車好きの轟カーさんが車に関するコトをブログになんとなく綴ったり綴らなかったりします。

車×3(轟Car3)

トヨタ ホットウィール ミニカー

トヨタAE86スプリンター・トレノのホットウィール白黒ファルケンカラー

投稿日:

トヨタAE86スプリンター・トレノのホットウィールです。
先に発売された、フォーミュラドリフトに出場していたタカ・アオノ選手のファルケンカラーと同様のライン・グラデーションのデザインのカラバリ。

AE86トレノは大分昔に持っていた気がしますが、こちらは、それとは違う新しい金型。比べてみたいところですが、すぐには見当たりませんでした。

見つかったら比較してみようと思います。

最初ホイールのリムがクロムだったので、一瞬ホットウィールではなくトミカ?と思ってしまいました。

形はなかなか良くって、すぐAE86だと分かりますね。
低い車高も手伝って、カーサンが良く知るAE86の姿です。

ベーシックカーなのでタンポ印刷はボディ両サイドと車両上部のボンネットとルーフの3面のみ。
とはいえ、細かなスポンサーロゴがたくさん貼られているので寂しい感じはありません。

リトラクタブル・ヘッドライトを開いた状態というのが夜間に活動する走り屋には見慣れたハチロクの姿。

仲間にもAE86乗りは結構いましたが、白黒パンダトレノはいませんでしたね~。黒、真っ白でしたか、よく行った峠にも少なかったと思います。強烈に記憶のあるのは赤、青、黄色のAE86のチーム。信号みたいでドリフトしてくると面白かったですね~。

ボディはノーマルながら、この車高はいかにもイジってる走り屋って感じ。

AE86は、意外とこのスタイルが多かったりしています。仲間は黒が純正エアロで、真っ白はリップのみだったかな?
あまりエアロバリバリじゃないイメージがAE86にはありますね。

ドリフトでぶっつけますからね。エアロに凝っても、すぐどっかに吹っ飛んでいってしまう…ですから、みんなタイラップで吊ってました。

みんな車にはガムテープやビニールテープ、タイラップは常備してましたね。
最低限帰れるように…。

カーサンは、その名残で、未だに車に工具一式とタイラップ、ガムテ、ビニテを積んでいます。活躍することはありませんが。

ヘッドライトもテールランプも印刷はありません。

ブラックで塗料厚塗りのため、細かいところがつぶれていますが、それでもAR86と分かります。

シャシー裏は、最近のホットウィールらしく中央がフラットで刻印されているパターンです。

注目はコックピット。
バケットシートに4点式シートベルトのモールドがあります。

そして助手席は取り外され、消火器…にしては大きいのでニトロボンベでしょう。それが2本も載せられています。

謎なのはリアウィンドウから見えるトランクスペース。
謎の四角いボードが見えます。
最初ウーファーかと思いましたが…。

角度を変えてみると、アウトドアで使うようなボックスのようにも見えます。
実車の後部座席とも形状が違いますので、ハテ?謎ですね。

ノーマル然としながらもシブい車高とニトロで走りをアピールしていたホットウィールのトヨタAE86スプリンター・トレノ。

イニシャルD人気でホットウィールのAE86の人気も衰えることなく、こうしてミニカーが発売されるのは嬉しい。

峠の走り屋時代を思い出すノスタルジーな1台です。

 


 

 

 

▼関連記事はコチラ
ヤマダ電機限定ホットウィールの関連記事

日産スカイラインR33GT-Rのホットウィールは後から手に入れたワイルドスピード

ファスト・チューナーズ(ホットウィール・ワイルドスピード・プレミアムシリーズ)の日産S15シルビア

ニッサン・スカイライン2000GT-Xのホットウィール・ワイルドスピード・プレミアシリーズ”ファスト・リワインド”

ニッサン・シルビア(CSP311)のホットウィール・ワイルドスピード・プレミアシリーズ”ファスト・リワインド”

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

-トヨタ, ホットウィール, ミニカー

Copyright© 車×3(轟Car3) , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.