車好きの轟カーさんが車に関するコトをブログになんとなく綴ったり綴らなかったりします。

車×3(轟Car3)

ホットウィール ミニカー

アウディRS5クーペのホットウィールはファクトリー・フレッシュの新金型

投稿日:

ホットウィール ファクトリー・フレッシュ アウディRS5クーペ

Hotwheels Audi RS 5 Coupé

アウディRS5クーペのホットウィールです。
今月のホットウィールの新車、ファクトリーフレッシュのアウディRS5クーペ。

実車でミサノレッドパールエフェクトと思われるレッドはホットウィールではパールは入っておらず、ソリッドなレッドで塗られています。

最新のホットウィールらしく出来は良く、ややタイヤハウスが大きいかな?くらいのイメージです。

エッジのシャープさが甘いのが惜しいところ(特にフロントバンパー)ですが、全体的な印象は非常にいいです。

新金型らしく出来のイイ、 アウディRS5クーペのホットウィール

シルエットはほぼ完ぺき。
難点はやはりエッジにシャープさがないことですね。
トミカならもうちょいシャープに出来そう。

印刷されたヘッドライト、テールランプの絵がリアリティあります。
特にテールランプは消灯時の暗いレンズを良く再現しています。

アウディRS5クーペのホットウィールはオプション設定のカーボンルーフを再現

オプション設定のカーボンルーフが再現されたアウディRS5クーペのホットウィール。
成形時間の短いハイサイクルプレス成形 という成形方法で作られ、アルミと比較して40%の軽量化が図れるといいます。

ちなみに三菱ケミカル製で+50万円のオプション品です。

このカーボンルーフを含めフロントとリアの2面にタンポ印刷してベーシックカーの上限いっぱいの3面を印刷しています。

タイヤの大きいアウディRS5クーペのホットウィール

タイヤは規格品なので大きいです。
それに合わせるようにタイヤハウスが大きいですね。

サイドウィンドウは実車より小さく見えますが、チョップされたわけではなく、ウィンドウモールまでボディカラーが塗られているので小さく見えています。

モールドで見ればよく再現しています。

ヘッドライトとテールランプを印刷で再現したアウディRS5クーペのホットウィール

フロントバンパー開口部は印刷によってブラックアウトされています。
ここのエッジがシャープだとだいぶ印象がイイんですが…小さなミニカーには厳しい要求ですね。

ヘッドライトとテールランプはしっかり印刷で再現。
オクタゴン・シングルフレームグリルも印刷。しかし端のほうが少し欠けてしまっています。
この辺は個体差ですね。

オクタゴン・シングルフレームグリルに書かれたクアトロの文字も良く見えますね。

シンプルなシャシー裏ですがキャタライザーとマフラーにつながるエキゾーストパイプの一部がモールドされています。

キャタライザーはV型エンジンなので2つ。
マフラーまで各バンクからつながることなくエキゾーストパイプが伸びていると思われます。

印刷も細かく、出来のいい、アウディRS5クーペのホットウィール。
手に入れて損はない1台ですね。

▼関連記事はコチラ
ホットウィールの発売日にトイザらスに行ってみたら…実車モデルがたくさん買えた!新金型の新車やトイザらス限定も!

トヨタ・GRスーパースポーツ コンセプトは市販化前提のハイパーカー【TOYOTA GR SUPER SPORTS CONCEPT】東京オートサロン2018

ホットウィールのレギュラーカー、マクラーレンP1はテールランプも印刷で再現!【 Hotwheels McLAREN P1 】

ホットウィールの新車マクラーレン720Sはアゾレスを模したオレンジ 【Hotwheels McLAREN 720S】

マクラーレン・セナのホットウィールは新発売、セブンイレブン限定のヴィクトリー グレイ

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

-ホットウィール, ミニカー

Copyright© 車×3(轟Car3) , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.