車×3(轟Car3)

車好きの轟カーさんが車に関するコトをブログになんとなく綴ったり綴らなかったりします。

RX-7

トミカ・マツダRX-7 銀メッキバージョン

トミカ・マツダRX-7銀メッキバージョン_01
以前にご紹介したトミカのホンダ・NSX金メッキバージョンと同じときに見つけていたトミカ・マツダRX-7の銀メッキバージョン。
金メッキのNSX同様、非売品で、トミカ博かなにかのイベントでアレをナニしたらもらえるトミカだったと思われます。
大分前なので記憶が薄いんですよ。
もちろん子供のものですが、珍しいトミカだから丁寧に扱えと入っておきましたので、状態は良好。
メッキ特有の劣化が少なくトミアkのメッキ技術の高さが証明されています。
 
続きを読む

F-toys 日本名車倶楽部Vol.7 ロータリーエンジンの継承 RX-7 FD3S

日本名車倶楽部7_RX-7FD3S_ロータリーエンジンの継承_F-toys_01
F-toysの日本名車倶楽部Vol.7、「ロータリーエンジンの継承」が発売されたのは前回記事にしたとおり。
ゲットしましたのは、RX-7のFD3S。
オレンジのボディカラーが鮮やかなRX-7(FD3S)。
リアウィング形状から最終の後期型ですかね。
なかなか良く出来ています。

しかしF-toysの定番、ボンネットオープンギミックのせいでボンネットの段差が出来ています。
このパーツの合いが悪いのは全体がダイキャストではないプラ成形のためでしょう。しかも、
 
続きを読む

RE雨宮CRAZE7

RE雨宮CRAZE_7_FD3S_01
以前、東京オートサロンでのRE雨宮の展示の中にRE雨宮CRAZE7があったのに写真撮っていなかった…と悔しい思いをしたのですが、なんと!撮影していました。
さすがカーさん。ガルウィングのFDを見落とすわけがないと思ったんですよ。

RE雨宮CRAZE7って何ね?って言う方、は「」の記事をご覧ください。
続きを読む

RE雨宮 X-RESPONESE-7 FD3S

RE雨宮X-RESPONESE-7_FD3S_01
RE雨宮X-レスポンス7です。
ロータリーといえばRE雨宮。そしてRX-7チューンといえば名の挙がるチューニングショップです。

そのRE雨宮の東京オートサロン2018でのメイン展示が、この雨宮ブルーに塗られたFD型RX-7です。
FDも登場した1991年から大分経過していながらまだまだ現役。

デザイン的には未だ通用するとはいえ、さすがに最新技術と照らし合わせると古さは否めない。
そこでRE雨宮ではFD型RX-7に最新の技術、特に空力面を投入して蘇らせようと開発したのがこのRE雨宮X-レスポンス7です。

続きを読む

Hotwheels 24/SEVEN RX-7(FD3S)ベースのファンタジーチューン

Hotwheels_24SEVEN_FD3S_RX-7base_01
息子のミニカーケースから出てきましたホットウィールの24/SEVEN。
2006年ころのモデルですが、FD型RX-7じゃん。

ホットウィールオリジナルカーというには似すぎでしょ?
って思ったら…

RX-7(FD3S)をベースに改造されたマシンという設定らしいです。
「fantasy tuner car」と呼んでいますからMAZDA RX-7をホットウィールデザインでチューンナップされた架空のマシンということですね。

購入当時はそこまであまり気にしていませんで、RX-7に似せたオリジナルカーだなくらいに思っていました。
そんな設定があるとは。
面白いですね。

映画「Hot Wheels World Race」にも出ていたらしいです。
CGの映画なので実車ではありませんが。

それでは、古い車となりますが、ホットウィール24/SEVENを詳しく見てみましょう。

続きを読む

↑このページのトップヘ