車好きの轟カーさんが車に関するコトをブログになんとなく綴ったり綴らなかったりします。

車×3(轟Car3)

チューニングカー ホンダ 東京オートサロン

amis radical S2000は片側+65mmのカスタムワイドフェンダー【東京オートサロン2020】

投稿日:

久しぶりの実車のご紹介です。
AMIS RADICAL S2000です。大阪のホンダS2000専門のショップ、カーガレージamisによるカスタムで、大幅に変わった外装が魅力的。

生産終了となっているホンダS2000ですが、見た目を変えることでS2000の新型?と見紛う変わりようです。

ラディカル・ワイドボディキットと名付けられたエアロはご覧の通り全体的にワイド。

特にリアセクションは全くイメージを変えてスーパーカー?と思わせるほど。

S2000のイメージを残すフロントもヘッドライトの奥まったデザインからお分かりの通り、バンパー先端で+70mm延長、フロントアンダースポイラーまで含めると+100mmの延長となります。

カーボンボンネットは熱対策されたエアアウトレットが設けられたリアルカーボン。こちらはオプション設定のパーツです。

フロントフェンダーもワイド化。フロントフェンダーが片側で+55mm、リアフェンダーが+65mmもワイド化されています。

ドアハンドル部分の造詣がエグいですね。
開閉を考えたデザインです。

このおかげでタイヤは275/35-18のZeknova RS606 R1 Hが収まります。
ホイールはBBSのRI-Aで、10.5Jの18インチが採用されています。

特徴的なリアはテールランプ以外、車種不明。古さを払拭するには十分なエアロデザインです。

マフラーはステンレス製アミスオリジナルです。

カーボン製リアディフューザーはオプション設定。

ワイドボディキット自体はFRP、セミカーボン、フルカーボンと、素材別に用意されています。

このカーボンリアウィングもオプション設定。
トランクのデッキ部分も段差はエアアウトレットが設けられている部分。

段差上側がトランクフードに追加されたエアロ部分です。

さすがに古さが出てきたS2000もアミスのワイドボディを纏えば最新車両と遜色ない…いやそれ以上のビジュアルを提供してくれます。

もちろん見た目だけではなく、エンジンにも手が入っていて、ブースの説明にはF20Cでありながら排気量2200cc 300馬力と記載がありました。

F22C換装ではなく、北米仕様のコンロッドを用いたストロークアップにより排気量を拡大したチューンと思われます。

その他、TODAレーシングの4連スロットルも込みこまれ速さも手に入れています。

足回りはアミスの2wayサスキットが組み込まれ、ブレーキはD2レーシングスポーツの8ポット&4ポット。

そうそう、ハードトップは無限製です。

 

カーサンも走り屋時代に古くなってきた愛車をフルエアロにしてリフレッシュしたことがありました。

傍目にリフレッシュとなったかは分かりませんが、オーナーは気分がイイ。
古さを感じてきたらフルエアロをお考えになるのも良いのでは?

 

 

 

▼関連記事はコチラ
当ブログのホットウィールの記事

日産スカイラインR33GT-Rのホットウィールは後から手に入れたワイルドスピード

ファスト・チューナーズ(ホットウィール・ワイルドスピード・プレミアムシリーズ)の日産S15シルビア

ニッサン・スカイライン2000GT-Xのホットウィール・ワイルドスピード・プレミアシリーズ”ファスト・リワインド”

ニッサン・シルビア(CSP311)のホットウィール・ワイルドスピード・プレミアシリーズ”ファスト・リワインド”

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

-チューニングカー, ホンダ, 東京オートサロン

Copyright© 車×3(轟Car3) , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.