車好きの轟カーさんが車に関するコトをブログになんとなく綴ったり綴らなかったりします。

車×3(轟Car3)

ガチャ チューニングカー ニッサン プラモデル ミニカー

ガチャでシルエイティ&ワンビアが手に入る?【1/72スケールのCカークラフト】

投稿日:

モノが多くなってきて、置き場に困るのでガチャは控えよう。と先日心に決めたのですが…。

舌の根も乾かぬ内にやっちゃいました…。Cカークラフトの1/72スケールのシルエイティ&ワンビアのガチャ。

シルエイティもですが、やはり珍しいワンビアのミニカーは欲しい!というワケでガチャっとな。

出たのはシルエイティ。これはもう1回…と思ったのですが中身を見て思い出しました。

このシリーズは組み立てなくてはいけないガチャ!でした。

前に「ガチャの1/72日産フェアレディZ(S30&Z32)は小さなプラモ。【Cカークラフト】」でも組み立てを断念していたカーサン。

組み立てられないので、もう1トライはいかずにやめておきました。
ですので手に入れたのはシルエイティのみとなりました。

出てきましたのはオレンジのシルエイティ。
出来はご覧の通り。とても良い。

ボンネットが取り外しできるため、SR20DETエンジンも簡単なモールドながら再現しています。

エンジンに向かう4本のパイプはインテークマニホールド。
エキゾーストは反対側で3本あるパイプは上からエアクリからタービンへ延びるパイプ。そしてタービンから出てきたパイプがインタークーラーへ、そしてインタークーラーからインテークへ向かうパイプですね。

純正インタークーラーは助手席側バンパーの内側にあるので、一旦、エンジンルーム隅の下に消えてインタークーラーに行ってから戻ってくる造り。

ですのでシルビアはNAのSR20DEを搭載するQ'sとJ's、ターボのSR20DETのK'sの違いは助手席側バンパーにダクトがあるかどうか?というところで判断できました。

上の画像の通り。運転手側にはダクトがありません。もっともバンパー交換されてしまうと分からなくなってしまいますが…。

大型のインタークーラーのパイピングを見慣れていると純正のパイピングは新鮮です。
ヘッドカバーは赤く塗られていますよ。

マフラーも着色。シャシー裏は浅いモールドながら全体的にモールドされてイイ感じです。

タイヤの受けはボールジョイントで車高調整&キャンバー調整可能です。

同梱のミニパンフです。
シルエイティとワンビア。カーサン的にはノッチバック240SXが、北米で売されていましたから240SXと呼んでいましたが右ハンドルならワンビアでしょうね。

 

ガチャは控えるつもりだったカーサン。
あっさり撤回してしまいダメオヤジですね。

そうそう、今回から画像盗用防止デザイン統一して試行していきます。
これで様子を見たいと思います。

 


 

 

 

▼関連記事はコチラ
当ブログのガチャの関連記事

日産スカイラインR33GT-Rのホットウィールは後から手に入れたワイルドスピード

ファスト・チューナーズ(ホットウィール・ワイルドスピード・プレミアムシリーズ)の日産S15シルビア

ニッサン・スカイライン2000GT-Xのホットウィール・ワイルドスピード・プレミアシリーズ”ファスト・リワインド”

ニッサン・シルビア(CSP311)のホットウィール・ワイルドスピード・プレミアシリーズ”ファスト・リワインド”

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

-ガチャ, チューニングカー, ニッサン, プラモデル, ミニカー

Copyright© 車×3(轟Car3) , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.