車好きの轟カーさんが車に関するコトをブログになんとなく綴ったり綴らなかったりします。

車×3(轟Car3)

RWB(RAUH-Welt BEGRIFF) ターマックワークス(Tarmac works) ポルシェ ミニカー

1/64ターマックワークスのRWB993”Łomianki”はティファニーブルー【Lomianki Turquoise T64-017-LO】

投稿日:

ターマックワークスの1/64スケールミニカー「RWB993 ”Łomianki”」です。
ティファニーブルーが美しい。

カラーとしては商標の関係でターコイズまたはミントグリーンというべきですが、やはりティファニーブルーと表記したい…ということで今回はティファニーブルーで統一していきます。

これまでRWBポルシェの1/64ミニカーでティファニーブルーのものは発売されていましたが、価格がお高く手が出ませんでした…。

ようやくターマックワークスから、このRWB993 ”Łomianki”が発売となり発注した次第。

ご覧下さい!
本体はもちろん、パッケージからディスプレイベースまですべてティファニーブルー!

そこへコバルトブルーのロゴが入って、全てが美しい…。

冒頭の画像よりこちらの画像のほうが実物に近い色合いです。

RWB993はトラストカラーの「ターマックワークスが往年のトラストカラーTarmac Works 1/64 RWB 993 GReddy」ですでにご紹介済み。

トラストカラーも良かったですが、ティファニーブルーは手に入れておきたかった品でした。

ナンバープレートが再現されている事からも分かる通り、国内に実車が存在していまして、2017年頃の仕様でレースに参戦したときのカラーリングを再現しています。

ドアサイドの国旗のステッカーが右ドアに集中して貼られている特徴があります。

トラストカラーのRW993と同様、ビス留めワイドフェンダーのビスが印刷なのは残念なところ。
しかし、リアウィングのダクトの細かな塗分け、テールランプのクリアパーツの上からの彩色など手間がかかっています。

ホイールはワークのマイスターS1で細かいピアスボルトまで再現。
フロントバンパーとリアフェンダーのカナードもきちんと塗り分けられています。

牽引フックやダクトの塗り分け。
ヘッドライトのクリアパーツ奥のハウジングのシルバーやリアコンビランプ&ガーニッシュのクリアパーツの塗り分けなども1/64でよくやっています。

リアウィングの後端は雑さが見えますが、1/64スケールを考えれば仕方なし。

タイヤが何気にSタイヤなのに驚かされます。マフラーはタイコ以降がシルバーに塗られています。

コックピット内部も良く再現されていてシートベルトは金具まで塗り分け(もしかしたらエッチングパーツかもしれませんが)、注目はロールバーに巻かれた緩衝材まで再現しています。

ディスプレイベースにRWBの大きなロゴ。
ディスプレイベースもティファニーブルーなのはイイのですが、プラ成形色なのでちょっとチープに見えるのは残念。

しかしディスプレイベースからボックスまで全てティファニーブルーで統一されているのはすごく好印象で、この際チープさは置いておきます。

透けないようにディスプレイベースの裏からブラックなり暗いブルーなりを塗っておくのも手ですね。

せっかくなのでトラストカラーのRWB993と並べてみました。
奇しくもカーナンバーが「98」「99」と並びました。

ともにカラーリングで欲しかったミニカーですから手に入れられて嬉しい。
金型が同じでも、またカラーリングが良ければ買っちゃうと思います。


 

 

▼関連記事はコチラ
RWB porsche993(Rauh Welt Begriff)-rough rhythm-は往年ポルシェのマルティーニカラー

日産スカイラインR33GT-Rのホットウィールは後から手に入れたワイルドスピード

ファスト・チューナーズ(ホットウィール・ワイルドスピード・プレミアムシリーズ)の日産S15シルビア

ニッサン・スカイライン2000GT-Xのホットウィール・ワイルドスピード・プレミアシリーズ”ファスト・リワインド”

ニッサン・シルビア(CSP311)のホットウィール・ワイルドスピード・プレミアシリーズ”ファスト・リワインド”

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

-RWB(RAUH-Welt BEGRIFF), ターマックワークス(Tarmac works), ポルシェ, ミニカー

Copyright© 車×3(轟Car3) , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.