車好きの轟カーさんが車に関するコトをブログになんとなく綴ったり綴らなかったりします。

車×3(轟Car3)

MINI GT チューニングカー トヨタ ミニカー モータースポーツ

1/64のHKS GR スープラ D1 GP 2020 #77 H.Matsuyama FAT FIVE RACINGはMINI GTの日本限定

投稿日:

MINI GTの新作、HKS GR スープラ D1 GP 2020 #77 H.Matsuyama FAT FIVE RACINGです。

MINI GTのHKS GRスープラは「MINI GTのHKSトヨタGRスープラ2019 SEMA PresentationはHKS USA MKV wide body GR SUPRA street conceptがモデル」でご紹介していますが、こちらはGTウィングレスバージョン。

実はカーサン的には巨大なウィングがドーンとあるよりダックテールくらいのスポイラーのほうが好みらしい。

ですからHKS GRスープラも「HKS GR Supra AEROは全幅2mオーバーのA90スープラ市販エアロ装着!」くらいの塩梅がイイ感じ。

もちろんデカいウィングもイイのですが、どっち?と聞かれたらデカくないほうが好みらしい。

「らしい」というのは自分でも良く分かっていない…車種によるのかも。

GRスープラに関しては今回のこのダックテールタイプがイイ!

松山 北斗選手の2020年D1参戦車を再現

FAT FIVE RACINGのD1GP参戦車を再現した、今回のMINI GT HKS GRスープラ。

FAT FIVE RACINGといえば、斎藤太吾選手のショップですが、同じチーム名でD1GPに参戦しています。

で、今回再現されたのはチームメイトの松山 北斗選手の2020年D1参戦車である77号車。

TOYOカラーのブルーを纏ったHKS GRスープラです。

コスパの高いMINI GTにあって、今回は2000円に近い価格で、ややお高いイメージ。

もっとも今回は日本限定ということでブリスターパック入りの商品。
しかもD1GP車両なのでスポンサーロゴがリッチという事情も作用しての価格と思われます。

それだけに、再現度は高く、最終戦筑波の仕様がほぼ再現されています。

ピストン、コンロッド、クランクシャフトが交換され、ウェストゲート式のGCG・GTX4294Rタービンで加給して1000馬力/1176N・mを叩き出すFAT FIVE RACINGのGRスープラ。

昔は1000馬力?!と驚いたものですが、D1GPでは普通。すごいことです。

そんな実車を良く再現しているMINI GT。実車よりややタイヤが大きいのが難点と言えば難点。そのため少し車高も高く見えています。

ホイールはエンケイのRS-05RRでメッシュホイールを良く再現しています。

ミニカーで気が付いた事ですが、リアフェンダー上のリアカナードが、かなりシルエットに影響しているなぁと。

MINI GTでは厚みがあるので後付け感がりますが、実車では、かなりイメージが違うだろうと思われます。

シャシー裏を見たら、タイヤがキチンとハマっていないことに気が付きました。
これくらいは自分で直せますから問題なし。

そんなワケで見て参りました、GTウィングなしのHKS GRスープラ。
MINI GTからGTウィングレスが発売されるのを待っていたカーサンにとっては嬉しいミニカーです。

スポンサーデカールがリッチで逆に形状が良く分からないので、単色でイイ色のが出たら、また買いたいですね。

 


 

 

 

▼関連記事はコチラ
当ブログのMINI GTの記事

日産スカイラインR33GT-Rのホットウィールは後から手に入れたワイルドスピード

ファスト・チューナーズ(ホットウィール・ワイルドスピード・プレミアムシリーズ)の日産S15シルビア

ニッサン・スカイライン2000GT-Xのホットウィール・ワイルドスピード・プレミアシリーズ”ファスト・リワインド”

ニッサン・シルビア(CSP311)のホットウィール・ワイルドスピード・プレミアシリーズ”ファスト・リワインド”

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

-MINI GT, チューニングカー, トヨタ, ミニカー, モータースポーツ

Copyright© 車×3(轟Car3) , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.