車好きの轟カーさんが車に関するコトをブログになんとなく綴ったり綴らなかったりします。

車×3(轟Car3)

MINI GT ミニカー ランボルギーニ リバティーウォーク

1/64 LB★WORKS ランボルギーニ ウラカンGT FIGHTERS WORKSのMINI GT

投稿日:

LB-シルエットワークスGTのエアロを纏ったランボルギーニ・ウラカンGTのファイターカラーをMINI GTが1/64スケールで再現。

ラッピングではなく塗装とエアブラシで仕上げるコンセプトのLBファイターシリーズの車両で実在しています。

「Fighter」の名の通り、実車はマットグレーに戦闘機さながらのコーションマークを入れ、さらにウェザリングを施しています。

MINI GTではさすがにウェザリングは省略されますが、実車のコーションマークをほぼ忠実に再現しています。

MINI GTのラインナップの関係か、LB★WORKSとなっていますが、ご覧の通りのLB-シルエット・ワークスGTのエアロです。

ヴァーチカルフィンが戦闘機っぽくて、ファイターカラーがピッタリ似合います。

マットグレーのボディカラーもですが、何といっても戦闘機の機体に細かく入っているコーションマーク、いわゆる注意書きがファイターカラーの見所。

元々のウラカンも戦闘機のイメージの「ウラカンLP610-4アヴィオ」を出すほど戦闘機の似合う車両ですが、リバティーウォークのウラカンGTでは、さらに攻撃的になっていてアヴィオを上回る戦闘機らしさ。

注目はやはり、リアフェンダーに設置されたインテークダクト手前に貼られた「AIR INTAKE」と書かれたコーションマーク。

戦闘機のタービンに人が吸い込まれないように注意喚起するためのコーションですが、それをリアダクトに見立てて配置されたのがイイ。

出来は流石のMINI GTですが、右ヘッドライトのハウジングの中に塗りムラがあります。これは個体差で、1/64スケールのヘッドライトのハウジングですから仕方ないかな…と。

今回のLB★WORKS Lamborghini Huracán GT FIGHTERS WORKSは少しお値段高めですが、

ご覧の通り、1/64のサイズで、ヴァーチカルフィンのトップへの小さなコーションの印刷や、エンジン後方のカバーの「V10」と書かれたプレートの塗りまで行われる細かさには、ちょっとお値段が高くなっても許せてしまいます。

手に入れておきたい一台でしたので、ゲットできて嬉しいです。

 


 

 

 

▼関連記事はコチラ
当ブログのMINI GTの記事

日産スカイラインR33GT-Rのホットウィールは後から手に入れたワイルドスピード

ファスト・チューナーズ(ホットウィール・ワイルドスピード・プレミアムシリーズ)の日産S15シルビア

ニッサン・スカイライン2000GT-Xのホットウィール・ワイルドスピード・プレミアシリーズ”ファスト・リワインド”

ニッサン・シルビア(CSP311)のホットウィール・ワイルドスピード・プレミアシリーズ”ファスト・リワインド”

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

-MINI GT, ミニカー, ランボルギーニ, リバティーウォーク

Copyright© 車×3(轟Car3) , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.