車×3(轟Car3)

車好きの轟カーさんが車に関するコトをブログになんとなく綴ったり綴らなかったりします。

WRX

マジョレットミニカー スバルWRX STI 【 Majorette SUBARU WRX STI 】

マジョレットミニカースバルWRX_STI_01
マジョレットミニカーのスバルWRX STIです。
マジョレットからはすでにブルーのスバルWRX STIが発売されていましたが、カーサンは終ぞ手に入れることは出来なく…晴れてレッドのスバルWRX STIをゲットしました。

巡回中のスーパーで発見。
売れ残りをセールで処分している裏側にユーロ ホットカーズ セレクションがありまして、売れた車種が1台もない状態でこのスバルWRX STIを発見しました。
 
続きを読む

マッチボックス スバルWRX STIポリス仕様 【 MATCHBOX SUBARU WRX STI 】

マッチボックスミニカー_スバル・インプレッサWRX_STI_01
マッチボックスミニカーのスバルWRX STIです。
ご覧のとおりのポリス仕様。
トイザらスにマッチボックスミニカーが大量に入荷した際にゲットしました。
2017年の新金型のはずですが、出来はご覧のとおり。
続きを読む

WRX STI 全日本ラリー参戦車

WRX_STI_2016全日本ラリー参戦車_01
2016年 全日本ラリー選手権(JRC)に参戦した新井敏弘選手率いるチーム・アライ・モータースポーツのスバルWRX STI。

全日本ラリー選手権の最高峰クラス、JN6クラスに参戦した車両で、JN6クラスは2016年から4WD限定。
コ・ドライバーを田中直哉選手が務めて、優勝3回、ポイントランキグ3位になった車両です。

2リッター水平対抗4気筒エンジンは308馬力を発生。2016年参戦発表時の280馬力からスープアップされています。エンジンの改造は厳しく規制されているのでECUのチューンで達成されたのでしょうか?詳しくは公開されておらず不明。
クスコ製5速ドグミッション、オーリンズ製の足回り、ブレーキはエンドレス。
ヨコハマタイヤのA050は255/40 R18サイズ。ホイールはWORK製の18インチ。

チーム・アライ・モータースポーツのスバルWRX STI 全日本ラリー選手権参戦車を見てみましょう。
続きを読む

Hotwheels SUBARU WRX STI FAST&FURIOUS FURIOUS7

Hotwheels_SUBARU_WRX_STI_01
スバル・インプレッサWRX STIのホットウィールです。
ワイルドスピードとのコラボ商品で「FAST&FURIOUS FURIOUS7」のロゴがドーンと入ってます。
釈迦に説法ですが、ワイルドスピードは邦題ですので正式には「FAST&FURIOUS」
このWRXはワイルドスピード・スカイミッションで空から落下したブライアンの乗るWRXを再現したものですね。


昨日は土曜日ですので仕事終わりにブラリとトイザらスへ。
ホットウィールの発売日でゴールデンウィーク中ということもあり、
何の期待もしていなかったのですが、まだ僅かながらぶら下がっていましたよ。
ワイルドスピード。

よかった、よかった。

それが、こちらのスバルWRX STI 。
GRB型の5ドアです。

とにかくブルーメタリックがキレイで、どっしりとしたテールエンドもいい。
しかし…

ま、兎にも角にもホットウィールのスバルWRX STIを詳しく見てみましょう。


続きを読む

トミカ・スバル・インプレッサWRX STI 4ドア 【imprezaWRX STI】

TOMICA_SUBARU_imprezaWRX_STI_01

昨日はトミカのトイザらス限定FITの時の様に残業をなぎ倒すことが出来ず、トイザらスには寄れず。
本日は、オモチャをダンボールに入れたまま倉庫の中のように販売している「おもちゃ屋さんの倉庫」で販売していたトミカのスバル・インプレッサWRX STIをご紹介。

昨日のKUHL RACINGのインプレッサつながりです。

なんといっても廃盤とはいえお安くトミカが買えるのでスルーしていたミニカーを198円で買えるのは嬉しい。
前回のスパイカーも気になっていましたがスルーしていたミニカーでしたから丁度イイ。

というわけでまたまた、おもちゃ屋さんの倉庫でゲットしましたトミカのスバル・インプレッサWRX STI。
3代目のインプレッサのGR型。ハッチバックのイメージが強い3代目ですが、こちらは4ドアセダン。

これが中々に出来がいい。
しっかりエッジが立ったシャープなラインとヘッドライトがクリアパーツなのに驚きます。
金型技術の高さの分かるトミカのスバル・インプレッサWRX STI 4doorを詳しく見てみましょう。



続きを読む

↑このページのトップヘ