車好きの轟カーさんが車に関するコトをブログになんとなく綴ったり綴らなかったりします。

車×3(轟Car3)

WELLY(ウェリー) ミニカー

WELLY(ウェリー)のポルシェ911ターボは964型を再現したミニカー

投稿日:2019年7月4日 更新日:

WELLY PORSCHE 911 TURBO(964)


WELLY(ウェリー)の964型ポルシェ911ターボです。
先日ご紹介のWELLY(ウェリー)のスバルWRX STIとともにドンキで手に入れた1台。

最近ドンキにはWELLY(ウェリー)のミニカーが入荷してきているようで、このWELLY(ウェリー)のポルシェ911ターボ(964型)もそんな入荷タイミングで手に入れたもの。

先日ご紹介のスバルWRX STIは金型の出来がイマイチでしたが…このポルシェ911ターボ(964型)はどうでしょう?


空冷エンジンを搭載した964型ポルシェ911ターボ。
930時代からデザインは継承されザ・ポルシェって感じです。

さて出来の方ですが。全体的には形を捉えていてイイ感じです。

しかし、金型にシャープさはなく、セット売りされているノンライセンスのミニカーの臭いがしてしまいます。
やはりWELLY(ウェリー)は金型が課題。
今回のポルシェ911ターボ(964型)も同様でした。

でも形はよく捉えているので、同じWELLY(ウェリー)のスバルWRX STIよりは良くできています。

ポルシェは誰しもがポルシェ!って認識しますからね。
再現しやすいのかもしれません。

WELLY(ウェリー)のポルシェ911ターボ(964型)


ご覧の通り、全体的には形を捉えていて出来はわるくない、WELLY(ウェリー)のポルシェ911ターボ(964型)。


フロントウィンドウも立っていて、ポルシェらしい佇まいを見せてくれます。

ターボウィングはプラパーツで成形されたWELLY(ウェリー)のポルシェ911ターボ(964型)


WELLY(ウェリー)のポルシェ911ターボ(964型)のターボウィングはプラパーツによる成型で、後付。
プラ成型なのでダクト部分のフィンは細かくモールドされています。


サイドからの眺めは、少しサイドウィンドウが小さめに見えますが、ルーフの高さは丁度くらいでイイ感じです。

テールランプはクリアパーツ採用のWELLY(ウェリー)ポルシェ911ターボ(964型)


ヘッドライトはシルバーの塗りだけですが、テールランプはクリアパーツで再現されたWELLY(ウェリー)のポルシェ911ターボ(964型)。
ターボウィングのラバー部分も塗られてWELLY(ウェリ-)も頑張っていますね。


シャシー裏の特にRRのエンジンあたりのモールドは立体感ある彫りでイイですね。
WELLY(ウェリー)のプラパーツのモールドは良くできています。


ウィンドシールドの黒い接着部分も塗りで表現。
ワイパーも塗られているので見た目がイイ。

さて見て参りましたWELLY(ウェリー)のポルシェ911ターボ(964型)。
金型はやはりシャープさに欠けるものの、全体的には良くできています。

ホットウィールもポルシェの出来は毎回よかったりするので、ポルシェはメーカーを問わず出来がいい?のかもしれませんね。

<PR>

▼関連記事はコチラ


ミニカーWELLYウェリーのポルシェ964ターボとスバルWRX STIをドンキで。

ミニカーのWellyの読み方って?ウィリー?ウェーリー?ウェリー?読み方ナゾなメーカーのホンダNSXをトイザらスでゲット!

RWBポルシェ930のホットウィール【Rauh-Welt Begriff PORSCHE930 STELLA ARTOIS】

コミックトミカ・サーキットの狼のポルシェ930ターボ

新金型のホットウィール'95ポルシェ・カレラ


にほんブログ村

-WELLY(ウェリー), ミニカー

Copyright© 車×3(轟Car3) , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.