車好きの轟カーさんが車に関するコトをブログになんとなく綴ったり綴らなかったりします。

車×3(轟Car3)

トミカ ミニカー

サンダーバード・ペネロープ号FAB1トミカ・伝統の6輪ロールスロイス

投稿日:

サンダーバード・ペネロープ号FAB1トミカ_000
サンダーバード・ペネロープ号FAB1。お馴染みの6輪ロールスロイスですが・・・

サンダーバード・ペネロープ号FAB1トミカ_001
もちろん最新のサンダーバードTV版の6輪ロールスロイスのペネロープ号FAB1がトミカになったのです。

日本では知名度が低いですが、最新のサンダーバードは従来の実写とCGのハイブリッドとなって放送されているようです。

恐らく背景が模型(ジオラマ)による実写、あとはCGで作っているようにYoutubeの映像からは判断されます。

サンダーバード映画版でのペネロープ号はロールスロイスが大人の事情で使えなかったようで、フォード・サンダーバードが使われましたが、今回はロールスロイスが使えた模様。

元鞘におさまり、フロントにあのグリルが帰ってきました。

個人的にはフォードサンダーバードのペネロープ号が可愛かったので好きなのですが。

往年のファンは、こちらの顔がペネロープ号のイメージなのでしょう。

サンダーバード・ペネロープ号FAB1トミカ_002
テールエンドの造形が非常に秀逸な新ペネロープ号。

現行ロールスロイス・ファントムのイメージを取り入れつつキュッとすぼまった、いいテール形状をしています。

ワイドに広がったリアタイアのフェンダーから落とし込んだテールエンド形状は美しい。

キャビン形状が少しバランスを崩していますが、ソコはオリジナルのサンダバードのペネロープ号から続くキャビンを残したということで、丁度イイ落としどころかと。

サンダーバード・ペネロープ号FAB1トミカ_003
トップビューでフロントのワイド感と、リアのすぼまったボディーラインが明らかに。

フロントをもう少しすぼめるともっと好み。

サンダーバード・ペネロープ号FAB1トミカ_004
サイドビュー。

ここからの眺めが一番バランスが悪い。仕方のないところですが、しわ寄せはサイドで吸収しているのですね。

フロントの存在感を優先した結果なのでしょう。

サンダーバード・ペネロープ号FAB1トミカ_005
ああだこうだ、勝手なことを言いましたが、もともとのペネロープ号のデザインについての話。

ミニカーとしては素晴らしく良くできています。

小さいのにフロントの存在感がすごい。破錠寸前のバランスを旨く纏めています。

キャノピーが大きくプラ部分が多いですが、しっかりとした重さもあって手ごたえ十分。

一応コックピット内部も作られています。

あんまり期待していなかったのですが、予想以上の出来でありました。

ちょっと嬉しい。

▼Youtubeでこのペネロープ号が活躍中の動画がありましたのでご覧ください。

 
CG人物がややコワイ。CGですからね。しかたない。

この動画で見ると、ミニカーよりフロント周りの存在感が薄い?かも。

ミニカーのほうでデフォルメしているかもしれませんね。

縮尺を小さく作るときは図面どおりではなく、デフォルメが必要となるので、やや誇張気味にフロントを作成したかもしれませんね。

サンダーバード トミカ 07 ペネロープ号 サンダーバード トミカ 07 ペネロープ号

タカラトミー 2015-10-02
売り上げランキング : 5313

Amazonで詳しく見る by G-Tools

< br />



にほんブログ村

-トミカ, ミニカー

Copyright© 車×3(轟Car3) , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.