車好きの轟カーさんが車に関するコトをブログになんとなく綴ったり綴らなかったりします。

車×3(轟Car3)

MINI GT トヨタ ミニカー

MINI GTのパンデム・トヨタGRスープラV1.0のアドバンカラー【Pandem Toyota GR Supra V1.0 ADVAN SEMA 2019】

投稿日:2021年4月28日 更新日:

TRA京都のパンデム・トヨタGRスープラV1.0です。
カーサンが手に入れたMINI GTのパンデム・トヨタGRスープラは「パンデムのトヨタGRスープラ【MINI GT】」に次いで2台目。今回はアドバンカラーです。

さらにADVANカラーのGRスープラは「HKS ADVAN GR SupraはMINI GTの新作アドバンGRスープラ」でHKSバージョンをご紹介していますので、ADVANカラーのGRスープラはこれで2台目となります。

Pandem Toyota GR Supra V1.0 ADVAN SEMA 2019と銘打たれている通り、2019年のSEMAショーの横浜タイヤブースに展示されたTRA京都のエアロブランド、パンデムのV1.0キットを纏ったトヨタGRスープラを1/64スケールのミニカーで再現しています。

フロントリップ、フロントフェンダー、リヤフェンダー、サイドスカート、リヤウイングの5点からなるパンデムV1.0キットを装着。

実車より車高が少し高いのが惜しいですが、再現度は高いですね。
今、気が付きましたが左フロント、右リアのタイヤがキチンとはまってませんね…どうりで走らせたらガタガタするわけです。

小さな1/64スケールミニカーにはよくあることですね。

ブラック/レッドのカラーリングはブラック部分の形状があまりよくわからない…という難点がありますが、やはりアドバンカラーは格別です。

たくさんのタンポ印刷でフルラップ状態ですので仕方がないと思いますが、シルバーのパンデムGRスープラの時にはあったリアウィンドウのデフロスタの熱線の再現は無くなっていました。

実際のSEMA2019に展示されたパンデムGRスープラにはトランクルームにロールケージが張り巡らされていたのですが、デフロスタの再現が無くなり、中にロールケージがないのが丸見えになってしまうのは少し残念。

ホイールがメッシュのモノを履いていますが、SEMA2019のバージョンではWORK製マイスターS1でした。
ホイール再現までは至らなかった…惜しいところです。

ADVANカラーにヘッドライトカバーがイエローの組み合わせは相性がイイ。
ポルシェからでしたかね?ADVANカラーにヘッドライトカバーがイエローってイメージが出来たのは?カーサンの薄ーい記憶ですから間違っていたらスミマセン。

テールエンドのリアフェンダーとベタ付けのリアスポイラーの取り付けビスがちゃんとモールドされているのがMINI GTのイイ所。

印刷よりモールドのほうが立体感が違います。

シャシー裏はシルバーのPANDEM GRスープラと同様です。

以前の記事で「MINI GTのGRスープラをHKSとパンデムで比較」でシルバーのパンデム・GRスープラとHKS・GRスープラで比較をしましたが、今度は同じADVANカラー同士でPANDEM vs HKSで比較してみたいと思っています。お楽しみに!

【追記】ADVANカラー同士でPANDEM vs HKSで比較した記事はコチラ▼
ADVANカラーのGRスープラ、パンデムとHKSの1/64MINI GTで比較!

 


 

 

 

▼関連記事はコチラ
ヤマダ電機限定ホットウィールの関連記事

日産スカイラインR33GT-Rのホットウィールは後から手に入れたワイルドスピード

ファスト・チューナーズ(ホットウィール・ワイルドスピード・プレミアムシリーズ)の日産S15シルビア

ニッサン・スカイライン2000GT-Xのホットウィール・ワイルドスピード・プレミアシリーズ”ファスト・リワインド”

ニッサン・シルビア(CSP311)のホットウィール・ワイルドスピード・プレミアシリーズ”ファスト・リワインド”

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

-MINI GT, トヨタ, ミニカー

Copyright© 車×3(轟Car3) , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.