカラー。

タイヤはコンチネンタルのコンチスポーツコンタクト6で、フロント255/30-21/リア335/25-22のサイズが履かされています。


ただでさえ、新車で3000万円もする高価なフェラーリ488GTBを新車状態からカスタムしていっちゃうとは!
オドロキですね。




<PR>






▼関連記事はコチラ















にほんブログ村




↑このページのトップヘ