車好きの轟カーさんが車に関するコトをブログになんとなく綴ったり綴らなかったりします。

車×3(轟Car3)

ホンダ

HONDA S660【画像資料その1】Honda ウエルカムプラザ青山展示車両Sドリームに繋がる軽自動車

投稿日:

HONDA S660 前

HONDA_S660_01

HONDA S660 後

HONDA_S660_02

この間、ご紹介のホンダSドリームのエンジンがS660のものをチューンナップされたものということで、Sドリームの展示を見に行ったときにS660も写真を撮ってきました。

写真で見るより、実車は小さかったですね。
同じ軽のN-ONEと比べても小さい。
いかにも軽そうで速そう。

オープンカーはそんなに好きではないカーサンですが、Cピラー(Bピラー?)のあるS660は好きです。
さて、そんなホンダS660を詳しく見てみましょう。

HONDA S660 前

HONDA_S660_03
顔は最近のHONDA顔。エア・ダクト、ルーバーが多いのが特徴的です。

HONDA S660 後

HONDA_S660_04
エンジンフードがカッコイイですね。オプションでアクティブスポイラーも装着できるみたいですね。

HONDA S660 前

HONDA_S660_05
フロントバンパー開口部中央からはラジエーターに。フロントバンパー左右のダクトからはブレーキにエアが導かれるようです。入ったエアはフロントフェンダーのルーバーから排出。

HONDA S660 ヘッドライト

HONDA_S660_06
ヘッドライト内部。意外とぎっしり詰まってます。2つ並ぶLEDランプはロービーム。

HONDA S660 ヘッドライト

HONDA_S660_07
2つならぶLEDランプのさらに内側がハイビームで、こちらはハロゲン。
下の薄ーいライン上のものがポジションランプ。最近のハヤリですね。

HONDA S660 右前タイヤ&ホイール

HONDA_S660_08
渦巻き状デザインのホイール。驚いたのはタイヤ。アドバン・ネオバが装着されてます。

HONDA S660 左前タイヤ&ホイール

HONDA_S660_09
やはりHONDA。、タイヤハウスとタイヤとの開きの大きさは昔から普遍的。

HONDA S660 左後タイヤ&ホイール

HONDA_S660_10
リアはこんなに開いています。何で?ってディーラーで聞いたことがありますが、「チェーンを嵌めての走行まで考えております。」といわれました。ホント?せめてタイヤとタイヤハウスのスキマは均等にしましょうよって思います。

HONDA S660 コックピット

HONDA_S660_11
S660のコックピット。こちらは6速マニュアル。男2人だとちょっと狭い?

HONDA S660 ロールオーバーバー

HONDA_S660_12
ロールバーサイドからエアを取り入れてインタークーラーに導いているらしいです。

面白いのがブローオフバルブの音がするってところ。
オッサン世代にはターボ車の「プシャー!」とか「ピュルルル」って音は憧れ。

アホの子みたいにギヤチェンジのたびにクチで「プシャー」とか言ってましたね~。
また、そんな音がスピーカーから発せられるグッズも発売されていました。
どんな仕組みだったかは分かりませんが面白グッズですね。

ブローオフバルブっていうのはアクセルオフのときのタービン保護のために作動するバイパス。
混合気が大気開放される際に「プシャー!」とか音がします。

メーカーなので大気開放はないと思いますけど、純正でブローオフサウンドが楽しめるのはいいですね。

まだまだ細部を撮影しましたので画像資料その2へと続きます。

ホンダS660に関する他の記事


にほんブログ村

-ホンダ

Copyright© 車×3(轟Car3) , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.