車好きの轟カーさんが車に関するコトをブログになんとなく綴ったり綴らなかったりします。

車×3(轟Car3)


スーパーカー ホットウィール ミニカー

'94ブガッティEB110SSのホットウィール

投稿日:

先日のホットウィール発売日に手に入れました、'94ブガッティEB110SS。

ブガッティ創始者のエットーレ・ブガッティ生誕110周年を記念したモデルです。

フレンチレーシングブルーも鮮やかで、ブガッティといえば、コレ!というカラーリングですね。

V型12気筒3.5リッターの3気筒に1つずつタービンが付くクアッドターボはIHI製。
GTを上回る611馬力を発生するスーパーカーです。

リアルタイム世代のカーサンですが、機械式フルタイム4WDというのは忘れていました。

新金型のホットウィールの新車で、こういっては何ですが古いホットウィールっぽく感じてしまいます。

車が古いからだ!とも思いますが、ウイングかなぁ…最近のホットウィールはウィングが一体成型でも良くできていたので、ソコかもしれません。

リアアンダーはシャシー側が回り込む形で設計されマフラーなどのモールドも良く再現されています。

サイドウィンドウ後方のチーズグレーター(チーズおろし器)をモチーフにしたというインテークは、ボディカラーがソリッドカラーのため、潰れ気味。

フロントウィンドウ越しに、

コックピットが見えます。ダッシュビードに並んでいる3つの丸いものは3連メーターかと思いきや、エアコンのルーバーらしいです。

そしてリアウィンドウからは…

3.5リッター12気筒クアッドターボエンジンが見えます。

実車に比べると、ボディの厚みがあるホットウィールの'94ブガッティEB110SS。

特にフロント側はもっと薄くできそうですが…。
リアフェンダーも抑揚が強い感じで、もうチョイ、マイルドでもいいかなと。

ヘッドライトはクリアパーツで、内部のハウジングも何となく再現されています。ただ、ウィンカー部分までクリアパーツに入っているため、目つきが違って見えます。ウィンカー部分はオレンジで彩色してもらえば筆者に近くなったと思います。

やはりフロントノーズの厚みが、もう少し薄いといいですね。

あと、フロントノーズのブガッティのアイデンティティである、馬蹄形ダクトも上部にもう少し丸みが欲しいですね。

テールランプは印刷でバックフォグは省略されています。

シャシー裏はフラットボトム。パネルのリベットまで再現されています。

感覚的には、このEB110のブガッティはホットウィールになっていた気持ちでしたが、今回のコレが新車。

それくらいちょっと前の車で懐かしさがあります。

昔、ムーミンみたいと思っていましたが、今見ても、やはりムーミン顔。
優しい顔つきで600馬力オーバーとは…。

ブガッティEB110SS恐るべし。

 


 

 

 

▼関連記事はコチラ
当ブログのホットウィールの記事

MINI GTの1/64ブガッティ・ビジョングランツーリスモ

トミカのブガッティ・シロン・ピュアスポーツ初回特別仕様と通常仕様

セブンイレブン発売ホットウィールの'16ブガッティ・シロンはクリアパーツじゃん!”

'16ブガッティ・シロンのホットウィール”

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

-スーパーカー, ホットウィール, ミニカー

Copyright© 車×3(轟Car3) , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.