車好きの轟カーさんが車に関するコトをブログになんとなく綴ったり綴らなかったりします。

車×3(轟Car3)

トヨタ マジョレット情報 ミニカー

マジョレット・プライムモデルのレーシングエディション2で発売されたトヨタ・セリカGT(TTEラリーカラー)

投稿日:

前回に引き続きマジョレット・プライムモデルのレーシングエディション2の話題。
5台発売された内のトヨタ・セリカGTをご紹介です。

TTE'(トヨタ・チーム・ヨーロッパ)の当時のワークスカラーを模したカラーリングがシブい。

更にフロントにはラリーカーらしい、ライトポットを装着、フロント・スポイラーまで追加されています。

元々の設計が、まるでラリーカーをリリースすることを前提にしてあったのかのようですね。

今回のマジョレット・プライムモデルのレーシングエディション2の中でカーサン的には一番だったトヨタ・セリカGT。

やはりライトポッドの効果は絶大ですね。
ステージによってドライビング、スポット、フォグと装備されるライト構成は変わりますが、上側2灯がスポット、下2灯がドライビングまたはフォグ…といった構成でしょうかね。

ホワイトボディにレッドの組み合わせのTTEワークスカラーはST185セリカの時代まで引き継がれます。
カーサンの時代ではST185というとカストロールカラーが強いイメージです。

縦長の古いTOYOTAのフォントがいいですね。
レッドのストライプの印刷はタイヤアーチに沿ってきれいに印刷されていて、なかなかの精度。
マジョレットもやりますね。

ライトポッドのライトカバーにもシビエのロゴの印刷があれば完璧。
自分でデカール貼っちゃうのもアリかも。
ボディサイドのストライプの印刷の精度がありながら、テールランプ&ガーニッシュの印刷はヒドい…。大分、雑です。

マジョレットなのにドア開閉ギミックが快適だったマジョレット・プライムモデルのレーシングエディション2のトヨタ・セリカGT。

軽くスムーズに開いたことに驚き。
コックピット内部はノーマルのセリカGTと同じでした。

というワケで見て参りました、マジョレット・プライムモデルのレーシングエディション2のトヨタ・セリカGT。

実車のカラーリングを模したのが効果的ですが、やはり、ライトポッドまで再現して差別化を図ったのはとても良かった!
これからもこういう設計をお願いします。

マジョレット・プライムモデルのレーシングエディション2のトヨタ・セリカGTも手に入れられてヨカッタ1台となりました。

 


アマゾンでは4台セットで高値!プレミアついてますね▼

 

 

 

▼関連記事はコチラ
マジョレット・ミニカー販売店拡大中?今なら新作も手に入りやすい?

マジョレットのプライムモデル・レーシングエディション2

マジョレット・プライムモデルのレーシングエディション2で発売されたNISSAN GT-R・ニスモGT3

トヨタ・セリカのマジョレット、日本車セレクションのブラック

当ブログのマジョレットミニカー関連記事

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

-トヨタ, マジョレット情報, ミニカー

Copyright© 車×3(轟Car3) , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.